無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 朝の空 4:40am&5:40am | トップページ | 9ヶ月ぶり »

2012年8月17日 (金)

アンリ・バルダ

NHK
クラシック倶楽部 - アンリ・バルダ ピアノ・リサイタル -

12_0817_01_2(ピアノ)アンリ・バルダ

~プログラム~

ラヴェル  優雅で感傷的なワルツ

ラヴェル  ソナチネ

ショパン  ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 作品58

ショパン  ノクターン ロ長調 作品32 第1

<収録:2012年7月12日(木)@浜離宮朝日ホール>

**********************************

世には、素晴らしいピアニストがいるものだ……と、またしても思いました。
アンリ・バルダ氏、フランス人。
プロフィールによると、

ヨーロッパの良き伝統を受け継ぎ、エレガントで真摯な稀有のピアニスト。「知る人ぞ知る」当代無比の演奏は、多くの芸術家たちや音楽家たちの尊敬を集めている。3歳から、ホロヴィッツが生涯で最も恐れたライバルであったポーランドのピアニスト、イグナス・ティエガーマン(1893-1968)に特別な個人指導を受け、16歳からパリで、フランス・アカデミズムの巨匠ラザール・レヴィ(1882-1964)に師事。

とあります。(→コンサート・イマジン

ラヴェルは、実に自然なうたいぶり。密度の濃い時間が流れました。
音の美しさ、お見事です。

ショパンは、かなり大胆なテンポ設定。。。速いんです。
そしてクリアな音。びっくりしました。

白い蝶ネクタイからも伺えるとおりの、
ダンディな弾きぶり、端正な弾き姿にも、うっとり。
19世紀生まれの指導者に教えを受けた、のですから、
もうかなりのご高齢なのでしょうが、そんな年齢、まったく感じさせません。

驚きの、朝のひとときでございました。

(追記)
バルダ氏、1941年カイロ生まれとの記事を見つけました。
(→青柳いずみこ氏のサイト

« 朝の空 4:40am&5:40am | トップページ | 9ヶ月ぶり »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝の空 4:40am&5:40am | トップページ | 9ヶ月ぶり »