無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 週末のちょい旅(鬼押し出し) | トップページ | さくら2017 »

2017年4月11日 (火)

『ミュシャのすべて』

Musa 堺 アルフォンス ミュシャ館(堺市立文化館)協力
『ミュシャのすべて』 角川新書 2016

先日の「スラヴ叙事詩」鑑賞(→)を機に、借りてみました。
この本、優秀です。
カラー写真多数。持ち運び至便。

総論 ミュシャ芸術の本質――祖国を愛した時代の寵児
1.パリでの飛躍 挿絵画家からポスター画家へ
2.アール・ヌーヴォーの旗手として ポスター画黄金期
3.祖国のために アメリカからチェコへ
4.スラヴ叙事詩 祖国への祈り

この目次だけを見ても、ミュシャの一生がわかるというもの。
さらに、巻末には年表も。これまたカラーページです。
年表――ミュシャの生涯と作品

女優、サラ・ベルナールと契約していたのが1895-1901年(35-41歳)。
1900年のパリ万博では、ボスニア・ヘルツェゴビナ館の装飾も担当。
1904年にアメリカで富豪のパトロンを得て、1910年にプラハに戻る。
こういう経歴を見てみると、
ポスター画家で名を馳せたパリ時代って、結構短くてびっくり。
乙女チックなポスター画家、といった謝った認識を改めた私です。

« 週末のちょい旅(鬼押し出し) | トップページ | さくら2017 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

美術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 週末のちょい旅(鬼押し出し) | トップページ | さくら2017 »