無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« エリザベートコン:記事紹介 | トップページ | 修理の差:日系と外資系 »

2012年5月22日 (火)

『とにかくうちに帰ります』

津村記久子 『とにかくうちに帰ります』 新潮社 2012

この著者の作品、今までに何冊か読みましたが、(→
いずれも微妙にアンニュイな、ちょっと厭世的な筆致でした。

ところが、この作品は違いました。
今までになく前向きです。
もちろん、肩から力は抜けていて、暑苦しさは皆無です。
でも、今までになく健康的な香りが感じとれるのです。

「そうそう!こういう人、いるいる!」
「そうそう!こういうこと、あるある!」
という共感に満ち満ちたエピソードが展開されます。

主な舞台は会社のオフィス。
様々なキャラクターの社員、周囲の反応を描く「職場の作法」.
マイナー選手に惹かれるファン心理を描く「バリローチェのファン・カルロス・モリーナ」
大雨の日、職場からの難儀な帰途を描く「とにかくうちに帰ります」
の3作を収録。

いずれも、どこか既視感を覚える話の運びで、
内心クスクス忍び笑いをしながら、あっという間に読んでしまいました。
オススメです。

« エリザベートコン:記事紹介 | トップページ | 修理の差:日系と外資系 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エリザベートコン:記事紹介 | トップページ | 修理の差:日系と外資系 »