無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

『コラプティオ』

真山仁 『コラプティオ』 文藝春秋 2011

直木賞候補作になった、ということで読んでみました。
著者は、TVドラマにもなった『ハゲタカ』の筆者。
書名は、ラテン語で「汚職・腐敗」の意味だとか。

3.11大震災の3年後、
政治の世界に颯爽と登場したカリスマ首相・宮藤隼人を取り巻く人々、
政府ブレイン、閣僚、新聞記者、外交にあたる人々、などなどの、
丁々発止の交渉ぶり、活躍あるいは暗躍ぶりを描きます。

低迷する日本経済を活性化するためのカンフル剤として、
首相・宮藤の取り上げたのが、なんと、日本の原子力発電技術。

このプランを日本国民に納得させ、「希望」を抱かせてしまう道筋、
実際に海外諸国へ売り込むために必要となってくる政治手法、
政権の危機を乗り切らせる、ブレインたちの綱渡りの行動力、
カリスマ政治家が陥っていく、危険な方向性、

……展開のスピード感、緊迫感に、途中からはまってしまいました。
エンディングは、ちょっと中途半端な気もしましたが……

中心人物は、中学時代の元同級生でもある若者二人
――内閣調査官・白石望、そして、新聞記者・神林裕太。――
切れ者の二人が、理想と現実のギャップに苦しみつつ、それぞれの判断で現実と折り合いをつけつつ成長していく物語、として読むこともできます。

挿入される様々な政治的エピソードに、
「ああ、似たような事件があったな」「そんなこともあったな」と思わされ、
今の世界が抱える矛盾にも、改めて目を向けさせられます。

この時期に、よくぞまあ、このような小説を……と思いました。
連載されたものを、3.11後に大幅に改稿して出版されたものだとか。
筆者の熱意を感じました。

2012年1月27日 (金)

本物に限る

12_0126a_2 この画像、
フェルメールの「手紙を書く婦人と召使
の場面を再現したもの。

「フェルメール光の王国展」@フェルメール・センター銀座
に設営してあったものです。
(どうぞ写真撮影してください、というコーナー)

解説展示などは、結構楽しめたものの、
「re-create」作品
作家の世界観・生命観を最新のデジタル画像技術によって翻訳した新たな創作物、だそうです)
は、案の定、いただけませんでした。
光の輝きは、半減どころではなく、……なんだか、のっぺり。
つい先日、フェルメールの本物を間近に見ていただけに、その差は歴然!

ま、そういうことが実感として再確認できたのは、収穫といえるかと。
やはり、芸術は、本物に限ります。

2012年1月26日 (木)

ALWAYS三丁目の夕日'64

ものすごく久々に、映画館へ足を運びました。
「ALWAYS三丁目の夕日」云々という映画が評判になっている
というのは聞いていましたが、
前作の2作は全く見ておらず、今回の「'64」が、初めて見る作品です。

2時間半以上(?)に及ぶ大作でしたが、
全く長いとは感じず、あっという間に時間が経ちました。

東京オリンピックの年、東京の下町で暮らす人情派の人々を描いた作品。

当時の若い男女のおつきあい、に対する近所の目、
上昇志向の人生だけが幸せな人生か?という問いかけ、
「親の思い子知らず」のさまざまなパターン。。。

思わずニヤリの場面、
さすが漫画が原作と思わせる爆笑の場面、
思わず、涙ほろり、という場面、
……それぞれが、そこここにあって、なかなかよくできた映画でした。

2012年1月25日 (水)

春の気配と冬本番と

先週末、実に久々にデパートへ繰り出しました。12_0122hina_2
右画像は、その正面入り口に飾ってあった、
とっても大きな雛飾り。

ああ、待たれる春!

冷え性、寒がり、という点では天下一品のわたくし、
(ババシャツ、腹巻、重ね履きタイツは、あたりまえ…)
これが最終価格であろうと思われるほどの
”値下げっぷり”の品々を物色し、
あったかいロングコートを2枚購入。
ダウンコート&新素材裏地コート、
2枚買っても、1枚分の値段以下也。快哉!

そして、今、
今週に入ってからの極寒に、
しみじみ、しみじみ、思っているわたくしです。

ああ、入手してよかった、あったかコート!

2012年1月24日 (火)

青空の下の雪景色

12_0124snow_2

職場の入口付近にて。朝8:30撮影。

2012年1月21日 (土)

『からだで変わるピアノ』

宇治田かおる 『からだで変わるピアノ』 春秋社 2011

出版社による紹介文によると…
「つらい訓練にさよならをして、自分に合った自然な身体の使い方を目指せば、きっとピアノは上達する! 好きだからこそ真面目に練習し過ぎてしまう人に、ピアノとの新しい関係の育み方を伝えます。」

脱力、が目下のテーマである私には、どんぴしゃの本でした。
覚えておきたいポイントを書いておきます。

■自然な姿勢を作るには、骨格による支えを意識してみるといい。
 背骨を下から上手く積み上げて、その上に頭をバランスよく載せるようなイメージ。
 腰、足の付け根に力を入れないようにしながら、背中をラクにまっすぐにして座る。
 首、背中などが柔らかい状態を目指す。
 膝もラクに動かすことができ、上体も簡単にゆらゆらと揺らすことができる。
 大事なのは自分の感覚に敏感になること。
 うまくいっているときは上体が緩んでいる感じがする。(p.44-45)

■座っているときはいつでも、椅子に載っている部分、
 つまり座面との接点(坐骨)を意識して、
 他の部分は感覚がない感じをイメージする。(p.75)

■弾いているときの身体の上体、つまり「弾き心地」に意識を向ける。
 弾きにくい感覚=自然で体に合ったテクニックを使えていない、ということ。
 慣れてくると、普通に演奏していて
 「あっ、いま一瞬手が固くなって躊躇した」
 「あっ、肩が怖がってすくんでしまった」
 などと気がつくことができるようになる。(p.99)

やはり、「意識する」ことが大事なんですね。
がんばってみます……あ、いや、「がんばって」はいけないのであった。
意識を研ぎ澄ますよう、心がけます。

1/20の雪景色

12_0120

昨日の昼休みに撮影。東京世田谷区にて。
もう少し前の午前11時前後には、このグラウンドも一面真っ白でした。。。

2012年1月17日 (火)

『左京区七夕通東入ル』

瀧羽麻子『左京区七夕通東入ル』 2007 小学館

京都の大学に通う、ファッションにうるさい文学部4年生の女の子「花」と、
数学にまさにのめりこむ、ちょっと変わった数学科4年生「たっくん」の
まっすぐな恋愛小説です。

大学生の日常が、自然体で生き生きと描かれていて、きらきらしています。
健康的なのびやかさに、なんだか読んでいると楽しくなってきます。

軽い小説ですが、強い印象が残りました。
陰険な人、性悪な人は一人も出てこず、みーんないい人なのですが、
「いかにも作った」という感じはありません。

このような人物造形、同じ筆者による『株式会社ネバーラ北関東支社』(2008)
という本でも同様でした。
こちらは、大学卒業後、バリバリ働いてきた20代の優秀な女性社員が挫折を経験、
自分から望んで片田舎の名もない会社に転職し……という話。

瀧羽麻子という作家、初めて知りました。
1981年兵庫県生まれ、京都大学卒業、とあります。
初めは携帯小説で活躍されていたよう。
新しい時代の若い書き手、続々登場しているのですね。

…学年末の雑務に追われる日々を送っていると、軽めの小説に逃避したくなるのでした。

2012年1月13日 (金)

MUZA 音楽サロンー青柳いずみこ―

MUZA音楽サロン La Vie en Rose 人生に華やぎを
 ~東響メンバーの室内楽とともに~ 第4回

ドビュッシー生誕150年記念
トークと演奏でつづるドビュッシーの生涯

プレゼンター・ピアノ: 青柳 いずみこ
ヴァイオリン:      大谷 康子

@ミューザ川崎 市民交流室 14:00-

アラベスク第1番 (Pf)

1)音楽との出会いから修行時代まで
美しい夜 (Vn & Pf)

2)最初のピアノ曲
夢 (Vn & Pf)

3)詩人たちとの交遊
月の光 (Pf)
牧神の午後への前奏曲 (Vn & Pf)

4)成功…人気作曲家の仲間入り
『ペレアスとメザリンド』より「塔の場」(ドビュッシー本人の演奏音源)
『子供の領分』より「グラドス・アド・パルナスム博士」(同上)

5)傑作の森…前奏曲集第1巻
沈める寺 (ドビュッシー本人の演奏音源)
ミンストレル (Pf)

6)そして終焉…
カノープ (Pf)
ヴァイオリン・ソナタ (Vn & Pf)

******************************

スライドを何十枚も駆使して、ドビュッシーの生涯をたどりました。
本でも読んでいるはずなのですが……忘れてしまうものですねえ。
どれも初めて聞くような気がしました。

写真を見ると、ドビュッシーの外見のキーワードは…「おでこ」「きかん気」。
彼にかかわる人々とのエピソードとして、次のような話がありました。

・『ペレアスとメリザンド』の作者、メーテルリンク(『青い鳥』で有名)が、
オペラ初演時、自分の愛人である歌手にメリザンドを演じさせようとしたが、
ドビュッシーのイメージに合わず、却下された。
その歌手、ジョイ・ルブランは、ルパンシリーズの作者、モーリス・ルブランの妹。

・実の子は、『子供の領分』のきっかけとなった愛娘シュウ・シュウだけだが、
その母、エンマには前夫との間の連れ子、エンマ(愛称ドリー)がいた。
フォーレの連弾曲『ドリー』が献呈されたのは、まさにこのドリー宛て。

・二番目の妻エンマは歌手でもあり、ドビュッシーと結婚する前には、
まずはフォーレに、つづいてラヴェルにも言い寄って、いずれも失敗していた。

・エンマと結婚するために、糟糠の妻リリーを捨てたドビュッシーは、
このことで、それまでのサロン仲間から見捨てられ、孤独になった。

などなど。

ということで、おわかりのように、トーク(レクチャー)主体の内容でした。
演奏とトークと両方を……というのは、大変ですねえ。
演奏への集中力を保つという点で、特に。
ヴァイオリストが登場、という1アクションあると、
それで場の空気が変わって演奏に集中できる、という側面もあるかと感じました。

青柳氏、本日は演奏家というより、ドビュッシー研究家の顔をされていました。
スライドに映し出された資料の「請求番号」について愛おしげに解説される、とか。

開演14:00、 終演16:25。 充実の約2時間半でした。
休憩20分間に、本格的なコーヒーと洋菓子がふるまわれたのにも驚きました。

センター試験会場準備のため、仕事が休みとなった今日、
オフタイム、有効に使ったぞ……という心境です。
ドビュッシーの生涯と、その時代背景、音楽の変化、納得いたしました。

2012年1月12日 (木)

終わり良ければ

本日、今学期のみということで引き受けた代講の仕事を終えました。

振り返ってみれば、任期限定の代講、これで4クール(?)目です。
今回はまったく新しい職場で、1日の授業時間も長かったので、
開始当初は、毎週疲労困憊。よろよろしながら帰宅していたのですが、
最近はさすがに慣れ、今日はさわやかな気分で終えられました。

任期の中で一番印象深かったのは、
ある授業中、文句たらたらの5年生と真剣勝負の口喧嘩のようになってしまったこと。

が、心配していたその学生、最終期末テストで目を見張る頑張りを見せ、
無事、単位が出せることになりました。ほっ。

前回のテストでは最低の成績だった彼、
おそらくは「今回は自信あるぜ!」という意識の表れでしょう、
いの一番に教室に姿を見せました。
そして、私をみてニヤリと笑い、

「先生、あいかわらず、だねえ。」

というのは…彼が現れたそのとき、
前の授業でちょっと悪さをした学生を居残らせて、説教していたため。

さて、テスト提出の際にも彼、
「単位、大丈夫かどうか、ちょっと今見てもらえませんか」ときました。
「大丈夫そうね。勉強したでしょう、今回は。」
と言うと……また、ニヤリ。
ま、いいでしょう。

その後、本日、説教の対象となった学生からも、
改めて事情説明(&謝罪)のメールが届きました。

ま、終わり良ければ、すべてよし、ということで。

2012年1月11日 (水)

『万寿子さんの庭』

黒野伸一『万寿子さんの庭』小学館 2007

久しぶりの一気読みをしてしまいました。
お風呂上がりに、漫然と読み始めただけだったのに、
たった今、読み終えたところで、
はっと気付けば、夜中、でした。

斜視であることを気にしている、短大卒の新入社員、20歳の京子。
彼女の引っ越してきたアパートの隣の一軒家に住む、70代(たぶん)の万寿子。

二人の関係を軸として、
京子の周囲の若者(彼氏候補生?)である、
近所に住むエリート社員の山本くん、職場の同期である荻野くん、
そして、職場の上司や同僚たちとの関係も描かれます。

「えっ?それで、どうなるの?」
という好奇心から思わず、ぐんぐん読み進めてしまう
そんな小説です。

タイトルどおり、「万寿子さんの庭」がキーワード。

京子が、仕事に支障が生じるほどに万寿子に入れ込んでしまう、というのが、
ちょっと解せない感もありますが(私が冷たいだけかも…)、
展開にわざとらしさはなく、くすっと笑えるような描写もそこここにあり、
読後感さわやかなストーリーです。

2012年1月10日 (火)

留学生たちの年末年始

私の仕事始めは6日(金)でした。
本日、一時帰国中だった夫が赴任地へ戻り、
気分的にも、私のお仕事エンジンが始動したところです。

さて、6日、本日と、留学生たちの年末年始の様子を聞いてみたところ、
さすが若者!すごい行動力でした。

大晦日から元日にかけての典型的な過ごし方は…

1)カウントダウンのイベントに参加。花火を見たという者も。
2)神社へ移動して初詣。午前0時から3時ぐらいにかけて参拝。
3)再度移動して、初日の出を見る。
 または、クラブや繁華街で盛り上がって朝を迎える。
4)自宅に戻って寝る。catface

・カウントダウン会場は、みなとみらい、お台場、増上寺、
(ちなみに、東京タワー内ではカウントダウンはなかったそうです)

・初詣は、明治神宮、川崎大師、鶴岡八幡宮、浅草寺、神田明神、増上寺、成田山、

・初日の出は、お台場、みなとみらい、自宅、

などでした。
すごい…

もちろん、中には

「ずっとうちにいて、紅白歌合戦、新年お笑い番組、箱根駅伝をテレビで見た」
「ずっとうちにいて、論文を書いていた」

という学生などもいました。

2012年1月 8日 (日)

初詣

12_0108_1 12_0108_2

一家3人で初詣へ行ってきました。
今年は思うところあり、いつものように近所の神社ではなく、
ちょっと足をのばして、禅宗の総持寺まで。
松の内を過ぎ、時間帯も午後だったためか、人出もまばらでした。
青空の下、広い境内を気持ちよくお散歩して、心をこめて願い事。

家内安全、ほんとに何事もなく、平穏無事な1年となりますように…

2012年1月 5日 (木)

フェルメールからのラブレター展

フェルメールからのラブレター展
@Bunkamura
ザ・ミュージアム

フェルメールの3点が、圧倒的な存在感でした。
《手紙を書く女》、《手紙を書く女と召使い》、そして《手紙を読む青衣の女》。

他の画家による作品も含めて、
手紙がこれほど画材として取り上げられていたとは、知りませんでした。

また、背景として描かれている調度品、動物などが何かを暗示していたり、
絵の題材、構図そのもので子女に対する「道徳的教育」を目指していたり、
といった、絵に隠された意味なども面白く鑑賞しました。

展示されている絵の点数は多くはありませんが、
全て(!)の絵に解説のキャプションがついていたこともあって、
とても内容の濃い時間が過ごせました。

3時半ごろに入場、1時間程度で見終えた感じです。
会場も混んでおらず、ゆっくり、じっくり、鑑賞できました。

2012年1月 4日 (水)

『日本を捨てた男たち-フィリピンに生きる「困窮邦人」-』

水谷竹秀 『日本を捨てた男たち-フィリピンに生きる「困窮邦人」-』
集英社(2011)

開高健ノンフィクション賞受賞作品、ということで読んでみました。

フィリピンというと、
ストリートチルドレン、スモーキーマウンテン(ごみの山)
といった言葉が思い浮かびますが、

シンガポールで出会った、出稼ぎのフィリピン人メイドさんたち、
愚息のPTAで出会った、フィリピン国籍のお母さんたち、
日々接している留学生たちとは、直接結びつくことはなく、
どうも曖昧模糊としている……というのが、フィリピンに対する私のイメージでした。

この本を読んで納得したのは、
「困っている人に分け与えるのは当然」と考え、ともに助け合い、
いつも笑いあっているという国民性です。

本書は、
そんな温かさにひかれて、母国で困窮した日本人男性がフィリピンに逃げこみ
(多くの場合、日本でフィリピンパブに入れ込んだ末のこととか)、
現地で無一文となって、貧しいフィリピン人からの慈悲のような助けを得つつ、
ホームレスに近い、あるいはホームレスそのものの生活を送っている…
という現実をレポートするものです。

そこまで落ちぶれてしまうには、
やはり自己責任、本人の人間性の問題が絡むのですが、
まさにそれゆえ、
(移民の引き上げ等を念頭に、困窮邦人の帰国援助法などはあるものの)、
彼らを、大使館など日本政府機関が税金を使って救うことは行いにくく、
結果的に、フィリピンの人々の好意にすがってしまっている……という現実。

こんな現実、まったく知りませんでした。
グローバル化には、こんな側面もあるのだなあ…と。

格差社会、二極分化の進む中で、
落ちぶれていく姿も、決して他人事ではないようにも感じたり。

最後の砦は、やはり人間性、人格です。

『グレン・グールド-未来のピアニスト-』

青柳いづみこ『グレン・グールド-未来のピアニスト-』筑摩書房(2011)

ピアニストの生きた時代・世間が、ピアニスト像を創り出していく という経緯、
ピアニスト自身のオリジナリティの追求 vs クラシック音楽の正統性 という葛藤、
といったものについて、「なるほど」と思える本でした。

グレン・グールドというピアニストについては、
「ステージ演奏を拒否して録音にこだわった、奇抜な演奏をする伝説的ピアニスト」
といったようなことを、いろいろ伝え聞いて(読んで)知っていただけで、
これといって思い入れを持っていたわけでもないのですけれども。

印象に残った点を、うろ覚えの自己流要約で羅列してみます。
(誤読、誤認などもあると思います。)

■バッハに傾倒し、レガートを避ける演奏が特徴的だったと言われるけれども、
ステージ演奏をしていた若い時代には、正統派そのもの、どちらかというと古いスタイルともいえる、見事に歌い上げていく演奏をしていた。

■練習をしなくても弾ける天才、と言われていたが、
若い頃、演奏技術を急速に上達させている一時期があり、この頃、技術練習に励んでいたことが明らかである。

■ラフマニノフなどのピアニストの時代には、演奏者が装飾音やオクターブ音を恣意的に付け加えて演奏することが当然のように行われていたが、グールドの時代から「楽譜の正統性」が主張され、演奏者の「オリジナリティ」が制限されるようになった。

■ショパンなどのロマン派の楽曲録音がないのは、彼がそれを嫌ったというより
自身の演奏の「オリジナリティ」にこだわり、正統派の演奏になってしまう楽曲を避けたということではないか。

■低い椅子に座り、腕・全身の重みを鍵盤にかけることはしない奏法のため、
指の動きは自由に操れるものの、大ホールに響き渡らせる音量を出すには無理があった。これが、ステージ演奏を避けるようになった要因ではないか。

などなど。
音楽マネジメント事務所や録音技術者たちの影響力なども、初めて知りました。

ちょっと見には硬くてとっつきにくく見える本ですが、意外に読みやすく、
個人的には、著者専門のドビュッシー関連の本などより、さくさく読めました。

2012年1月 3日 (火)

2012賀正

12_0103_hanabira 12_0103_osechi_2 2012年

新年
あけまして
おめでとう
ございます

←元旦の食卓
   花びら餅→

といっても、私が整えたものではなく…
実家の母&妹が整えたものです。
ありがたく、お正月気分を満喫させていただきました。

年末からの、義父母宅での「根菜皮むき&刻み」の結果は、撮影し忘れ…というか、撮影の気力を失っていました。

今年はお正月早々、いろいろ忘れたりドジったりのオンパレードで、
こいつぁ春から縁起がわりぃや…という気分なのですが、
めげずに行きたい(生きたい)と思います。

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »