無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 二人リハーサル | トップページ | 第5回 中国音楽愛好者の集い »

2015年10月25日 (日)

クーベリック・トリオ

ひまわりの郷

コンサートシリーズ2015秋
クーベリック・トリオ
KUBELIK TRIO

ヴァイオリン:石川静 チェロ:カレル・フィアラ ピアノ:クヴィータ・ビリンスカ
2015年10月25日(日)14:00開演 15:50終演

@横浜市港南区民文化センター「ひまわりの郷」ホール

<プログラム>

ベートーヴェン ピアノ三重奏曲 第7番 変ロ長調 Op.97「大公」

ドヴォルザーク ピアノ三重奏曲 第1番 変ロ長調 Op.21

アンコール
メンデルスゾーン ピアノ三重奏曲 第1番 ニ短調 Op.49より 
           第2楽章

**************

共にプラハ芸術アカデミーで学んだ仲間である3人
というだけあって、
ドヴォルザークが実に生き生きとしていて、よかったです。
3楽章のボヘミア風ポルカのスケルツォ、とっても小粋でした。

また、アンコールのメンデルスゾーンも
歌心にあふれた、息もぴったりの演奏で、
とても素敵なコンサートの幕切れとなりました。
アンコールって、こうじゃなくっちゃなあ、と思いました。
ヴァイオリンからチェロへのスケールの受け渡し、
実に自然で、まさに一つの楽器に聞こえて仰天しました。

そして、「ピアノトリオ」というだけあって、
ピアノの役割が大きいなあ…と改めて実感。
クヴィータさん、さすがの演奏でした。

プロデューサーの方の解説文によると、
ピアノ・トリオというのは、日本では最もチケットの売りにくい分野なのだとか。
オーケストラやクァルテットとは対照的なのだそうです。
なるほど~。
ということは、貴重な機会だったのですね、本日。
納得、満足の午後でした。

« 二人リハーサル | トップページ | 第5回 中国音楽愛好者の集い »

音楽(レビュー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 二人リハーサル | トップページ | 第5回 中国音楽愛好者の集い »