無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 怒涛の三日間 | トップページ | 『六の宮の姫君』 »

2016年6月28日 (火)

『太宰治の辞書』

0628dazai 北村薫 『太宰治の辞書』 新潮社 2015

太宰治についての参考資料を探す過程で、
たまたま出会った本です。
北村薫の「円紫さんシリーズ」最新作、というキャッチコピーに、
そんなシリーズあったっけ?
と思った私。
あったのでした。
『六の宮の姫君』とか、かつて(ものすごく、かつて)面白く読んだ記憶が。
でも、このことに思い至ったのは、本作読了後のこと。読み始めは、
「あれ?これは小説じゃなくって、随筆?」
とも思い、
でも、北村薫は男性なのに、この「私」は女性だから、違うよね。。。
と、変なところでもたついた私です。

「花火」「女生徒」「太宰治の辞書」の短編3作を収録。

芥川の短編「花火」の謎…というか後人の誤解や芥川本人の矜持を描く作、
太宰の短編「女生徒」を、その元本「有明淑の日記」を比較する作、
「女生徒」の中の「ロココ」の語義説明はリアルか否かを追う作。

それぞれに、文学をちゃんと読もうとすると、こういう調査が必要なんだ、
という基本を思い出させられるような内容でした。
かつて読んだ作も、また読み返してみようかな。

« 怒涛の三日間 | トップページ | 『六の宮の姫君』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 怒涛の三日間 | トップページ | 『六の宮の姫君』 »