無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« ライブハウス初体験 | トップページ | 長谷川陽子ソロチェロ(G-call-Vol.2) »

2017年4月 4日 (火)

バッハ一族とその音楽(最終回)

spade第13回 バッハ演奏の歴史と未来 今日のバッハ2
(ラジオ第二「カルチャーラジオ」3月29日放送)
お話:鍵盤楽器奏者・武久源造

バッハの演奏法の変遷
→戦争を経た60年代、二派に分かれる
・伝統派:四分音符があれば楽譜どおりに長くのばして堂々と演奏する
・反体制派(古楽派):古楽器を使い、四分音符は短く切ってノリよく演奏する

この二派がどんどん多様化していく70,80年代
・スウィングシンガーズ 歌いまくるバッハ「ダバダバダバ…♪」
・ジャズ風のバッハ。琴や尺八も入るバッハ
・電子音を使う等、さまざまな換骨奪胎のバッハが生まれた
現代
・ピリオド演奏。古楽器(ex.ジルバーマンピアノ)でバッハの時代になりきろう
・バッハをモダンピアノで弾く派(グレングールド、アンドラーシュ・シフ、……)
60年代のような反目しあう二派ではなく、協力してみんなで研究しようという態度
古楽器の魅力はモダン楽器にない音色
→古楽に限る必要はない。さまざまな音楽、即興演奏をやってみればいい。
その時代を生きている人々の要求を満たす音楽
国境がなくなってきた今日の文明が求めるもの
バッハの音楽はどんなふうに壊してみても、やはりバッハ。未来的な作曲家。
ボイジャーにもバッハの平均律(適正律)のレコードを積載。宇宙人に聞かせたい。
「バッハ一族とその音楽」過去の放送 →ストリーミング  

« ライブハウス初体験 | トップページ | 長谷川陽子ソロチェロ(G-call-Vol.2) »

カルチャーラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ライブハウス初体験 | トップページ | 長谷川陽子ソロチェロ(G-call-Vol.2) »