無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

エリザベート王妃

2016年5月29日 (日)

エリザベート王妃コン2016(13)結果発表

審査結果の発表をビデオで見ました。

*****************

1位 ルーカス・フォンドラチェック (チェコ)

2位 ヘンリー・クレイマー (米国)

3位 アレクサンダー・ベイアー (米国)

4位 チ・ホ・ハン (韓国)

5位 アリョーシャ・ユリニッチ (クロアチア)

6位 アルベルト・フェロー (イタリア)

******************


1位のフォンドラチェック君、
協奏曲しか聴いていませんが、堂々たる厚みのある演奏でした。
その折の会場の熱狂ぶりは特筆に値するほど。
その彼の優勝を、会場も期待し、待ち望んでいたのでしょう。
またしても、大盛り上がりの会場でした。
1位から読み上げる方式での発表、王道を行くムードでいいですね。

2位のクレイマー君、
ファイナルの演奏、朝っぱらから先ほどLIVEで聴いていたのに、
印象に残らなかったというのは不覚であります。
(だって、お仕事でお尻に火が……逃げ口上sweat01

3位のベイアー君、4位のチ・ホ・ハン君、
協奏曲の演奏に感動しました。ばっちり印象に残っています。
入賞おめでとうございます!
ラフマニノフ3番はいい!と実感した私でしたが、
その演奏者が、1位、3位、4位を獲得。
やっぱり演奏そのものがお見事だったのですね。納得です。

5位のユリニッチ君、
ショパンの協奏曲は昨年のショパコンもあって耳タコ状態だったもので、
ここには辛口のコメントを書きましたが、ほんと入賞できてよかった。
予選リサイタルで一番痺れたのは、彼の演奏でした。

6位のフェロー君、
決勝進出者の中の最年少、今年で20歳。
正統派の演奏だなあという印象でした。



さて、入賞外の方々は、順不同に呼び出されていましたが、
その中でも、岡田奏さんへの会場の反応がとても熱かったです。
殊に大きな拍手、声援が。
本日の協奏曲、聴衆に愛される演奏だったのだろうな~と思いました。
審査員の方々も親身に声をかけておられるようでした。
数時間前の演奏者という理由とともに、彼女の人徳もあるのでしょう。

個人的には、シシキン君が入賞ならなかったのが残念ですが、
Webで聴くのと会場で聴くのとでは差もあるでしょうし、致し方ありません。
入賞ならなかったコンテスタント方々、皆笑顔だったのが素敵でした。
素晴らしい演奏をありがとうございました。

エリザベート王妃コン2016(12)ファイナル⑤

エリコン、すべてのコンテスタントが演奏を終えました。

審査結果の発表は、現地時間ミッドナイトの予定
とアナウンスされていましたから、夜中12時として日本時間午前8時。
あと1時間ぐらいでしょうか。

わたくし、今朝は午前4時ごろに目覚め、INしてみたところ、
岡田奏さんが、
ラフマニノフ2番の演奏の最終楽章、まさにラストの演奏中。
5分程度聴くことができました。
素晴らしかったです。オケともぴったり合っていました。
聴衆の反応も上々。スタンディングオベーションの人々も。

演奏後のインタビューはフランス語だったので(流暢でした!)、
何もわかりませんでしたが、いい表情をしていました。
2人目のヘンリー・クレイマー君については、
〆切直前の仕事に追われて流し聞きしてしまい、ちょっとコメントできません。sweat01


その後、昨日のドミトリー・シシキン君を聞きました。
チャイコフスキーの協奏曲。圧巻でした。
とにかくクール。かっこいい。
クリアな音が、オケをバックに、オケをぴったり従えて、輝いていました。
まったく危うさなし、コントロールに乱れナシ、鉄壁です。
ショパコンのときも、リサイタルより協奏曲に舌を巻いたのですけれど、
今回、さらに腕を上げたように感じました。
たくさんの素晴らしい演奏が聴けて、幸せなコンクール期間でした。
あとは審査結果発表を待つのみ。どうなるでしょうか。

2016年5月28日 (土)

エリザベート王妃コン2016(11)ファイナル④

本日もまた、朝5時過ぎに目覚めたのですけれど、
その時点で既に2人目アルベルト・フェロー君の演奏も終盤という状況でした。

1人目だったシシキン君の演奏をアーカイブで聴いてから
記事にしようかなと思ったのですが、
まだアップされていないので、とりあえず今朝の事を書いておきます。

アルベルト君の協奏曲は、ラフマニノフの1番という、あまり聴かない曲。
演奏後のインタビューで、その選曲理由を問われたアルベルト君、
14歳のときに初めて弾いた協奏曲がこの曲だったから、
その曲をステージに乗せられて嬉しい、とのこと。
14歳でコンチェルト!と思ったのですが、
彼は今年でやっと20歳という若さですものね。
そして19歳の去年、ブゾーニ国際コンクールで2位受賞の実績。
わお!
その時、今回演奏したホールで弾いたとのことで、
ホールを経験していることは有利だったかも、とのコメントでした。

それにしても、ほんと、
このコンクールは既に実績を積んでいる若者が集まっているのですね。
演奏そのものは終盤をちらっと聴いただけで、感想も述べられませんが、
本人の表情もよく、会場もスタンディングオベーションでした。
ただ、観客の沸きっぷりは、
昨日のフォンドラチェック君ほどではなかったように思います。

2016年5月27日 (金)

エリザベート王妃コン2016(10)ファイナル③

今朝も5時過ぎに、エリコンLIVEを見てみたら、
1人目の演奏者、ラリー・ウェン君が演奏を終えたところでした。
あれ?まだ1人目??
……あ、そうでした!彼は長大なブラームスの2番を弾いたのでしたね。
なるほど、まさに汗だくです。

そして、インタビューで演奏後の感想を聞かれると、
ブラームスは長く難しい曲で、
集中力を保つことが難しいことはわかっていたが、
今回はその前に、12分間の新曲演奏もあったので、本当に難しかった。
とのこと。
セミファイナルのときの明るい弁舌とはちょっと異なるトーンでした。

続くは、チェコのルーカス・フォンドラチェック君。
冒頭の現代曲は聴き逃したのですが、
彼の協奏曲、ラフマニノフの3番は聴きました。
お見事でした。
昨日のハン君もこの曲でスタンディングオベーションだったようですが、
今日のルーカス君もしかり。
動画で見ていた今日は、会場の熱狂ぶりがダイレクトに伝わってきました。

インタビュアーも興奮気味で褒めたたえていました。
ルーカス君自身、
パワフルでエモーショナルなこの曲が演奏できてうれしい。
こんなに汗だくだけれど、実は汗だけじゃなくて涙も出てきたんだ。
とても気持ちよく演奏できた。
とのことでした。
彼、チェコでは、
チェコ・フィルの指揮者だったアシュケナージの指導も受けたそうで
(そんな本格的な指導じゃない、という感じでしたけれど)
既に多くのコンクールで実績を積んでいる上に今回参加したのは、
1週間隔離状態で新曲に取り組むスタイルがとてもいい経験になるから
とのこと。
実力者登場!という雰囲気でした。

2016年5月26日 (木)

エリザベート王妃コン2016(9)ファイナル②

今朝は仕事準備のため、早朝5時前に起床。
どうせなら…と、初めてLIVEで聴きました。今日はラジオです。

演奏者はチ・ホ・ハン君。
まず、1曲目の現代曲から魅力たっぷり。
きちんとした曲想、構造が見えて、世界に引き込まれました。
今までは
いろんな音色が聞こえるけど、よくわからない…といった印象の曲だったのですが。
どこに差があるのでしょう…上手に説明できないのですけれど。

続く協奏曲は、ラフマニノフの3番。
昨日のベイアー君と同じです。
流れのある演奏で、オケと見事にマッチしていました。素晴らしい!
でも、待てよ。
もしかして、曲に対する私のひいき目かなあ。
実際にどうなのかなあ……と、自信をぐらつかせていたところ、
ラジオが叫びました。
会場、スタンディングオベーションです!
おおお、やはり。そうよね。そうよね。と安心したわたくし。
チ・ホ・ハン君、お見事でした。
いままで、過去のラウンドは全く聴いていないのですが、
遡って聴いてみようかなあ。。。

で、さきほど、アーカイブで
今までのリサイタル演奏、特に一次予選では「一押し!」と感じた
アリョーシャ君のショパンの協奏曲1番を聞いてみました。
ううむ。ブラボーとは言えない感じです。ちょっと荒っぽかったかなあ。


そういえば、朝のラジオLIVE、フランス語のやりとりの中で、またも
ドミトリー・シシキン、 カナ・オカダ、
という名前が聞こえました。何を話していたのでしょうか。。。。

2016年5月25日 (水)

エリザベート王妃コン2016(8)ファイナル①

エリコンのファイナル、月曜日から始まっていますが、
さすがに日本時間の午前3時開演とあって、聴けてませんでした。

ただ、今朝5時にちょっとアクセスしてみたら、
韓国のハンス君が晴れ晴れした表情で舞台から引き上げてくる様子を放映中。
その後すぐに突撃インタビューが始まりました。
ハンス君、どうやらこのコンクールの前半年間ほど全くピアノが弾けなかった模様。
病院、医者、4歳から弾き始めた22年間で初めて、といった表現が。
ただ、肝心の原因は聞き逃しちゃいました。

帰宅後、アーカイブを見てみましたが、
やはりインタビュー部分はカットされていました。
で、そのまま、今までの4人について流し聴き。
個人的には、曲への好みもあって、一番いいな~と思ったのは、
アレキサンデル・ベイアー(米国 1994年)くん
のラフマニノフ第3番です。ラフマニノフLOVEheart02の私。
若々しい、推進力あふれる好演でした。

今田くん、ハンス君の弾いたプロコフィエフ2番は難解ですね~。
正直言って、よくわかりません。sweat01
ハンス君、この曲をオケを合わせるのは初めてとのことでしたが
とてもそうは思えない達者ぶりでした。
なるほど、晴れやかな表情だったわけですね~と納得。
セミファイナルのインタビューで、人を食ったような不機嫌な対応だった(→)のと、
対照的に思えました。きっと本人納得の演奏だったのでしょうね。

2016年5月15日 (日)

エリザベート王妃コン2016(7)ファイナル進出者発表

速報です。ファイナル進出者が発表されました。
最終演奏者の演奏が終わってから1時間ちょっとでの発表。素早い!
ファイナルの日とともに書きます。(出身国、生年)
日本の今田さん、岡田さん、ファイナルに残っています!
ベルギーで20:00開演というと、日本では翌日3:00am開演。
ライブ視聴はちょっと無理ですね。

***************

24 月曜: ユンジ・キム(韓国 1989年)
      今田 篤(日本 1990年)
    
25  火曜: アレキサンデル・ベイアー(米国 1994年)
          ハンス・ヒン・ス(韓国 1990年)

26 水曜: アリョーシャ・ユリニッチ(クロアチア 1989年)
         チ・ホ・ハン(韓国 1992年)

27 木曜: ラリー・ウェン(米国 1987年)
         ルーカス・フォンドラチェック(チェコ)

28 金曜: ドミトリー・シシキン(ロシア 1992年)
      アルベルト・フェロー(イタリア 1996年)
    
29 土曜: 岡田奏(日本)
        ヘンリー・クラマー(米国)

**************

生年を確認しようとしたら、サイトアクセス不能になってしまいました。
ということで、穴がありますがこのまま公開します。

たまたま聴けて、ここでも紹介した
アリョーシャ・ユリニッチ君、ラリー・ウェン君、
ドミトリー・シシキン君、アルベルト・フェロー君、
全員が通過していて、とっても嬉しい♪

今田君の演奏は、まだ聴いていないのですが、
岡田奏(かな)さんのリサイタルは、アーカイブで聴きました。
とっても素敵でした。
なにしろ選曲が、他の方とはまったく違います。
正真正銘のリサイタル。彼女の世界を構築し、
コンクール対策で練習してきました!というレベルを超えていました。
ラモ―、プーランク、プロコフィエフ、初めて聴くElliott Carter。
(→岡田さん紹介ページ
ラモ―、プーランク、素晴らしいと思いました。
今気づきましたが、彼女、
2013年のエリコンでもセミ・ファイナルに残っているのですね。実力者!


今日のラジオでも、
ファイナル発表の前のスタジオトークの中で聴こえてきた名前は、
シシキン君岡田さん
岡田さん、ベルギーでも注目されているようですheart04
演奏を終えてインタビューを受けていたのが
最終演奏から2人目だった、韓国のハンス君
彼、飄々としています。
コンクールに向けてどんな指導を受けたかと聞かれて
「すべて思い出すなんて不可能。今はその質問に答える時期じゃない。」
演奏を終えた今の気持ちはと聞かれて
「喉が渇いた。」
いや、演奏そのものについてどうだったかとの問いには
「さあ。発表を待ちましょう。」
いいキャラですね~。頭の回転も速いに違いありません。
ファイナルも楽しみ!    

2016年5月14日 (土)

エリザベート王妃コン2016(6)セミファイナル⑤

昨日のことになりますが、日本時間10:00pmにラジオにアクセスしたところ
ディナーラ・クリントン嬢(ウクライナ)の
協奏曲(モーツァルト第25番 KV.503)が始まるところでした。
続いたのが、
リサイタルで耳を惹かれた、ラリー・ウェン氏(米国)の
協奏曲(モーツァルト第21番 KV.467)。

二人とも、達者な演奏、という印象を受けました。
ウェン氏の演奏には、オケをぐいぐい引っ張っていく推進力を感じました。

ラジオでは今回もユリニッチ君の時と同様、
演奏直後のコンテスタントにインタビューが入りました。
ラリー君、見た目の印象とは異なり、明るい声でよくしゃべるのにびっくり。
確かに国籍アメリカですから、英語で話しやすいでしょうね~。
(あ、ここで急に「君」呼ばわりに変わったのもそのせい…無意識だったけど)

第一楽章のカデンツァは、ラリー君自身の作曲だそうです。
7年前にこの曲を勉強したときに作曲したのだそうで、
「曲の年齢は7歳。あはは」なんて言ってました。
彼は今年、この曲とは違うモーツァルト協奏曲をコンサートで弾いたそうで、
この曲を弾くのは久しぶりなんだよね~と、なんだか余裕の発言でした。

クリントン嬢も流暢な英語だな~と思ったら、今は英国で勉強中なのだとか。
驚いたのは、インタビュアーが二人に向かって、
ファイナルで演奏する曲目についていろいろ質問していること。
この二人、ファイナル進出確実と目されているのでしょうか??
ファイナルでは、
クリントン嬢はチャイコフスキーの協奏曲を、
ラリー君はブラームスの協奏曲を演奏予定だそうです。
クリントン嬢が、控えめに「もしファイナルに行けたら…」的な発言なのに対し、
ラリー君は既にブラームスを弾く気満々、というように聞こえました。

2016年5月12日 (木)

エリザベート王妃コン2016(5)セミファイナル④

コンチェルトについては、あまりよくわからず、
今まで流し聴きするだけで来たのですが、
偶然ユリニッチ君のコンチェルトにINでき、じっくり聴き入ってしまいました。

Aljosa Jurinic (クロアチア 1989年生まれ)
Wolfgang Amadeus Mozart : Concerto n. 26 en ré majeur KV 537 (Allegro, Larghetto, Allegretto)

軽やかな1楽章、美しい2楽章、
音楽が進めば進むほど、生き生き魅力的に響く演奏。
素敵でした。

ラジオでは、演奏直後のユリニッチ君自身のコメントが。
2楽章はテンポが重要で、早すぎても遅すぎても曲が台無しになるのだけれど、
今日はいいテンポで、自分のマキシマムの演奏ができたと思う。
カデンツァは、大学の図書館で多くのバージョンを試した末に、
一番好きなものを選んで弾いた、気に入ってもらえたら嬉しい
、とのこと。
会心の演奏ができたようです♪

今朝のシシキン君、ただ今のユリニッチ君、
ともに去年のショパコンのファイナリストですが、
ユリニッチ君、セミ・ファイナルのリサイタル(→5/10の記事)で
課題曲も暗譜、自由曲にショパン作品なし、というのは超人技に思えます。

入賞して、記念コンサートのスケジュールをこなしてきたシシキン君は特に、
今回の準備がかなり大変だったのではないかと。
プログラム構成しかり(→前回の記事参照)、
課題の新曲で、譜面台に楽譜全頁を大きく広げていたことしかり。
それでも、クリアに、切れ味鋭くキメてみせるのは、さすが!



いま、ラジオのコメンテーターたちが、
しきりに「ドミトリー・シシキン」と言っていますが、残念ながら全部フランス語!
何を言っているのやら、さっぱりわかりません。
…あ、どうやら今朝の彼のリサイタルから、抜粋で再放送している模様。
シシキン君、話題になっていることは確かですね~。

エリザベート王妃コン2016(4)セミファイナル③

早朝視聴3日目。
今日は5時前に目覚め、シシキン君のリサイタル1曲目途中から聴けました。

Dmitry Shishkin (1992年生まれ ロシア)

1. Fabian Fiorini : Tears of Lights
2. モーツァルト: ピアノソナタ第11番(トルコ行進曲付き)KV 331
3. ショパン: スケルツォ第2番op. 31
4. プロコフィエフ : 4つのエチュードop. 2

昨日のクリントン女史と同じように複数曲が並ぶのは、
去年のショパコンで手の内に入っている曲と
今回の第1次予選曲(用意したプログラム2種中、1種は未披露)
からの曲目を取り入れたからでしょうか。

やっぱりシシキン君は、確かなテクニックと、クリアな美音が魅力です。

演奏後のラジオ解説、今日はスタジオからの感想ではなく、
演奏者本人へのインタビューでした。

トルコ行進曲つきを選んだ理由としては、
「どう説明したらいいのかわからないが、さまざまな演奏スタイルを出したかった」、
ショパンを選んだことについては、
「子供時代に母(ピアノ教師)からショパンのレッスンを受けた影響もあるかも」
とのことでした。
ううむ。
あまり英語が得意そうではなかったので、言いたいことを表現できず、こんなコメントになったのかもしれませんが。

Alberto Ferro (1996年生まれ イタリア)

1. Fabian Fiorini : Tears of Lights
2. ラフマニノフ: コレルリのテーマによる変奏曲op. 42
3. リスト: ハンガリー狂詩曲n. 12 en ut dièse mineur (Rhapsodies hongroises)

蝶ネクタイの、ぱりっとした印象の青年。
課題曲は暗譜でした。
家事をしながらのながら聴きでしたが、端正な演奏という印象。

インタビューによると、留学未経験で、
生まれてからずっとシシリア島に住んでいるけれども、
来年にはドイツ、アメリカに勉強に行く予定とのこと。
ラフマニノフの抒情的なスタイルが好きで、プログラムに入れたそうです。
彼は流暢な英語でした。

より以前の記事一覧