無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« チョコレート・ブラウニー | トップページ | 7時間の徒歩行軍 »

2011年3月 9日 (水)

ミュージック・ブランチ第6回

ミュージック・ブランチ 2010-2011
(ピティナ×杉並公会堂シリーズ)

第6回
流ピアニストとの愛~シューマンとブラームス~

2011年3月9日(水)10:30開演 11:35終演

@杉並公会堂 小ホール

藤井洋子(クラリネット)
毛利伯郎(チェロ)
本多昌子(ピアノ)

ロベルト・シューマン:子供の情景 Op.15より 見知らぬ国、珍しいお話 (Pf)

ロベルト・シューマン:幻想小曲集 Op.73 (Cl&Pf)

クララ・シューマン:3つのロマンス Op.22より 第1曲 (Cl&Pf)

ブラームス:クラリネット三重奏曲 Op.114 (Cl&Vc&Pf)

ベートーヴェン:三重奏曲 変ロ長調 「街の歌」 Op.11 より 第2楽章

**********************************

ピアノソロ
クラリネットとピアノ
クラリネットとチェロとピアノ

という3バージョンの音が聞けて、
やはりアンサンブルっていいな、
と思いました。

管楽器+弦楽器+ピアノって、迫力なんですね。

クララの曲の美しさにも、びっくり。
「夫ロベルトが精神障害をきたし始める前年、1853年に作曲された」とあります。
「3つのロマンス」って、全く同じタイトルの曲をロベルトも作曲していますが、
きっとクララもそれを意識したのでしょうね。。。

« チョコレート・ブラウニー | トップページ | 7時間の徒歩行軍 »

音楽(レビュー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チョコレート・ブラウニー | トップページ | 7時間の徒歩行軍 »