無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 東京交響楽団名曲全集 第115回 | トップページ | 新たなる相談@NPO法人 »

2016年3月14日 (月)

浜松5 最後の〆は…

浜松観光として、砂丘に湖を満喫し、
何よりも、ピアノアカデミーでどっぷり音楽に浸かって、
充実の1日半を過ごした私たち。

最後の時間をゆっくり過ごそうと、駅近くの居酒屋へGO。
妹と二人でビールで乾杯などしていると、
お隣のBOX席に、どっかりとお一人で腰を下ろした大きな方が…。
sign03
ピアノアカデミー講師陣のお一人、
ノルウェーからいらしている、…えっと
アイナル・ステーン=ノックレベルグ先生ではありませんかっ!

先生、お店の方に「English, Okay?」と尋ねて拒絶され、
メニューの写真を次々と指差し、「And Miso Soup!」とご注文。
その後も、店員が通りかかるたびに「Soup!」「Miso Soup!」と連呼。

おお。確かに西洋では、スープは食事の最初に飲みますものね。
まずスープのご気分なのでしょうね。

一日6時間もお教えになった後ですから、それはお疲れでしょう。
お一人になりたくて、単独行動されているのでしょう。
これは、そっとしてさしあげるのが一番よね、きっと。

そう思っていたのですが…
どうやら先生、お飲み物が注文できずにお困りのご様子。
向かいの若者グループが注文したチューハイを見て、
「Excuse me,  What's that?」
と話しかけるも、若者達うろたえるばかり…。
見かねて我々から先生にお声をかけました。。。

要するに、ノンアルコールの飲み物をご注文されたいとのこと。
無事、グレープフルーツジュースを注文してさしあげ、一件落着。
これを機に、なんだか「意気投合」ムードに。happy01
先生、30年間、ドイツのハノーファーで教鞭をとられ、
今は年金生活となって故郷のノルウェーに戻られたのだそうです。

bud 私が現役の頃は、アジアからの留学生といえば日本人だったが、
今は韓国、中国が増えて、ショパコンも韓国がとったねえ。
今度ノルウェーの音楽祭に彼を招いているんだよ。
ショパコン優勝者だと、普段なかなか埋まらないホールがいっぱいになるよ。

bud 日本は、武満徹がいるように、音楽家の層において
他のアジア諸国とはちょっと違う。日本のことは尊敬しているよ。

bud 音楽は国境を超えるというけれど、最近の世界は大変だ。
特にシリアからは、ノルウェーにも大勢やってきている。
最初、数百人のときは国民みなで歓迎したけれども、
3万人となると、ノルウェーのような小国には、厳しい。とても難しい。


結局、新幹線ギリギリの時間まで、和気藹藹とお話しさせていただいて
最後に先生と握手をかわして、浜松を後にした私たち。。。
最後の最後まで、たいへん思い出深い時間が過ごせました。

おまけ画像…音楽の街、浜松の思い出に。
ホテルの中は音符や楽譜、楽器のオブジェがいっぱい、
浜名湖行きのバスは途中から我等二人の貸し切り状態、だったのでした♪

20160312_075015387_ios20160312_070655536_ios20160312_114645658x_ios_2 20160311_232733233_ios_320160312_070655536_ios_2

« 東京交響楽団名曲全集 第115回 | トップページ | 新たなる相談@NPO法人 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

なんとすばらしい時間!
先生もお疲れのうえ、お困りのところ、通訳があらわれ、ほっとされたのでは?
よかった、よかった!
アカデミーやってるんだから、英語がんばってよ~といいたいところですが、
居酒屋だとそんなもんですよね。
私も先日岩国行ったとき、ガイジンさんがなんだかババーッと話しかけてきましたけど、「???・・」で申し訳なくも、スルーでした(汗)。

いぞるで様

ほんと、すばらしいひと時でした。

それにしても、ノックレベルグ先生、パンフレットのお写真(おそらくドイツ時代のものかと…)とは、かな~り外見が変化されているので、
前日にホールで中村紘子先生とご一緒のところを拝見していなかったら、私たちもご本人と気づかなかったかも~。(゚ー゚;

先生とお話しして、私たちって北欧の事はよく知らないんだな~と思ったのでしたが、
先生の方からは
「Koreaからの若手のうち、North Koreaはどのぐらいいるのかな?」
という質問が飛び出して、びっくり。
ええと、あの、全員South Koreaです…
North Koreaの若者は、音楽を勉強する環境にないと思います…
とご返事したのですが、
確かに、国際コンクールのコンテスタントの国籍表記は"Korea"だけですものね。
サッカーなどを見れば、北も南も同じように活躍してますし、
北欧から見ると、North Korea と South Koreaの差って、よくわからないのかも。

ほんと、普段は気づかない側面に気づかされます。
そうそう、笑い話になりますが、
ノックレベルグ先生、なんと枝豆をお箸で食べようと四苦八苦されてたんですよ~。
「枝豆の正しい食べ方」をお教えすることがあろうとは、思いませんでした。o(*^▽^*)o

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京交響楽団名曲全集 第115回 | トップページ | 新たなる相談@NPO法人 »