無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 寒い! | トップページ | ウイルス性胃腸炎 »

2015年4月11日 (土)

ピアノ選び・完結

新しく我が家に招き入れるピアノ、決定いたしました。
ここに至るまでの道のり、備忘録として書いておきます。

1月 妹に誘われて、ピアノ・フェアなるものに足を運ぶ。
 ヤマハ、カワイ以外にもいろいろなメーカーがあることを知り、
 音質の差にも、改めてびっくり。興味を惹かれる。
 (この時点では、自分が買い替える気は全くなく傍観者目線)

2月 装着して13年目となるピアノ消音装置に不具合が出始める。
 (ヘッドホンで電子音演奏の折、一定の音が突如巨大音に)
 ただ、ごく稀な現象のため、しばらく様子を見ることに。

3月 3人家族全員が、平日昼間ほぼ在宅という生活リズムになり、
 テレビの隣にピアノ…というレイアウトは家族紛争の元と気づく。
 (テレビを見たい男性陣 vs  ピアノを弾きたい私)

いろいろな状況をかんがみて、
「ピアノ置き場を変更しよう!この際ピアノも買い換えよう!」と決意。

第1段階  この際グランドピアノも考えるぞ!と、1月のフェアで心惹かれたメーカーを調べるなど、ネットを駆使して情報収集。
この時点ではグランドピアノを買う気満々。消音装置の機能アップに期待して、グランドピアノ消音装置つきが第一候補に

第2段階 ショー・ルームへ出向き、グランドピアノの消音装置つき&なしを試し弾きしてみて、音質とタッチ感の差の現実を知る。
どんなピアノを買うにしても、消音装置はつけないことを決意

第3段階 グランドピアノを生音で弾くには、①防音工事をする、②ピアノにウレタンマットやマスク装置などを外から装着する、といった対策が必要なことを知る。
①②の環境で、ピアノの音が楽しめるのか?という本質的な疑問がわく

第4段階 自宅の見取り図を作り、ピアノの配置をあれこれ模索。
無理をすればグランドピアノを置けないこともないが…といったところ) 

第5段階 「自分はピアノに何を求めているのか」をまじめに追究。
大きなホールで大音量で演奏するための練習は、自分には必要ない。
人前で演奏するとしても、私の場合の会場は小さなサロン。
グランドピアノの優位性が「連打性」「音の迫力」なら、それは重要ではない。
今の私は、ピアノの音の響き、音質の多様性を楽しみたい。
結論:今の環境で音の響きが楽しめるような、アップライトを買おう!

第6段階 楽器メーカー&楽器店のショー・ルームに出向き、あれこれ試し弾きしては、店の人の話を聞く。気になるピアノについては複数回出向いて弾かせてもらう。
その結果、購入ピアノ決定。

********************

以上の6段階にわたる変遷、たかだか3週間の間のこと。
はい、わたくし、せっかちなんです。(゚ー゚;
考えてみれば、実家からアップライトピアノを運んでくるまでの十数年、
電子ピアノで練習していた私。
当初は、消音装置がピアノに与える影響なんて考えもしなかったのでした。
ここ数年で、ピアノに対する意識が変わったかなあ。。。

今回、買い換え決意からピアノ決定に至るまでのターニングポイント毎に、
この世の中、御縁とタイミングだなあ……と思ったことでございました。
あ、実際にピアノくんがやってくるのは、今月下旬の予定です。

振り返れば、今のピアノくんとのおつきあいは40年以上。
(手元になかった間も実家に置いてあって、たまに触っていました)
最近は、生音で弾いてもうまく響いてくれない鍵盤が増えていましたが、
本当によく頑張ってくれました。感謝!

« 寒い! | トップページ | ウイルス性胃腸炎 »

音楽(個人の記録)」カテゴリの記事

コメント

内緒でどのピアノにしたか教えて欲しいなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寒い! | トップページ | ウイルス性胃腸炎 »