無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月28日 (火)

子どもの日を前に

今年も出しました。兜。

ピアノの位置移動に合わせ、 うちの中を大模様替えした結果、
兜の鎮座すべき場所も移動することに。
出窓ではなく、窓の前のラック上です。

20150428__2 ということで…
おい、のほほん息子!
そろそろ目覚めてくださいよ!


2015年4月26日 (日)

ショパコン2015本選・国別集計

昨日、ショパンコンクール予備予選通過者の発表がありました。
合計84名、通過です。
ちょっと気になって、エクセル駆使して国別人数を出してみました。

  1. ポーランド   15名
  2. 中国 14名
  3. 日本 12名
  4. 韓国 9名
  5. ロシア 7名
  6. 米国 5名
  7. カナダ、英国、イタリア 3名
  8. チェコ、ベラルーシ 2名
  9. フランス、ギリシャ、ウクライナ、ラトビア、ルーマニア、ウズベキスタン、クロアチア、インドネシア   1名
エクセル手入力で集計しただけなので、誤りがあるかもしれず。
…いや、あるに違いないのですが、ま、傾向はわかるかな、
ということで、お許しください。
こう見ると、国別人数にも配慮して
選考しているのかな~という気がしないでもなく。。。
インドネシア、というのにびっくりしました(演奏聴いてません…)が、
12歳でピアノを始め、フランスで研鑽を積んでいる27歳男性。
すでに演奏活動をしている方のようです。

わたくし、体調を崩したり、仕事がアップアップだったりして、
実際に演奏が聴けたのは、十数名かなあ…といったところ。
そのなかで印象に残ったのが、
ダン タイ ソンの弟子だという、カナダの16歳男子、ヤン君。
なに?このスケール感たっぷりの柔軟な演奏はっ!とびっくり仰天。
聞き流せなくなって、よく見たら少年で、さらに驚愕いたしました。
あとは、あら、かわいいお嬢さんが見事な演奏を…と思ったのが
チェコの女の子。
プロフィールに1999年8月生まれとあって、これまたびっくり。
現在15歳ってことですよね。なんとまあ。

気になって聴いたのが、すでに名を成しているともいえる
小林愛美さんと、チョソンジンくん。
二人とも、さすがの安定感、存在感でありました。
ソンジン君が94年5月、愛美さんが95年9月生まれとのことで、
同世代なのですね。
「少年だ」「少女だ」と思っていたお二人が…となんだか感慨です。

あ、日本では通過者全員が女性だとか。
これも驚きでした。

さて、10月の本選が楽しみです。

2015年4月23日 (木)

ようこそ!

20150423_035610042_iosやってきました。
招き入れました。
今日からの相棒くんです。
消音装置なしの生音で楽しむべく、
定位置は個室。
新たなピアノとの日々が始まります。

新顔くんの運び入れ、旧相棒くんの運び出し、
あわせて30分でさくさくと終了。
ピアノ運送業者さんのプロの技に脱帽でございました。
新顔君は、裏側も若々しい限り。木の香りが匂いたつようです。

40年以上お世話になった旧相棒くんとのお別れに、ちょっとしんみり。

20150423_002207824_ios_2

20150423_002303515_ios

20150423_003534857_ios_2

2015年4月19日 (日)

ショパコン予備予選

ショパンコンクール・イヤーの今年。
本選は10月になりますが、予備予選が始まっています。
4月13日~24日の間に本選進出者を絞り込むとのこと。

158名の演奏がネットで聴けるって、すごいです。
スケジュール
演奏ライブ配信はYouTubeにアーカイブされます。例えば、
動画は続々とアップされていますよ。
アーカイブではなく、LIVEで見ると、
画面右側にコメントが流れていくのにビックリ!
視聴者がログインして、対話していくのです。

いい演奏だと、「bravo!」、
間違えたりすると、「oops!」「ups!」「lol!」。
(lolって、laughing out loud の意味だとググッて知りました)

「あ、1ページ飛ばした」
「あーあ」
「もう難しいな」
「次の曲の入りを焦らなかったのはいい兆候」
「この出だしは好きじゃない」
「いや、なかなかいい入りだと思う」


のような感じです。
退屈な演奏だったりすると、雑談に走ったりもしていて、
(楽器のよしあし、大家ピアニストの好み、ほかの出場者情報……)
なかなかダイレクトな反応です。

また、ショパコン事務局もログインしていて、
「Keep English Please」なんて指示を出したり、
不適切なコメントを削除したりしているようです。
主催者側からいろいろ問いかけたりもしています。

私も、また時間を見つけて聴いてみようと思います。
日本とポーランドの時差は7時間。
開演時間が17時とあれば、日本時間24時開始です。

2015年4月18日 (土)

回復宣言&黒糖蒸しパン

いやはや、疾風怒濤の1週間をなんとか切り抜けました。
高熱&胃痛から始まった今週、

週末に至ったいま、
「回復しました!」と宣言できそう。
昨日あたりから、「おなかすいた」感覚も戻ってきました。

今朝は、なんか、もちもちしたものが食べたいなあ~という気になり、
久々に新しいレシピを試してみました。

黒糖蒸しパン(参考レシピはこちら→「みんなの今日の料理」

小さい型に紙を敷いて分け入れるのが面倒で、
テフロン製ケーキ型に入れ、フライパンで20分蒸したら結果オーライ。
楽ちんにできあがりました。

参考レシピの1.5倍程度の量で、黒糖少な目、レーズン入り。
ほっこり、もちもち、なかなかよい週末のスタートです。

20150417_215308299_ios  20150417_223751692_ios

2015年4月14日 (火)

ウイルス性胃腸炎

何年かぶりに、すっかり体調を崩してふせっておりました。
懸念していた、あれです。

impact ウイルス性胃腸炎 impact
息子、夫とたてつづけに罹患したので(→)、
次は私か?…などと言いつつ、日は経過。
もう大丈夫だろう、と思った矢先でございました。
しかし、同一ウイルスの仕業と思われるのに、
症状は三者三様。
  • 息子  いわゆる「上からも下からも」状態で、脱水症状に。同時に高熱も発し、二日連続で点滴を受ける。しかし、その後はみるみる回復。
  •    「下から」オンリー。熱は出ず。一日ほどで回復。「ウイルスの活性度は低くなったんじゃないか?」との弁。
  •    突如高熱を発する。吐き気、胃痛、頭痛、関節痛、高熱に苦しむ。「このウイルス、手ごわいよ!」
この差、体質の差によるものなのでしょうか?
不思議です。

それにしても、昨日の昼には39度近い熱があったというのに、
今日は朝から仕事をこなして帰宅した私、
我ながらあっぱれ!

2015年4月11日 (土)

ピアノ選び・完結

新しく我が家に招き入れるピアノ、決定いたしました。
ここに至るまでの道のり、備忘録として書いておきます。

1月 妹に誘われて、ピアノ・フェアなるものに足を運ぶ。
 ヤマハ、カワイ以外にもいろいろなメーカーがあることを知り、
 音質の差にも、改めてびっくり。興味を惹かれる。
 (この時点では、自分が買い替える気は全くなく傍観者目線)

2月 装着して13年目となるピアノ消音装置に不具合が出始める。
 (ヘッドホンで電子音演奏の折、一定の音が突如巨大音に)
 ただ、ごく稀な現象のため、しばらく様子を見ることに。

3月 3人家族全員が、平日昼間ほぼ在宅という生活リズムになり、
 テレビの隣にピアノ…というレイアウトは家族紛争の元と気づく。
 (テレビを見たい男性陣 vs  ピアノを弾きたい私)

いろいろな状況をかんがみて、
「ピアノ置き場を変更しよう!この際ピアノも買い換えよう!」と決意。

第1段階  この際グランドピアノも考えるぞ!と、1月のフェアで心惹かれたメーカーを調べるなど、ネットを駆使して情報収集。
この時点ではグランドピアノを買う気満々。消音装置の機能アップに期待して、グランドピアノ消音装置つきが第一候補に

第2段階 ショー・ルームへ出向き、グランドピアノの消音装置つき&なしを試し弾きしてみて、音質とタッチ感の差の現実を知る。
どんなピアノを買うにしても、消音装置はつけないことを決意

第3段階 グランドピアノを生音で弾くには、①防音工事をする、②ピアノにウレタンマットやマスク装置などを外から装着する、といった対策が必要なことを知る。
①②の環境で、ピアノの音が楽しめるのか?という本質的な疑問がわく

第4段階 自宅の見取り図を作り、ピアノの配置をあれこれ模索。
無理をすればグランドピアノを置けないこともないが…といったところ) 

第5段階 「自分はピアノに何を求めているのか」をまじめに追究。
大きなホールで大音量で演奏するための練習は、自分には必要ない。
人前で演奏するとしても、私の場合の会場は小さなサロン。
グランドピアノの優位性が「連打性」「音の迫力」なら、それは重要ではない。
今の私は、ピアノの音の響き、音質の多様性を楽しみたい。
結論:今の環境で音の響きが楽しめるような、アップライトを買おう!

第6段階 楽器メーカー&楽器店のショー・ルームに出向き、あれこれ試し弾きしては、店の人の話を聞く。気になるピアノについては複数回出向いて弾かせてもらう。
その結果、購入ピアノ決定。

********************

以上の6段階にわたる変遷、たかだか3週間の間のこと。
はい、わたくし、せっかちなんです。(゚ー゚;
考えてみれば、実家からアップライトピアノを運んでくるまでの十数年、
電子ピアノで練習していた私。
当初は、消音装置がピアノに与える影響なんて考えもしなかったのでした。
ここ数年で、ピアノに対する意識が変わったかなあ。。。

今回、買い換え決意からピアノ決定に至るまでのターニングポイント毎に、
この世の中、御縁とタイミングだなあ……と思ったことでございました。
あ、実際にピアノくんがやってくるのは、今月下旬の予定です。

振り返れば、今のピアノくんとのおつきあいは40年以上。
(手元になかった間も実家に置いてあって、たまに触っていました)
最近は、生音で弾いてもうまく響いてくれない鍵盤が増えていましたが、
本当によく頑張ってくれました。感謝!

2015年4月 9日 (木)

寒い!

昨日、今日と、この寒さは何なのでしょうか。
昨日は冷たい雨がそぼ降る中、勤務先2か所掛け持ち。

移動中は、凍え、震えあがっておりました。
朝はといえば、上京したてでラッシュに慣れない若者が多いためか、
電車が遅れること、遅れること、まあ大変な遅延となり、焦りまくりました。
で、今日。
日差しがある分、昨日よりまし…と思ったのは通勤途中のこと。
勤務先に着いてみると、
「4月になったら、一切暖房は使いません!経費節減!」
とのことで、またもや震えあがりました。
それでも元気な私。
でも、うちの中では、息子がウイルス性胃腸炎でまず寝込み、
次に夫がそれをもらって、本日うなっております。
次は私…なんてことになりませんように。。。

大丈夫sign01なんとかは風邪ひかないsign03

2015年4月 6日 (月)

朝もやの中の桜

朝もやの中の桜
新年度開始の初日、
桜の巨木が、幻想的なたたずまいで出迎えてくれました。

2015年4月 5日 (日)

ハッピー イースター

いよいよ明日から新年度のお仕事が本格的に始まります。
そんな特別感漂う日曜日、今日はイースター。
お友達から、素敵なプレゼントをもらいましたよ。

目にも可愛らしく、食べて美味しい、特別なお菓子です❤

イースターエッグ ピスタチオフレーズ





イースターパレ うさぎ





実は私、自分で撮った写真を誤って削除してしまい、
上の画像は友人に頼んで送ってもらったもの。
友情に感謝、感激heart02heart02

2015年4月 2日 (木)

ご近所の桜並木2015

今年は、アッという間に満開となったためか、
例年にも増して一斉に「たわわに」花開いている印象です。
午後3時ごろのゆるゆるご近所散策、楽しみました。
いよいよ新年度も始動です。












« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »