無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 鳥さんの来訪 | トップページ | 海辺でagain »

2012年8月 2日 (木)

無気力試合

こんなニュースにびっくり。

世界バドミントン連盟(BWF)は1日、ロンドン五輪の女子ダブルス1次リーグで無気力試合があったとして、8強入りした中国、インドネシア各1組と韓国2組の計4ペアを失格処分にしたと発表した。 (→

「無気力試合」という言葉、初めて聞きました。
いったい、何? と思っていろいろググってみた結果、わかったのは以下のようなこと。

■ある目的(次の対戦相手を考えて、等)のために意図的に負けようとする試合

■具体的には、わざとサーブをミスする、相手のサービスにリターンしない、といったプレーをする試合を指す

サーブ、サービスの故意ミス……これ、テニスやバレーボールでやったら、大変ですよね。
観客席から大ブーイングが巻き起こって、試合続行不能になるのでは?

サッカーでは「引き分け狙い」とか、ありますが、
よほど実力差がある相手じゃない限り、引き分けを狙えば、負けにつながる気がします。
「負け狙い」で、
「わざと相手にパスする」とか「ゴールキーパーがわざと動かない」なんて、考えられません。

ううむ。
今回、連盟が処分を決めたのも、観客の大ブーイングを受けて、のことのようですが、
バドミントン、世界的にはまだマイナーな競技で、さほど注目を浴びていない、
フェアプレイ精神が定着していない、ってことでしょうか?

処分されたのがアジアの国ばかりなのを見ると、人気があるのは、アジア限定?
でも、繰り上がりで「ロシア、カナダ、オーストラリア、南アフリカ」が8強入りしたなら、
そんなことは、ないですよね。

日本のペア(藤井瑞希、垣岩令佳組)、
この騒動とは無縁の形で8強に残っていて、ほんと、よかった。

今回のオリンピック、柔道や体操の判定やりなおし等も含めて、
「スポーツって何だ?」
という、根源的な問いを投げかけているように思います。

« 鳥さんの来訪 | トップページ | 海辺でagain »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鳥さんの来訪 | トップページ | 海辺でagain »