無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 欠点克服に向けて | トップページ | お昼のピアノコンサート:石田啓明 »

2013年1月29日 (火)

ダン・タイ・ソン物語

伊熊よし子『ショパンに愛されたピアニスト-ダン・タイ・ソン物語-』
ヤマハミュージックメディア 2003

10年も前の本ですが、
伊熊よし子氏が今年のラ・フォル・ジュルネ音楽祭の公式本を出版されたというので、著者検索をかけたところ発見し、借りてみました。


私、ダン・タイ・ソンの演奏は、2度ほど生で聴いたことがありますが、
80年代、90年代のことで、もうかなり以前になります。
とにかく「音色がきれいで繊細」という印象が強い演奏でした。

伊熊さんの持論によると、
ピアニストにとって鍵となるのが40代という年齢だそうで、
この頃に演奏が成熟し、その未来が予見できるようになるのだとか。
そこで、1958年生まれのダン・タイ・ソン(本書では「ソン」と呼ばれています)が40代を迎えた頃のインタビューをもとに本書を出版されたとのこと。

となると、ぜひ改めて生で聴いてみたい、と思うものの、
最近は彼、巨匠の域に達したようで、チケットが高くて手が出ません…weep

本の内容は、というと
時系軸に沿った伝記スタイルではなく、年代があっちこっちへ飛ぶので、
ちょっと混乱もしましたけれど、飽きることなく
面白く読めました。

80年代の頃、彼についての報道は、
ベトナム戦争の戦火の中、紙の鍵盤で練習し、辛酸を舐め…
という面を強調する傾向が強かったと記憶します。
後年、本人も、こういったイメージには辟易すると述べていたようですが。

本書を読んで、私がなるほどな~と思ったのは、以下のような点。

**************************

・ソンが、ベトナムからソ連のモスクワ音楽院に留学した背景には、
共産主義国家として両国の結びつきが深かったこと、
ソンの母リエンがハノイ音楽院の教授だったこと、があった。

・母リエンが、1970年のショパンコンクールにオブザーバーとして招かれ、
ライブ録音レコードを持ち帰ったことから、ソンは少年期からアルゲリッチの演奏に親しんでいた。

・ベトナムで独学で学んだ演奏は、姿勢が安定せず、無駄な動きが多くて、
ソ連ではすべてを一から勉強しなおすことになった。

・1980年、ショパンコンクールで優勝した際、当時のベトナム首相が
「賞金は彼個人のものであり、政府はこれに手を触れない」
と発表をしたが、これは当時の慣例を破るもので、画期的なものだった。

・1987年から3年ほどは日本に住み、日本で教鞭をとっていたが、
あまりに快適で真面目すぎる生活に音楽表現上の危機感を覚
、カナダに移住した。

・彼の演奏スタイルには、ロシアの音楽教育の伝統が生きている。
卒業後はフランスの音楽家とも親交を深め、
ミシェル・ベロフ、ミシェル・ダルベルトとも親しくつきあっている。

**************************

なんというか、その時代、政治的背景、それぞれの国が抱える歴史……、
そんなすべてが、一人のピアニストを作り上げるんだなあ、と思いました。

« 欠点克服に向けて | トップページ | お昼のピアノコンサート:石田啓明 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

いやあ、とってもタイムリー話題です。というのも、実はつい1週間くらい前に、彼のショパンのピアノ協奏曲をレンタルして聴いたばかりなんです!
そのアルバムは、ショパンが生きた当時のピアノを使った演奏で、素朴でコロコロ転がるような、現代のピアノとは少し違った音色が面白かったです。

どういう背景のピアニストか・・・というか、国籍すら全く知らなかったんですが、ベトナムの方だったのですか。ベトナム戦争とその後の混乱など、時代背景と切っても切れない音楽人生ですね。それにしても、日本での生活が快適過ぎだという点、興味深いです。日々に流されがちな自分には耳に痛い・・・ ^^;

ネリノさん

タイムリーで、良かったですhappy01
へえ。ショパンが生きていた頃のピアノで彼が演奏したCDが出ているのですか。知りませんでした。私もぜひ聴いてみたいです。

彼はとっても素朴で真面目な人で、
昔から、規則を守ってきっちり、きっちりと生活するのが身についていたのだそうです。
ところが、音楽を学ぶうち、それが逆に、自由な音楽を奏でる際の障害になっている、もっと柔らかい生き方をしたい、それには日本で生活しているのではダメだ、と判断したのだとか。

うへえ!昔からあんなに柔らかい音を奏でている人が、そんなふうに感じているのかっと、私はびっくりしました。(°д°)

おはようございます。

関係ない話ですみません m(_ _)m

つかぬ事を伺いますが、大体、何時頃に、ココログのまちに来られるのですか?

お話ししたいなと思いましたので・・・

R.Ptarmiganさん

あら♪ うれしいお言葉、ありがとうございます。

ココログのまちでは、以前に1,2度お話ししましたよね。
実は、その後も何度か、ロッくんの姿をお見かけしておりました。
でも、お友達とお話し中にしゃしゃり出るのはご迷惑かな…と、お声をかけずにいた次第。

人ごみに紛れていることが多い私ですが、…(^^;)
今度、お見かけしたら、私も姿を現して、お声をおかけしますね。

私のまち出没は夜の時間帯が多いですけれども、一定していません。
ロッくんのほうで、行動予定をつぶやいてくださるなどすれば、
私も都合があうときに、まちまで出向きますよ~♪

こんばんは。

> でも、お友達とお話し中にしゃしゃり出るのはご迷惑かな…

確かに、そういう事はありますね。

話し中に、ライチョウ さん(私の事ね)と、割り込んで来た人が居て、
話し相手が、気を利かせて帰って、割り込んで来た人と、話をしたのですが、
別の人が来た途端に、私ではなく、その人と話し始めてpout

案外、ネチケット(ネット + エチケットの造語)がなってない人が多いのですよwobbly
未成年ならともかく、40代以上でも、そういう人が居ますので・・・


私の話し相手は、大体、決まっていますし、相手によっては、一緒に参加されても、
構いませんよwink

いきなり、つぶでは、なんなので・・・

基本的に、夜間はログインしており、まちを彷徨っていますcoldsweats01

今日は、(予定では)22:00以降は、都合が悪いのですが、
それ以外の時間であれば、大丈夫ですよhappy01

明日は、全く問題ないですhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 欠点克服に向けて | トップページ | お昼のピアノコンサート:石田啓明 »