無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 振り出しに戻る | トップページ | 老化現象 »

2011年10月 1日 (土)

『色即ぜねれいしょん』

『色即ぜねれいしょん』 みうらじゅん

高校1年生男子の母として、読んでおいたほうがいいよ~
という友人のアドバイスにより、手にとってみました。

う~ん。
みうらじゅん世代の、高校男子、ですね。
現代の、草食系高校男子とは、かな~り異なる印象があります。
「色即」という語感から想像がつくように、
「ユースホステル」「フリーセックス」に対する若者の心象等々、ちょいと古色蒼然感。

青春小説としては、よく出来た作品だと思います。
青春時代の男の子の考えること、振る舞いの「カッコ悪さ」、
でも、背伸びをすること、友人からの刺激を受けること、などで成長していく様子、
そんな自分を発見して自ら驚き、嬉しくなる様子、などが、
ユーモアとパワーを湛え、自然な筆致で描かれていきます。

例のごとく、息子が横からかすめとって読んだ様子ですが、
さほどインパクトは感じなかった模様
……ここに描かれたようなパワー、彼には皆無ですしね。。。

« 振り出しに戻る | トップページ | 老化現象 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 振り出しに戻る | トップページ | 老化現象 »