無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« プリンタ4代目 | トップページ | 『ショパンの音楽記号 その意味と解釈』 »

2016年10月31日 (月)

『ピアノ奏法20のポイント―振り付けによるレッスン 』

20161031book セイモア・バーンスタイン著 大木裕子 久野理恵子訳
ピアノ奏法20のポイント―振り付けによるレッスン』
音楽之友社  2003年
            

【第1部】ピアノのメカニズム

【第2部】人体のメカニズム
 [第1章]ノン・レガート(次の音まで響きを繋げない奏法)
 概論
 (Lesson1)座る高さを見つける
   …
 (Lesson15)前腕を使う打鍵
 (Lesson16)指によるスタッカート
 (Lesson17)連続的な上腕の前後運動(キーに指が降れている状態で)
 (Lesson18)5の指の構え方

 [第2章]レガート(次の音まで響きを繋げる奏法)
 (Lesson 19)前腕のローテーション(左右への回転)
 (Lesson 20)縦、横、ローテーション(左右への回転)、それぞれの動きの組み合わせ
   …

といった構成で、たくさんの白黒写真つきで説明文が並ぶのですが、
正直、その説明をきちんと理解、咀嚼するだけの
時間的余裕も、心のゆとりも、集中力もなく……あきらめてしまいましたsweat01

ただ、次のような言葉が大変印象に残りました。(下線はPIOによる)

(序文)

しっかりとした技術そのものが、あなたの自動操縦の源となり、安心かつ予想可能な安定飛行ならぬ安定演奏へと導いてくれる

振り付けによる特定の動きを繰り返し練習することこそが、音の高さや楽理的要素を含めた暗譜を、よりしっかりとしたものにするうえでとても重要なこと

(lesson3 上体の姿勢と筋肉の態勢)

(1)ピアノに向かっているときでも、離れているときでも正しく呼吸するようにする。
(2)ポプラの木のように背筋をまっすぐピンと伸ばして座る。このとき頭はまっすぐに立てて、顎の力を抜くこと。
(3)肩の力を抜くこと。このことはピアノから離れているときも心がけて。
正しい呼吸と良い姿勢を保つ習慣を身につければ、あなたの体全体をまるで音楽が通り抜けていくような感覚を味わうことができるだろう



« プリンタ4代目 | トップページ | 『ショパンの音楽記号 その意味と解釈』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プリンタ4代目 | トップページ | 『ショパンの音楽記号 その意味と解釈』 »