無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 2月半ばの空 17時 | トップページ | JOY of Music 40プラス vol.3 »

2014年2月13日 (木)

『ハピネス』

桐野夏生『ハピネス』光文社2013

東京ベイエリアのタワーマンションに住むママ友たちの物語。
ファッション誌『Very』に連載されていたとのことで、
なるほどな設定ではあります。

主人公のママの名前が有紗(ありさ)、娘が花奈(かな)。
ママ友の娘たちの名前が、
美雨(みう)、芽玖(めぐ)、真恋(まこ)、いぶき。
「かなちゃんまま」「いぶちゃんまま」と呼び合う関係で、
元キャビン・アテンダントで美人の「いぶちゃんまま」が
グループのリーダー。

見栄の張りあい、微妙な上下関係、幼稚園選び、
はたまた不倫が絡んで…というストーリー展開です。

有紗の抱える過去の秘密、夫や義父母とのトラブルが
ミステリアスに徐々に明かされ、
非タワーマンション住人で下町出身の美雨ママとの
個人的なつきあいが深まっていくと、
その後の展開が気になって、つい一気読みしてしまいました。

でも、ストーリーの大きなうねり、盛り上がりなどはなく、
なんだか淡々と、お決まりの筋をたどって、
あれれなうちに大団円、といった印象です。

一種のライトノベルでありました。

« 2月半ばの空 17時 | トップページ | JOY of Music 40プラス vol.3 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2月半ばの空 17時 | トップページ | JOY of Music 40プラス vol.3 »