無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 『オリーブ』 | トップページ | リスト生誕200年記念 佐藤卓史ピアノ・リサイタル »

2011年11月 9日 (水)

『その日まで(紅雲町珈琲屋こよみ)』

吉永南央 『その日まで(紅雲町珈琲屋こよみ)』 文藝春秋 2011年5月

『紅雲町ものがたり』の続編です。
今回は、各事件の読み切り、と言いきれるわけはなく、
各話が緩くつながっているような構成になっていました。

ただ、その「つながり」が、不動産取得にまつわるゴタゴタ、ということで
ちょっときな臭いというか、生々しいというか…
前作に感じられたような颯爽とした小気味よさ、温かみは薄れたような…
読後感、重さと暗さが増しました。

読み手としてのこちら側に余裕がない、ということの表れかも。
「その日まで」という「その日」って……という点も、ちょっとつかみかねています。

« 『オリーブ』 | トップページ | リスト生誕200年記念 佐藤卓史ピアノ・リサイタル »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『オリーブ』 | トップページ | リスト生誕200年記念 佐藤卓史ピアノ・リサイタル »