無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

美術

2017年4月11日 (火)

『ミュシャのすべて』

Musa 堺 アルフォンス ミュシャ館(堺市立文化館)協力
『ミュシャのすべて』 角川新書 2016

先日の「スラヴ叙事詩」鑑賞(→)を機に、借りてみました。
この本、優秀です。
カラー写真多数。持ち運び至便。

総論 ミュシャ芸術の本質――祖国を愛した時代の寵児
1.パリでの飛躍 挿絵画家からポスター画家へ
2.アール・ヌーヴォーの旗手として ポスター画黄金期
3.祖国のために アメリカからチェコへ
4.スラヴ叙事詩 祖国への祈り

この目次だけを見ても、ミュシャの一生がわかるというもの。
さらに、巻末には年表も。これまたカラーページです。
年表――ミュシャの生涯と作品

女優、サラ・ベルナールと契約していたのが1895-1901年(35-41歳)。
1900年のパリ万博では、ボスニア・ヘルツェゴビナ館の装飾も担当。
1904年にアメリカで富豪のパトロンを得て、1910年にプラハに戻る。
こういう経歴を見てみると、
ポスター画家で名を馳せたパリ時代って、結構短くてびっくり。
乙女チックなポスター画家、といった謝った認識を改めた私です。

2017年3月27日 (月)

これぞ暁斎!

20170326_085207630_ios_2 ゴールドマン コレクション
これぞ暁斎!

@Bunkamura ザ・ミュージアム

昨年も同時期・同じ場所で
国芳・国貞の浮世絵を鑑賞していました。(→
外国所蔵のものの展示っていうのも共通していますね。

20170326_085156303_ios 暁斎って、なんだか弾けた人で、幽霊とか描いた人でしょ?
といった程度の予備知識しか持ち合わせていませんでしたが、
江戸時代だけでなく
明治時代に入ってからも活躍した人だったのですね。
イギリス人の弟子がいた、とか
黒船、西洋人なども画題にして描いていた、とか
正統派の仏画にも精力を注いでいて傑作が多い、とか
初めて知りました。

色鮮やかな絵、細かいところまで凝った絵、
正統派日本画家のような絵、見事な写実性を見せる絵、……
その守備範囲の広さにもびっくりです。

そんななかでも、
ささっと一筆に書いたような動物(象、蛙、猿、…)が、
実に生き生きとしていることが、 一番印象に残りました。

2017年3月25日 (土)

ミュシャ展(スラヴ叙事詩)

国立新美術館のミュシャ展へ行ってきました。
大作・スラヴ叙事詩が話題で大混雑……という噂でしたが、
午後4時半ごろに行ってみたらば、全く待たずに入れました。scissors
鑑賞後のショップでのお買い物も、会計待ち時間ナシ。
(cf. 草間弥生展は会計に長蛇の列。30分待ちとの表示でしたcoldsweats02

さて、展示です。
やはり、大きな大きな20枚の作品群・スラヴ叙事詩は圧巻でした。
音声ガイド、おすすめです。
ミュシャ(本来、ムサ、との発音なのだとか)の熱意、使命感が、
ビシバシ伝わります。
宗教に戦争(侵攻)に弾圧……歴史ってそういうものなのですね。
そんな中、虐げられる人々が思いを託したのが「芸術」
……という文脈で描かれる絵が多々あり、なるほどと思いました。

さらに、ミュシャが
チェコ独立を宣言する場となった市民会館の天井画や壁の絵、
パリ万博のボスニアヘルツェゴビナ館のデザイン等等、
市民生活と密接にかかわる場で、主張を持って活動していたことを
初めて知りました。
これまで、乙女チックなポスター画家
といった印象しか持っていませんでしたが、なんとも浅い理解でした。

写真撮影可の区画(画像はここで撮影)があったのにもビックリ。
とっても中身の濃い展覧会でした。

20170324_080150987_ios 20170324_075859116_ios 20170324_075734673_ios 20170324_075640787_ios

2017年3月10日 (金)

フルカリ

20170310_015544291_ios_2 岩立フォークテキスタイル・ミュージアム

「煌めく刺繍布 フルカリ」
- 針で綴る華やかな世界 -

現在のインドとパキスタン両国にまたがるパンジャーブ地方で、
女性たちにベールとして愛用されたという布、フルカリ。
「フル」は花、「カリ」は仕事、の意味で、花の刺繍を指すそうです。

織りものを手がける友人に誘われ、初めて訪ねてみましたが、
手仕事の見事さに圧倒されました。
展示されていた布は、すべて英国から独立する1947年以前のもの
とのこと。

少女が幼い頃から、自分の婚礼に向けて一針一針刺繍する、とか
男の子が誕生した日から、将来のお嫁さんに渡すべく祖母が刺繍を始める、とか
風俗の中に位置づけられた細かい刺繍の存在感、お見事。
また、図柄や色合いの美しさも、見飽きないものでした。

昨日の映画で、伝統芸能、伝統文化の継承に思いを馳せた私でしたが、
偶然ながら、今日もまた、
この刺繍の技が今どう受け継がれているのか気になりました。

現地では女性がかぶる実用品だったこの布、
19世紀にはヨーロッパに渡り、壁掛け、調度品として飾られていた
ということですが、
その時点で既に「生活の中の布」から「輸出品」に変貌しつつあったのでしょうか。

いろいろ調べてみたくなりました。

2016年11月10日 (木)

ゴッホとゴーギャン展

東京都美術館に行ってきました。
ゴッホとゴーギャン展。

ゴッホが精神に異常をきたして、自分の耳を切る
という事件は知っていましたが、
それが、ゴーギャンと同居していた時期だったとは知りませんでした。
1888年、ゴッホ35歳、ゴーギャン40歳。
この年に始まった南仏アルルでの二人の同居は、この事件で終焉へ。
ゴッホの弟テオにこの事件を知らせ、パリから兄を迎えに来させたのが
ゴーギャンだったとは。
二人の同居期間、わずか2か月。

二人とも10代から美術の英才教育を受けたわけではなく、
20代後半、30代になってから絵画をライフワークと定めていたことも
初めて知りました。

オランダからフランスに出てきたゴッホの色遣いが
印象派の影響を受けて、見る見る明るくなっていくのにびっくり。

ゴーギャンについては、タヒチの印象が強くて、
フランスでの絵があることも、よく認識していませんでした。

ゴーギャンが晩年、ゴッホの死後10年以上を経て、
ゴッホを彷彿とさせる、ひまわりと椅子の絵を描いていることに感銘。
二人の絆がわかるなあ……と。
また、晩年といっても、ゴーギャンの没年54歳。
若っ!
ゴッホの、37歳ピストル自殺というのもショッキングですが、
ゴーギャンも若くして亡くなっていたのですねえ。

画像は、展示出口にあった、二人の椅子を模したコーナーと
同じく出口の屋内から窓ガラス越しに撮った屋外。寒い晩秋の午後でした。

20161110_053609562_ios 20161110_053711261_ios

2016年5月13日 (金)

カラバッジョ展

エリコン真っ最中ですが、本日午後は上野の西洋美術館へ。
カラバッジョ展。
チケット売り場には列ができて待ち時間が生じていましたが
事前にゲットしていた私は問題なし。
会場への待ち時間はありませんでした。

15時半から1時間ほどかけて鑑賞~。
最初のビデオ視聴で、事前にカラバッジョについて知ることができ、
これが展示の理解に大変役立ちました。
破天荒な芸術家だったんですね~。

カラヴァジェスキなんて言葉、初めて聞きましたが、
自分の工房を持たなくとも、弟子を採らなくとも、
自然に、彼に惹きつけた若者たちが後を継いでいく形になったって、
実は芸術家冥利に尽きるのでは?

でも、そんな中でもやはり、カラバッジョ本人の作品が
際立ってオーラを放っているように感じました。

ちょうど1週間前に見た「若冲展」では、若冲の後継者がいない、
弟子をとらなかったから、という話になっていましたが、
このあたりが、同じスタイルの芸術を共有するヨーロッパ大陸と、
島国日本、それも自己卑下しがちな小国との差かなあ、なんて。

そういえば、本日の若冲展は、なんと180分待ちの表示でした。
先週の70分待ちでヒイヒイ言うべきじゃなかったんですね~。

国立西洋博物館、
特別展のチケットがあれば、常設展も見られます。
しかも、館内、展示作品含めて写真撮影OK。
(ただし、他館からの貸与品は撮影NG)。
窓からは美しい青空と新緑が望めるという環境の中、
ゆったり常設展が楽しめたのも、嬉しいことでした。

20160513_072021903_ios20160513_070459400_small  20160513_070717543_ios

2016年5月 6日 (金)

若冲展

話題の若冲展、行ってまいりました。

今日は平日だから、混雑もある程度は収まるだろう…と思ったのですが
甘かった!
仕事後、16時10分ごろ会場に到着するも、既に長蛇の列。
「会場入りまで70分」との表示が。
外で並んでいるうちに、小雨も降り出しました。
結局、建物の外に35分、建物に入って35分、
まさに表示どおりの待ち時間でした。
(ちなみに20時まで開館の本日、18時過ぎも同様の混雑ぶりでした)

鑑賞に要した時間はちょうど1時間ほど。
ただし、土産物、記念品を買おうとするなら、レジ待ち30分だった模様。
今回の展示会カタログだけの購入の場合は、
土産物コーナーではなく、書籍部で並ぶと、待ち時間が短縮できます。
混雑のことばかり書きましたが、
待った甲斐がある展示内容でした。
そして、会場内の混雑度は危惧したほどではなく、
すべての作品に張り付いて、上から下まで舐めるように見たい!
と固執するのでなければ、
ちゃんと鑑賞できるようになっていました。

巷では、緻密な細部の画法に注目が集まっているようですが、
そしてもちろん、それも見事なのですが、
個人的には、全体の構図のダイナミックさ、洗練度
感銘を受けました。
それから、その作品の幅広さに。一筋縄ではいかないバラエティぶりに。
…水墨画、版画、鮮やかな色遣いの絵、
…伝統的な花鳥風月の絵、現代アート的な雰囲気の絵、
…緻密に書き込んだ絵、簡素な省略美の絵、
感服です。

20160506_070736809_ios_3

2016年4月 9日 (土)

秋山陽 アルケーの海へ

菊池寛実記念 智美術館
4/2(土) ~ 7/24(日)  秋山陽 アルケーの海へ

1980年代から現代陶芸の最先端を走り続けているという
京都市立芸大教授・秋山陽(あきやまよう)氏の個展。

今回、学芸員によるギャラリートーク付きで、写真撮影OKという
「アートブログイベント」なるもの当選して、初めて足を運びました。
ブログに記事を書くことが条件、ということで、
はい、当記事はミッションとなります。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

20160409_064557409_ios いやあ、よかったです。
入口から、なんともハイセンスな雰囲気漂う空間。
展示台の配置も洒落ています。

展示タイトル「アルケーの海」とは実在する場所ではなく、
「アルカイック・スマイル」の「アルカイック」につながるギリシャ語
「アルケー」(原初)を用いた造語、とのこと。

この会場を海に見立てて、海に生息する生き物と見るように、
地底湖のような会場に並ぶ作品を鑑賞してください
との意味を込めたそうです。

20160409_065311841_ios_5 青い色調の空間、それに続く赤い色調の空間、
秋山氏自らが熟考して40作品をリズムよく陳列されたとか。
その配列の妙、お見事でした。
陶芸と聞くと、茶碗、器、というものがすぐ思い浮かびますが、
展示物はそれらとは一線を画す、まさに現代アート。

「立体を作り出すことで、空間に変化をもたらしたい」
「立体の持つ圧倒的な存在感、形と質感を感じ取ってほしい」

そういう意志が強く伝わるスケール感で、圧倒されました。
また、学芸員の方のポイントを押さえた解説が見事でした。
秋山氏の代表的な創作手法には、次の2種があり、
それを組み合わせて表現しているところが特徴とのこと。

20160409_074200646_ios_5 (1)幾何学的でクリアな形と滑らかな質感

 比較的低い温度で焼き上げる、黒陶を使ったもの。
 幾何学的なモチーフは、
 円錐や円柱形に造った土の表面にバーナーで火を当てて
 割れ目をつけた後に、
 平面に切り開いて、創作の素材としている。
 火をあてない面は湿った土の質感を残す。
 立体としてくみ上げる際、
 もともと表面だった面を裏面に、裏面を表面にする
 インサイドアウトの手法で「多様性」を表現している。
 丁寧に磨き上げることで、金属のような質感になる。

(2)もわっとした形とごつごつとした質感

 高温で焼き上げる本焼き焼成によるもの。
 焼くと縮み、意図しない形が生まれることもある。
 ごつごつした量感、ばこっと割ったときの質感が独特。


何を表現したいのか?……という話になると、
「立体とは?」「形あるものとは?」「生命とは?」「自然とは?」
といった、哲学的な思考にたどりつくのだなあと感じました。

大きな作品を成立させるには、数学的な計算の裏打ちが必要なこと、
素材と、加工法と、サイズ、スケール…
そのすべてに芸術家の選択眼と表現意思が強く働いていること等、
なるほど~と思うこと満載でした。

20160409_065252119_ios  20160409_065724892_ios 20160409_072604055_ios_2

2016年4月 5日 (火)

俺たちの国芳・わたしの国貞

ボストン美術館所蔵
俺たちの国芳・わたしの国貞

@Bunkamura ザ・ミュージアム

いやはや、見事でした。圧倒されました。
国貞の構図の素晴らしさに、
国芳の躍動感に、
ボストン美術館の保存の良さ~発色の美しさ~に、
そして展示品の数(全部で170点!)に。
国芳、国貞の二人を
解説につけたシールの色と額縁の色で区別する
(緑色の「芳」マークと黒額縁、ピンク色の「貞」マークと茶色額縁)
という展示上の工夫も、わかりやすくてよかったです。

人物、動物を今にも額縁から飛び出して来そうに描く国芳、
歌舞伎で見栄を切る役者そのままに、構図の美で描く国貞、
ともに素晴らしい!

大変楽しく見ごたえのある展示、おすすめです。
一部が期間限定で「写真撮影OK」となっていたのも嬉しいサービスでした。
画像はそのコーナーでの撮影によるものです。


20160405_084831696_ios_220160405_085028637_ios_220160405_085110907_ios_2

2016年3月21日 (月)

六本木(2)フェルメールとレンブラント

20160321 昨日は、六本木お散歩デ―。
まずは、六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリーで開催中の展覧会へ。

フェルメールとレンブラント
17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち


六本木ヒルズって、いつも迷ってしまうのですが、今回もしかり。
森アーツセンタ―ギャラリー〔東京・六本木ヒルズ森タワー52F〕
という案内を見て、
おお、森美術館ではないのね。場所が違うのね!
と気をつけていたのですが……何のことはない、入口は同じでした~。
(森美術館は53階…いまは展示入れ替え中)

入口に到着して茫然
「入館まで30分待ち」との看板が…。

でも、思ったほど時間はかかりませんでした。
入館後も、覚悟していたほどでもなく、まあ許せる込み具合。
展示品は、ゆっくり鑑賞できました~。
掲示の説明をくまなく読むのは大変だったかと思いますが、
今回は音声イヤホンガイドを借りたため、問題なし。

やはり話題の二作、フェルメールの「水差しを持つ女」(画像はヒルズのHPより拝借)、
レンブラントの「ベローナ」が圧巻でした。
オランダ絵画は、肖像画でも宗教画でもなく、
生き生きと生活する市民、特に女性を描く嚆矢として意義深い、
という説明に、なるほど~と思いました。

音声ガイドの玉木宏、ナレーションが上手なことに驚き。
BGMのバロック調音楽も小粋でよかったです♪

より以前の記事一覧