無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 雨濡れ文庫本 | トップページ | BIRTHDAY CAKE 2012 »

2012年8月 8日 (水)

メナヘム・プレスラー

NHK
クラシック倶楽部 -メナヘム・プレスラー ピアノ・リサイタル-

(ピアノ)メナヘム・プレスラー

~プログラム~

ドビュッシー  “版画”から  塔、雨の庭

シューベルト  ピアノ・ソナタ 変ロ長調 D960

<収録:2011年6月16日(木)@サントリーホール ブルーローズ>

******************************

これまた、単にプログラムに惹かれて予約録画したものでしたが(放映は7/31)、
再生してみてびっくりしました。
ピアニストの、メナヘム・プレスラー氏、御年、なんと87歳!

先日記事にした、長岡純子氏(→)以上の大先輩です。
そして、また、演奏が素晴らしかったです。

不学にしてまったく知りませんでしたが、
ピアノトリオの代名詞といわれた「ボザール・トリオ」のメンバーとして長くキャリアを重ねた方とのこと。
そのピアノの柔らかい音色は「まるで弦楽器のよう」と評されたのだとか。
そして、今でも、
多くのマスタークラスを指導され、「全米の室内楽楽団と」共演を続けているのだそうです。

その音色の素晴らしさは、TV音声を通してさえ、はっきりわかりました。
すごいです。

譜面台に楽譜を立ててこそおられましたが、
楽譜は、たま~に目をやられる程度。
目を閉じたり、宙を見つめたり、実に自然に音楽を奏でておられました。

今、ググってみたところ、氏のインタビューがありました。

「メナヘム・プレスラーさんインタビュー」

「72歳の折、カーネギーホールでリサイタルデビュー」とは。
素晴らしいピアニストを知りました。

« 雨濡れ文庫本 | トップページ | BIRTHDAY CAKE 2012 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

PIO様、私もこの番組見ました。すごかったです。
暗譜の苦手な私は、プロで楽譜を置いておられるのを見て、ちょっと安心。
でもその意味が全然違うのですよね。

ananさん

ご訪問、ありがとうございます。(#^.^#)
共感メッセージ、大変嬉しいです。

暗譜、私も大の苦手なんですよ。。。最近は、ほとんど諦め状態。
暗譜が不安で身体も音も固くなってしまうよりは、
楽譜見ながら、柔らかい音で弾けるほうがいい……と考えるようになりました。

1980年代に、来日したリヒテルの生演奏を聴きましたが、
彼は暗くしたステージにスタンドランプを立てて、楽譜を見て弾いていました。
私もびっくりしたのですけれど、
彼の場合、耳で捉える音程と、楽譜の音程がずれるという症状ゆえだったそうです。

PIOさんは、ほんとマメに音楽番組をチェックされてますね。私はいつもここを読んで、朝のBSを予約しておこうと思うのですが、毎回忘れます(汗)。
ところで、「楽譜を見て弾く」というと、ポゴレリチもそのようです。何年前からかわかりませんけど、使いこんだボロボロの楽譜をたて、譜めくり人をおいて弾くそうですよ。
これまた、「完璧に暗譜されているはずの曲」ばかりのようです。
私も暗譜は得意ではありませんけど、さすがにコンペの曲のように、弾きこんだもの(何年か前にも弾いてるとか)になると、あいまいな音符はありません。ですが、たまに見て弾くと、音符以外のところで勝手なことをしているので、見て弾いた方がいいんじゃないか・・・と思うことがあります。

いぞるで様

音楽番組を予約するようになったのは、地デジ対応の録画で「検索」できるようになってからです。
「クラシック音楽」で検索をかけると、1週間分の番組を表示してくれるので。
「せっかく買ったんだから元とるぞ!」の、主婦の意気込みです。(笑)

私の方は、いぞるでさんの暗譜法を拝見して(「片手暗譜」とか「目をとじて」とか…)、ひえええっ、私にはそこまで出来ないっ!と感服しております。
「あいまいな音符はありません」と言い切れるまで練習されるのは、さすがです。
実は、「見て」弾いても、本番になると「目も虚ろ」「目も泳ぐ」状態に陥ることが多くて、まったくもって情けないです。。。

>いぞるでさんの暗譜法を拝見して
いえいえ、全部が全部ちゃんとできるわけではないですよ~。曲がたくさんあったり長い曲だったり新しい曲だったりすると、とたんにガタガタです。そういうときは本番も極度にあがります。
基本専業主婦ですから、時間ありますし。・・・・いいわけの材料もないんですよ(汗)。

いぞるで様

>基本専業主婦ですから、時間ありますし。・・・・いいわけの材料もないんですよ(汗)。
私の場合、時間がある状態になるや、でれでれ~っとしてしまって、何もしない
ということも多々。
要は「やる気」の問題なんですよ。そういう意味でも、すごいな~っと思ってます。はい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨濡れ文庫本 | トップページ | BIRTHDAY CAKE 2012 »