無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

音楽(レビュー)

2017年3月24日 (金)

シフ ピアノ・リサイタル"The Last Sonatas"

20170323 サー・アンドラーシュ・シフ
ピアノ・リサイタル "The Last Sonatas"

2017年3月23日(木)19時開演 21時40分終演
東京オペラシティ コンサートホール

<プログラム> (休憩なし)
最後のソナタ

モーツアルト: ピアノ・ソナタ第18(17)版 二長調 K.576

シューベルト: ピアノ・ソナタ第21番 変ロ長調 D960

ハイドン: ピアノ・ソナタ 変ホ長調 Hob.ⅩⅥ:52

ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調 op.111

(アンコール)

J.S.バッハ: ゴルトベルク変奏曲 BWV988 より アリア

J.S.バッハ: パルティータ第1番 BWV825 より メヌエット

ブラームス: 3つの間奏曲 op.117-1

ハンガリー民族舞曲より

モーツアルト: ピアノ・ソナタ K.545 第1楽章

シューベルト: 即興曲 op.90-2

シューマン: 「楽しき農夫」op.68-10(子供のためのアルバムより)

***************

天上の音楽でした。

作曲家がシフ氏の身体を借りて、この世に戻ってきた?
なぜ、曲によってこんなに音色が変えられる?
ほんとにこれ、ピアノの音?

そういった、ぼんやりした「?」をポワンと頭に浮かばせつつ、
最上の音楽が漂う空間に身を置く幸せ。
今までに体験したことのない、異次元の空間でした。

・快活に談笑するようなモーツアルト。

・心の奥底に沈潜していくようなシューベルト。

・温かさに満ちたハイドン。

・絶望を乗り越え、光を見出すドラマのようなベートーヴェン。

これらすべてを、休憩なしで演奏し、
曲ごとに全く異なる空間を作り上げてしまうシフ氏は
ピアニストというよりも、音楽界の教祖様のようにさえ見えました。

そのうえ、アンコール演奏、7回。
2時間40分ノンストップで、まったく疲れも見せず微笑みを浮かべる
シフ氏の穏やかなたたずまい、
すべてが、異次元に思えました。

おそらく、後世まで語り継がれる演奏会になるのでは
と思います。

2017年3月21日 (火)

萩原家住宅&ミニコンサート

昨日、世田谷区の登録有形文化財の住宅見学に行ってきました。
一般公開されるのは初めてとのこと。

設計者の方のお孫さんから、建築学上の着目点などについて
興味深いご説明を受けながら、1時間弱にわたり
中庭、玄関、書斎、増築された2階部分、
居間、台所、子ども部屋、寝室、
そして、増築された音楽室を見学。

プレーリー様式……和訳すると草原様式?というのは、
広々とした空間に立つ建築で、横のラインを強調した様式とのこと。
今は住宅地となっている世田谷が、
1924年(大正13)当時には近くに家の少ない地域であった
ということがしのばれました。

また、洋と和の融合として、
ステンドグラスの代わりに、意匠を凝らした木枠にガラスをはめる工夫や、
低い天井と高い天井の使い分け(部屋ごと、一つの部屋のコーナーごと)、
白い漆喰の採用、天井の四隅の扱いの工夫などが用いられたことに
なるほど~と納得しました。

(見逃してしまいましたが、TV番組「百年名家」で放映されたそうで、
この番組サイトで、三部屋の360度ビューが見られます。)
今回はこの三連休の間限定の公開でしたが、
今後も公開の予定はあるようです。→Atelier HAGEWARA

見学会のラストを飾るのは、音楽室でのミニ・コンサート。
チャイコフスキー国際コンクールのテレビ番組や、
浜松国際ピアノコンクールのネット中継でお見掛けしたことのある
犬飼新之助さんのピアノと、
東京芸大の学生さんで現在ドイツ留学中という
大杉花奈さんのヴァイオリン。

素敵な空間で間近に聴く、まさにアットホームな上質のアンサンブルに
至福のひとときでした。

【プログラム】

(ヴァイオリン&ピアノ)
サラサーテ: カルメン幻想曲より抜粋

(ピアノソロ)
カプースチン: 練習曲 
ガーシュウィン(アール・ワイルド編曲): 
 エンブレイスブル・ユー(ミュージカル「ガール・クレイジー」より)

20170320_064258602_ios  20170320_064900097_ios 20170320_071310964_ios 20170320_065949742_ios 20170320_065839362_ios

2017年3月17日 (金)

Joy of Chamber Music Series vol.10 (2)

20170317_054710815_ios pianist・program directer 田崎悦子
Joy of Chamber Music Series vol.10
2台ピアノ&ピアノ連弾
第二日目
室内楽コンサート
日時)2017年3月16日(木)19:00-21:00
場所)カワイ表参道 コンサートサロン パウゼ

出演) ピアノデュオ ドゥオール(藤井隆史&白水芳枝)
     田崎悦子
     ヤングアーティスト:平林咲子 岩井亜咲 町永早紀

<プログラム>

ドビュッシー 牧神の午後への前奏曲 (2台ピアノ)
           第1ピアノ:藤井隆史  第2ピアノ:白水芳枝

ブラームス(ケラー編曲) 大学祝典序曲 ハ短調 Op.80 (2台ピアノ)
                       第1ピアノ:(プリモ)藤井隆史 & (セコンド)田崎悦子
     第2ピアノ:(プリモ)町永早紀 &  (セコンド)白水芳枝

シューベルト 人生の嵐 イ短調 D947  Op.144  (連弾)
           プリモ:田崎悦子   セコンド:藤井隆史

~休憩~

ラヴェル マ・メール・ロワ (連弾)
  1.眠れる森の美女のパヴァーヌ (プリモ) 白水芳枝  (セコンド) 藤井隆史
  2.親指小僧      (プリモ) 白水芳枝  (セコンド) 平林咲子
  3.パゴタの女王レドロネット  (プリモ) 岩井亜咲  (セコンド) 平林咲子
  4.美女と野獣の対話  (プリモ) 岩井亜咲  (セコンド) 藤井隆史
  5.妖精の園       (プリモ) 白水芳枝  (セコンド) 藤井隆史

リスト  交響詩第3番「前奏曲」          (2台ピアノ)
           第1ピアノ:田崎悦子  第2ピアノ:白水芳枝

アンコール
ラフマニノフ  ワルツ     
         ロマンス (ともに6手)  

*******************

午後3時~5時には、本番と同じ曲順での公開ゲネプロがありました。

昨日のリハーサル時のピアノが異なるものに差し換えられていて、
音の響き、バランスが格段によくなったように聞こえました。
昨日、時間をかけてあれこれ試された末、とのこと。
出演者のみなさまの集中力、体力に感服です。

今日は、若い3人(1996年生まれの大学生、2000年生まれの高校生)
の完成度の高さに唸りました。

「ピアニストが二人揃えば、連弾や二台ピアノができる」
という甘い考えには断固反対し、もっと深い音楽を目指す!
という講師の方々の宣言に、大いに共感します。

全体を通して「弾き込む」ことの大切さがよくわかりました。
収穫の多い二日間でした。

2017年3月13日 (月)

御喜美江ミニコンサート

20170313_130802147_ios アコーディオン奏者
御喜 美江(みき みえ) ニューアルバム発売記念
ミニコンサート

2017年3月13日(月)18:30-19:05
山野楽器銀座本店7F イベントスペースJamSpot

***********

ニューアルバム
「J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第1巻、第2巻より」
全世界に先駆けて、ここ日本で本日発売とのこと。

御喜 美江さんの演奏は、バッハのフランス組曲のCDで愛聴し、
どうやったら、あんな音が出るんだろう……と不思議に感じていた私。
このイベントを知り、是非生で見てみたい!と足を運びました。

アコーディオンの音色に惚れました。
そして、その音量の幅、体全体からあふれ出すような温かい音楽の波にも。
まるでマジックのように、軟体動物のように動く両手にも。

左手側に並ぶボタンは、単音のものも、和音のものもあるのだとか。
右手で鍵盤、左手でボタン、体全体で蛇腹を動かすアコーディオン演奏は、
バッハの楽譜どおりで、まったくアレンジしていないとのこと。
驚きました。
30分のミニコンサート(無料)、いっぱい感動をもらいました。

北欧の湖のほとり、石造りの教会で録音されたというCD、
おすすめです。

2017年3月 6日 (月)

中村紘子メモリアル・ガラコンサート

第21回浜松国際ピアノアカデミー オープニングコンサート
20170303_092349707_ios 中村紘子メモリアル・ガラコンサート

2017年3月3日(金)18:30開演 20:50終演
@アクトシティ浜松 中ホール

<プログラム>

note奈良希愛 NARA Kiai

リスト:伝説第1曲「小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ」
ショパン:バラード 第1番 ト短調 作品23

noteボリス・ペトルシャンスキー Boris PETRUSHANSKY

チャイコフスキー:四季より 「秋の歌」 作品37 bis
ラフマニノフ:絵画的練習曲 ハ短調 作品39 第1番
ストラヴィンスキー:ペトル―シュアからの3楽章
    1.ロシアの踊り 2.ペトルーシュカの部屋 3.謝肉祭

~休憩~

note河村尚子 KAWAMURA Hisako

ショパン:3つのマズルカ 作品59
ショパン:ポロネーズ 第7番 変イ長調 「幻想」 作品61

noteウラディミル・トロップ  Vladimir TROPP

ショパン:ソナタ 第2番 変ロ短調 「葬送」 作品35

*********************

今回の浜松国際ピアノアカデミー(3/3~3/12)オープニングコンサートは、
このアカデミーを21年前に立ち上げ、以来ずっと率いてこられた
中村紘子氏の追悼コンサートとして催されました。

ロビーには紘子氏の写真などが展示され、
コンサート冒頭には、浜松市長から紘子氏の功績を讃えるスピーチが。
その中に「アカデミーは今回で最後」というフレーズがありました。
やはり。。。残念。

ステージ上のピアノは、
前半が、カワイ(Shigeru Kawai)、後半がヤマハ。
前半、後半ともにピアニストは二人ずつでしたから、
弾き手が違うと、ピアノの音もこんなに違うのね……と改めて驚きました。
演奏する4名は、今回のアカデミー講師陣全員。
なかでも、
河村尚子氏の音色の豊かさがとても心に響きました。

そして、
1939年生まれのトロップ氏、
お年ゆえか、危なっかしい箇所が多少あったとはいえ、
ハッとするほど美しい箇所も多々。
最終楽章があれほど柔らかく演奏されるのは、初めて聴きました。

刺激がいっぱいの、ぜいたくなコンサートでした。

2017年2月23日 (木)

プレトニョフ&東フィル

東京フィルハーモニー交響楽団
第107回東京オペラシティ定期シリーズ

2017年2月23日(木)19時開演 21時終演
@東京オペラシティ コンサートホール

指揮:ミハイル・プレトニョフ
チェロ:アンドレイ・イオニーツァ

≪プログラム≫

ストラヴィンスキー:ロシア風スケルツォ(シンフォニック版)

プロコフィエフ:交響的協奏曲(チェロ協奏曲第2番 ホ短調 作品125)

(アンコール)
 バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番より サラバンド
 プロコフィエフ:マーチ

~休憩~

ストラヴィンスキー:バレエ『火の鳥』組曲(1945年版)
 序奏  
 火の鳥の前奏と踊り
 ヴァリアシオン(火の鳥)
 パントマイムⅠ
 火の鳥とイワン王子のパ・ド・ドゥ
 パントマイムⅡ
 スケルツォ(王女たちの踊り)
 子守歌
 終曲の讃歌

****************

なんだかロシアものが聴きたくなって、
生プレトニョフも見たくなって(本当はピアノ演奏も聴きたいけど)、
2015年チャイコン優勝の若者のチェロも聴きたくて、
チケットを衝動買いしてしまいました。。。

プレトニョフの指揮、
そんなに大仰じゃないのに、パワー全開じゃないのに、
リズム感がよくって、動きが軽くて、オケをのせるのが上手です。

冒頭のスケルツォ、なんとも洒脱で素敵でした。

20170223_145731400_ios そして、「火の鳥」って、バレエ音楽だったんだ!
と、実感しました。
場面によって、がらりと雰囲気が変わる気がして。
なんか、初めての感覚でした。

一番心に残ったのは、やはりイオニーツァ君。
若き貴公子の風格で、みずみずしい演奏。
万雷の拍手で、アンコールを2曲演奏してくれたのですが、
その演奏ぶりが、実に楽し気だったことも実に印象的でした。

今日のコンサートを見て、改めて
音楽は、楽しまなくちゃね!と思ったのでした。

2017年2月11日 (土)

内門卓也 ピアノリサイタル

Riuchi2 内門卓也 ピアノリサイタル

2017年2月10日(金)19時開演 20時50分終演
@ルーテル市ヶ谷センター

<プログラム>

J.S.バッハ: フランス組曲 第5番 ト長調 BWV816
  Allemande  Courante  Sarabande
  Gavotte  Bourree  Loure  Gigue

F.リスト: 3つの演奏会用練習曲
       「悲しみ」「軽やかさ」「ため息」

F.リスト: スペイン狂詩曲

~休憩~

A.リャードフ: 3つの小品
         「前奏曲」「ワルツ」「マズルカ」

S.ラフマニノフ: 幻想的小品 作品3より 第1曲 エレジー

S.ラフマニノフ: コレルリの主題による変奏曲 作品42

アンコール
F.リスト: 愛の夢

***************

昨年11月、フルートの伴奏としてその演奏を聴き(→)、
あまりのうまさに驚いて、今度は是非リサイタルを…と足を運びました。

期待にたがわぬ、素晴らしい演奏でした。
小さな教会のホールでのリサイタル。
大ホールの音響ではない、ほぼ生音で耳に届くという環境で、
ため息が出るような「美音」を聴かせるって、只者ではありません。
冒頭のバッハはもちろんのこと、
リストの「スペイン狂詩曲」、
ラフマニノフの「コレルリの主題による変奏曲」
といった難曲でも、
出だしの和音、一音から、あまりの美しさにハッと目が覚める思いに。

どの曲も安定感抜群。
テンポはかなり自由に揺らしているのに、曲全体の屋台骨はがっちり安泰。
体の中心がしっかり安定している姿勢とも連動するのでしょうか。

アンコールの「愛の夢」
いわゆる耳タコ曲ですが、今まで聴いたうちで一番美しいと思いました。

客席が半分ほどしか埋まっていないのがもったいない!
でも、
聴衆の中には、若いコンサート・ピアニストと思われる方々が何名か。
その方々も、感銘を受けていらっしゃるようにお見受けしました。

2017年2月 3日 (金)

TOPPAN HALL ランチタイムコンサートvol.87

20170203_024101138_ios毛利文香
ヴァイオリン

「音楽の父」が見た世界

2017年2月3日(金)12:15開演 12:50終演

@トッパンホール

J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティ―タ
        第2番 ニ短調 BWV1004

*********************

トッパンホールのランチタイムコンサート、
初めて当選し、行ってきました。

30分限定のコンサートなのですね。
配布されたプログラムには、
演奏者本人によるプログラムノートが記載されていて、
無伴奏の作品をステージで演奏することの怖さに触れたうえで

特にバッハのソナタ&パルティ―タは、演奏からその人のすべてがわかるような作品であると思っている」が、
ドイツに留学してから」さまざまな機会を得てバッハに対する視野が広がり
今自分の中で」「バッハのソナタ&パルティ―タへの関心が高まっているところ
との説明がありました。

成長著しく、将来への期待にあふれる若者の姿、いいなあ。。。
演奏も、大変歯切れよく朗々たるものでした。

終演後、友人と二人で神田川沿いをそぞろ歩き、
うな重の昼食をとってから、
神楽坂までぶらぶらとお散歩。
冷たい空気と、暖かい陽射しのお散歩日和を満喫しました。

20170203_041315665_ios 20170203_051747503_ios 20170203_050345177_ios

2017年1月17日 (火)

チョ・ソンジン ピアノ・リサイタル2017

20170117_132807218_ios SEONG - JIN CHO
PIANO RECITAL Japan Tour 2017

2017年1月17日(火)19:00開演 21:25終演
@サントリーホール

<プログラム>

ベルク:ピアノ・ソナタ ロ短調 Op.1

シューベルト:ピアノ・ソナタ 第19番 ハ短調 D958

~休憩課~

ショパン:24の前奏曲 Op.28

アンコール
ドビュッシー:月の光
ショパン:  バラード第1番
ショパン:  英雄ポロネーズ

**********************

衝撃的な演奏会でした。
素晴らしさを超えて。

一点の迷いもない、完成された美。
一音たりとも無駄のない音。
すべての音が存在意義をもち、心に届く。
そんな音楽が奏でられました。


昨日、ネットで聴いたときには「難解なり~」という感想だった
ベルクのソナタでは、クリアな音の粒、新鮮な和音の響きの美に打たれ、

シューベルトのソナタでは、深淵なる世界に沈潜し、

ショパンでは、
雄弁に語りつづけるピアノに衝撃を受け、
テンポの揺れ、とくにスローテンポの美に涙が出そうになり。。。

前奏曲集が、ここまで統合性を持った構築の美の世界だったとは
不覚にも今まで気づきませんでした。
2015年のショパンコンクールでの演奏をネットで聴いたときとは違う、
さらに進化した世界でした。

24曲、非凡なる集中力を保って緊密な演奏をした後に、
アンコールを3曲も演奏してもらえるなんて、なんたる至福!
でも、
ソンジン君、どうぞあまり無理はしないで……と心配になってしまいました。
もう、どこから見ても、とっちゃん坊やではありません。
真のジェントルマンでした。お見事。

サントリーホールに、聴衆の大きな唸り声が響き、
スタンディングオベーションの嵐というのは、めったに見られないのでは。
それだけの価値のあるリサイタルでした。

2017年1月 6日 (金)

Sound of the sky 早川りさこ&植草ひろみ

20170105_043239930_ios Sound of the sky 早川りさこ&植草ひろみ
~幼なじみの二人が紡ぐ天空の調べ~

早川りさこ(ハープ) 植草ひろみ(チェロ)

2017年1月5日(木)14時開演 16時終演
@東京文化会館 小ホール

≪プログラム≫

フランツ・フォン・スッペ/ 喜歌劇「詩人と農夫」序曲より20170105_070847699_ios

メンデルスゾーン(シュテックメスト編曲)/
                        「歌の翼」による幻想曲

サン=サーンス/  白鳥  「動物の謝肉祭」より

早川正昭/ 追憶
       牧歌

マルセル・トゥルニエ/ ノクターン 作品21

~休憩~

フレデリック・ショパン/ ノクターン 作品9-2

新年おたのしみコーナー
   春の海  エーデルワイス  

アストル・ピアソラ/ カフェ1930

アリエル・ラミレス/ アルフォンシーナと海

ガスパール・カサド/ 愛の言葉

アンコール
ギャニオン/ 明日
アストル・ピアソラ/ アヴェ・マリア

**********************

チェロとハープというアンサンブル、初めて聴きました。
美しく溶け合う音色にうっとり。

演奏だけでなく、お二人の軽妙なトーク、
福引(一等は「無料出張演奏」!)まで登場する演出もお見事。
会場も大入りだったのは、その楽しさを知るリピーターの方々?

世界初演になるという、
早川氏(演奏者りさこさんの父上。会場にいらしていました)
の曲が、プログラムをきりりと引き締めていて、とてもいいバランス。

大変楽しい、充実の時間を過ごしました。

より以前の記事一覧