無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 『ユリゴコロ』 | トップページ | 『小澤征爾さんと、音楽について話をする』 »

2012年3月24日 (土)

魔弾の射手

映画「魔弾の射手」を見てきました。

ヨーロッパの美しい風景と、クラシック音楽とに浸って
癒されたい……と思ったのですが、
その意図どおりとはいかなかった……というのが正直なところです。

・142分は長すぎた

・おどろおどろしい場面も多く、「魔」を表す場面は子どもだましのようだった

・何よりも、若い花嫁、花婿が、それらしく見えなかった。。。。
 下手をするとその両親の世代に見えるヒロイン、ヒーローの外見に、感情移入できなかった

・「実写」と「オペラ」の融合、という設定時代に、そもそも感情移入できない要素があったかも

いやはや、見ていて、疲れました。
ま、こんな機会でもなければこのオペラ全体を知ることもなかったと思うので、
いい機会だったともいえますが。

宗教、神話、寓話、などと関連した、裏の意味があるに違いない……
と思われる表現を、字幕で多々目にして、
ちゃんと理解するには、もっと勉強しなくっちゃなあ、と思ったことでした。

あ、オーケストラの音楽、歌手の歌は、素晴らしかったです。はい。

« 『ユリゴコロ』 | トップページ | 『小澤征爾さんと、音楽について話をする』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ユリゴコロ』 | トップページ | 『小澤征爾さんと、音楽について話をする』 »