無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 在来線でGO | トップページ | お昼のピアノコンサート:田中梨央 »

2017年3月21日 (火)

萩原家住宅&ミニコンサート

昨日、世田谷区の登録有形文化財の住宅見学に行ってきました。
一般公開されるのは初めてとのこと。

設計者の方のお孫さんから、建築学上の着目点などについて
興味深いご説明を受けながら、1時間弱にわたり
中庭、玄関、書斎、増築された2階部分、
居間、台所、子ども部屋、寝室、
そして、増築された音楽室を見学。

プレーリー様式……和訳すると草原様式?というのは、
広々とした空間に立つ建築で、横のラインを強調した様式とのこと。
今は住宅地となっている世田谷が、
1924年(大正13)当時には近くに家の少ない地域であった
ということがしのばれました。

また、洋と和の融合として、
ステンドグラスの代わりに、意匠を凝らした木枠にガラスをはめる工夫や、
低い天井と高い天井の使い分け(部屋ごと、一つの部屋のコーナーごと)、
白い漆喰の採用、天井の四隅の扱いの工夫などが用いられたことに
なるほど~と納得しました。

(見逃してしまいましたが、TV番組「百年名家」で放映されたそうで、
この番組サイトで、三部屋の360度ビューが見られます。)
今回はこの三連休の間限定の公開でしたが、
今後も公開の予定はあるようです。→Atelier HAGEWARA

見学会のラストを飾るのは、音楽室でのミニ・コンサート。
チャイコフスキー国際コンクールのテレビ番組や、
浜松国際ピアノコンクールのネット中継でお見掛けしたことのある
犬飼新之助さんのピアノと、
東京芸大の学生さんで現在ドイツ留学中という
大杉花奈さんのヴァイオリン。

素敵な空間で間近に聴く、まさにアットホームな上質のアンサンブルに
至福のひとときでした。

【プログラム】

(ヴァイオリン&ピアノ)
サラサーテ: カルメン幻想曲より抜粋

(ピアノソロ)
カプースチン: 練習曲 
ガーシュウィン(アール・ワイルド編曲): 
 エンブレイスブル・ユー(ミュージカル「ガール・クレイジー」より)

20170320_064258602_ios  20170320_064900097_ios 20170320_071310964_ios 20170320_065949742_ios 20170320_065839362_ios

« 在来線でGO | トップページ | お昼のピアノコンサート:田中梨央 »

旅行・地域」カテゴリの記事

音楽(レビュー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 在来線でGO | トップページ | お昼のピアノコンサート:田中梨央 »