無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 河村尚子ピアノ・リサイタル2010@オペラシティ | トップページ | 小塚くんの成長ぶり »

2010年11月24日 (水)

今野敏『隠蔽捜査』

今野敏 『隠蔽捜査』 新潮社

いい意味での裏切られ感を覚える、意外なストーリー展開。
あっという間に読み切ってしまいました。…本日、仕事かけもちの移動時間中に。

意外なのは、捜査の展開、犯人像、ではありません。
主人公の人間像。
なにしろ、男尊女卑の塊(家のことは女房の仕事、俺は国家の仕事をする)、
出世欲の塊、空気の読めないカタブツ・キャリア官僚、
として登場するのですから。。。

初めは、
「実は、この男が主人公ではないのでは? だって、あんまりな人間性!」
なんて思っていました。
ところがどっこい、読み進めるうちに

「おお!筋の通ったいい男!」

と思えてきてしまうのが、我ながら不思議です。
また、その妻も見事です。

この夫妻、私と同年代なのですが、いやはや、この肝の据わりっぷり、
わたくしなんぞ、足元にも及びません。。。

本当は、こんなエンタテインメント小説を読んでいる場合ではないのですが、
(拙ブログ更新も滞っておりますように…)
いい気分転換になりました。

もとい、エンタテインメント小説、なぞと書いてしまいましたが、
なかなか鋭い現代社会批判も含んでいて、読みごたえもある本です。はい。
続編、続々編、スピンオフ版、などもあるようなので、
きっと続けて読んでしまうだろうと思います。

« 河村尚子ピアノ・リサイタル2010@オペラシティ | トップページ | 小塚くんの成長ぶり »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 河村尚子ピアノ・リサイタル2010@オペラシティ | トップページ | 小塚くんの成長ぶり »