無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« これぞ暁斎! | トップページ | 銀座の夜桜? »

2017年3月28日 (火)

バッハ一族とその音楽 第12回

spade第12回 近現代の作曲家 今日のバッハ1
(3月22日放送)

モダンピアノが完成したのは1850年ごろ(ショパン1849年没)。
ただし、普及するまでタイムラグがあるので、
実際に演奏されるようになったのは、1900年前後から。

ショパンやリストは、今でいうアンティークピアノの最盛期に活動。
20世紀に入り、ラフマニノフ(1873年生まれ)、スクリャービン、
フォーレ、ドビュッシー、ラヴェル(1875年生まれ)等が、
モダンピアノの能力を引き出した。
こうした作曲家たちが皆バッハを弾いていたことに注目したい。

1920年代 第一次大戦後、「古典へ帰ろう!」古典回帰運動

・パッハマン(1848年生まれ)の演奏(1920年代の録音)
バッハ「イタリア協奏曲」
 テンポ自由自在、自分の強調したい音を打ち出す
ショパン エチュード
 ショパンの左手を現代風にアレンジしたと宣言して演奏

・ローゼンタール(1930年の録音)
ショパンのマズルカ=ロマンティック。主観的でこってりしている。

・ホロヴィッツ(1935年の録音)
ショパンのエチュード=端正。楽譜に忠実でクール。
バッハの曲=同上→当時の日本の評論家は「音楽ですらない」と酷評

・アントン ウェーベルン(シェーンベルクの弟子)
一つの旋律をどんどん楽器を変えて演奏していく(1935年の録音)
音楽を小さい単位に分けていくという考え方=科学的アプローチ

・ドルメッチ(1858年生まれ) クラヴィコードで平均律を全曲録音
古楽の楽器で演奏しようという発想

・ランドフスカ(1879年生まれ)の録音・録画
ハイフィンガー奏法 テンポが揺れない


<まとめ>
ショパンやリストの時代には譜面通りに弾くなんて考えらず、
自由にアレンジするのが当たり前だったが、
第一次世界大戦で傷ついた1930年代には、
未来を切り開いていくような、メカニカルでクールな演奏が好まれた。

« これぞ暁斎! | トップページ | 銀座の夜桜? »

カルチャーラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« これぞ暁斎! | トップページ | 銀座の夜桜? »