無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« ここが東京 | トップページ | ドビュッシー、音楽と美術 »

2012年7月16日 (月)

『七つの証言』

堂場瞬一 『七つの証言 刑事・鳴沢了外伝』 中公文庫 2012

1年前ぐらいに読んだ長編のシリーズもの、刑事・鳴沢了(→)をめぐる人々の短編。
ドラマのスピンオフのような感じです。

1年前に読んだ内容って、おぼろげになってしまうものですねえ。
ええっと……この人、名前は記憶にあるんだけど、どんな人だったっけ……というのが多々。
ま、読んでいくうちに思い出すようになりましたけれども。

また、同じ警察内部の人間ということで、ほかのシリーズの登場人物も出てきます。
高城賢吾→が結婚式で同じテーブルだったりとか、
警察を退職した元相棒に、警察内のハンサム子持ち独身男(『アナザーフェイス』の主人公)を薦めたり、とか。

そういう、ゴシップ的興味で読みすすめましたが、
短編ということもあってか、作品の深みはいまひとつ。薄ーい感じです。

実は、高城賢吾シリーズの最新刊『遮断』も数ヶ月前に読んだのですが、
ブックレビューを書こうという気にはなれずに、そのままにしていたのでした。

ガツンとくる作品、また、お願いしますよ!堂場さん。

« ここが東京 | トップページ | ドビュッシー、音楽と美術 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ここが東京 | トップページ | ドビュッシー、音楽と美術 »