無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 家具転倒対策 | トップページ | Joy of Chamber Music Series vol.10 (2) »

2017年3月16日 (木)

Joy of Chamber Music Series vol.10 (1)

pianist・program directer 田崎悦子
Joy of Chamber Music Series vol.10
2台ピアノ&ピアノ連弾

第一日目
室内楽公開講座・リハーサル

日時)2017年3月16日(木)10:30~12:30

場所)カワイ表参道 コンサートサロン パウゼ

出演) ピアノデュオ ドゥオール(藤井隆史&白水芳枝)
     田崎悦子

曲目)
ドビュッシー 牧神の午後への前奏曲 (2台ピアノ)
           第1ピアノ:藤井隆史  第2ピアノ:白水芳枝

リスト  交響詩第3番「前奏曲」          (2台ピアノ)
           第1ピアノ:田崎悦子  第2ピアノ:白水芳枝

シューベルト  人生の嵐 イ短調 D947  Op.144  (連弾)
           プリモ:田崎悦子   セコンド:藤井隆史

*******************

ドビュッシーは、デュオで活躍中のお二人の十八番の曲。
とても美しい響きでした。
開場と同時に会場へはいったところ、
白水さんが、ご担当ではない第1ピアノの音色を念入りにチェックされていて
なるほど、こうやって準備されるんだなあ、と感銘を受けた次第。

一曲目の演奏終了後、
2台ピアノの位置について協議がなされ、
このホールは小さいから……と、ピアノの位置を近づけられました。
「これでパートナーの音がはっきり聴こえるようになった」とのこと。

続いて、田崎先生を交えての演奏に。
田崎先生、
ピアノのデュオをきちんと人前で弾かれるのは人生初とのこと。
とてもそうは見えませんでしたが。。。

どんなところを「合わせ」られるのかなあ、と私としては興味津々。
結局、ソロ演奏と同様で、
「こういう音楽を奏でたい」
「こういう音が欲しい」
と、はっきりしたイメージを持って曲に向かっていればこその
「合わせ」であることが納得されました。

「そこは、もっと音量豊かに、ファーストをサポートしてほしい」
「ここは、ちょっと何か語りたいから、間がほしい」
「セカンドのクレッシェンドは、ファーストについていく感じで。
セカンドの方が先走ったら、おかしい」
「そこのセカンドは、もわっという感じじゃなくて、もう少しクリアに。
音量を出す、というのではなく。アーティキュレーションかな。」

こういった言葉で、はっきりと音楽が変わっていくことがわかりました。
さすがです。

また、説明の中に
「展開部」「再現部」
「構成要素」(スケール&「タッタータ」)
といった言葉が出て来て、
ここで落ち着きたい、テンポを変えたい、といった話をなさっていましたが、
これまた、なるほど!でした。

意見が分かれるときは
「おもしろい?」「つまらない?」
がキーワードだったような。

決して一人が主張して押し付けるのではなく、
いっしょに確認をとりあい、納得しながら…
という様子がダイレクトに伝わってきました。
               
明日は、3人のヤング・アーティストの方々も加わっての
ゲネプロ&コンサート。
楽しみです。

« 家具転倒対策 | トップページ | Joy of Chamber Music Series vol.10 (2) »

音楽(個人の記録)」カテゴリの記事

音楽(コンサート情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 家具転倒対策 | トップページ | Joy of Chamber Music Series vol.10 (2) »