無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 節目の一日 | トップページ | 新プロジェクト始動 »

2014年3月 2日 (日)

『ブルクミュラー25の不思議』

飯田有紗・前島美保
ブルクミュラー25の不思議-なぜこんなにも愛されるのか-』
音楽之友社2014


「ブルクミュラー25の練習曲」といえば、
赤バイエル、黄バイエルが終わって手にする曲集。

この曲集に収められた「貴婦人の乗馬」等を
同じピアノ教室に通う先輩が弾いているのを聴いて、
ああ、私も早くあんなかっこいい曲が弾けるようになりたいと思う
……こういう体験を持つ人は多いのでは……

でも、そもそも
この曲集って、どんな経緯で生まれたの?
ブルクミュラーって、どんな人?
どんな経緯で日本に入り、ここまで浸透したの?

という素朴な疑問から出発した調査結果を
次のような区切りでまとめた本です。

◆「ブルクミュラー」=「25の練習曲」?
「18の練習曲」「12の練習曲」もあるけど?

◆ブルクミュラーってどんな人?

◆ブルクミュラーの日本伝来はいつ?
日本のピアノ教材出版史でどう位置づけられる?

◆最近のブルクミュラー受容の特徴って?

***********

実は私も冒頭の記憶を持つ一人であり、
割と最近、
連弾に編曲された
ブルクミュラーの曲(ジャズ風)
というのを弾いた経験さえある者です。^^;

というわけで、共感すること、ほおおと感心すること多々で
読み終えた次第です。

曲名の翻訳にもいろいろあるとか、
一時期、ブルクミュラー兄弟の情報が錯綜して解説されたとか、
音楽雑誌のブルクミュラー特集を見ると、
指の形、指の動きについて「……すべき」と指導する形から
音の響きをよく聞くように「…しましょう」と促す形に変わっている
とか。

今こうして書いていても、私はつい
ブル「グ」ミュラー、と濁点つきでタイプしそうになるのですが、
これも含めて、自分が昭和のピアノ教育で育った者であることを
改めて実感いたしました。

« 節目の一日 | トップページ | 新プロジェクト始動 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽(個人の記録)」カテゴリの記事

コメント

ブルクミュラー25! 弾いたね。ほとんど暗譜してたかも。
娘がピアノをはじたときCDまで買ってしまった…。
でも今の子はブルクミュラー25を弾かないのよね。
ピアノレッスンにつきあって、ちょっとびっくりでした。
私もその本、読んでみたいです。なぞ解明できますか。
練習曲とは思えないくらい、素敵なメロディだと思うんだけどなぁ。

コミクッチさん

ほほう。我々はブルクミュラー体験も共有する仲だったのねっ。
「練習曲とは思えないくらい、素敵なメロディ」に大賛成!
この本の著者二人も、エアギターならぬエアピアノで25曲演奏できちゃって、お互いにびっくりしたんですって。

はい。なぞは解明できますよ。
どこまで明らかで、どこからが未確認かって、はっきり説明されてます。
ブルクミュラーを使うピアノの先生、今でも多いらしいですよ。

大樹ウォッチャーのコミさん、調査に大江戸線も使うかな?
大江戸線の六本木・光が丘方面意気ホームドアの開閉に、ブルクミュラーの「素直」が使われてるんだとか。
機会があったら確かめてみてね~。

こんばんは!
ブルグミュラーでしたね。練習嫌いの私はなかなか進歩がなく1曲あげるのに、何回かかったことか。大人になって、知り合いの発表会で子どもが弾いているのを聞いて、いい曲だなぁと感じたのを思い出しました。
この本を読んでみたくなりました。ありがとうございます(o^-^o)

はる0326様

お初のコメント、ありがとうございます。(*^^*)
はい、是非読んでみてくださいね~。

ブルクミュラー、いい曲ですよね~。
子どもが可愛く弾いているのもいいけれど、
いつか、自信を持って大人のブルクミュラーを弾いてみたいなあ
と思います。

先日、この本の著者のおひとりがなさった、
現代音楽についての講演会に参加し、
この本のを知り、購入しました。

私はバイエルの後すぐにやめてしまったので、
先生に勧められ楽譜を買ったのですが、
そのままになっていました。

改めて開き、弾いてみました。
すべからく練習曲と名のつくもの、涙が出るほど
難しいのですが、ブルクミューラーは易しく
しかも美しい。

でも軽々と弾くには、相当の練習が必要と
思いました。

ブルクミューラ―だけでなく、ベートーベンや
モーツアルトの小曲を、初見で弾く練習をするのは
私のようなものには、とても良いことと感じ、
これから心がけたいと思います。

ananさま

>この本の著者のおひとりがなさった、現代音楽についての講演会

うわあ、いいですねえ。こういう講習会。
ブルグミュラー、おすすめです。
この本の「はじめに」で著者の方々が盛り上がっていらしたように、
私も、題名聞いただけで、旋律が口ずさめますよ~。
ほんと、美しい旋律で、子供ごころにも気にいってました。

「初見で弾く練習」は、ピアノ演奏、練習法に関する本を見ると
ほぼ100%勧めています。
私もやらなくちゃ…と思いつつ、全くダメでございます。(-_-;)

でも、心がけなくちゃだめですね。改めて。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 節目の一日 | トップページ | 新プロジェクト始動 »