無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 暗譜放棄 | トップページ | Wカップ、オランダに肩入れ »

2010年7月 6日 (火)

 『すれ違う背中を』

乃南アサ『すれ違う背中を』

犯罪を犯して「塀の中」で知り合った芭子と綾香。
出所後、仲良く助け合って生きていく二人の日々が、谷中を舞台に描かれます。

梅雨の晴れ間に/毛糸玉を買って/かぜのひと/コスモスのゆくえ、
という4つのエピソード。

負い目を感じつつ、
明確な目的(パンや開業)に向かって頑張る綾香。
やっと、自分の仕事といえそうなものが見えてきた芭子。
トラブルに遭遇するたびに、支えあう二人なのですが、
「あるよなあ、こういうこと」「いるよなあ、こういう人」……という描写と
そこはかとないユーモアがちりばめられていて、
読後感、さわやかです。

このコンビでのストーリーには、
『いつか陽のあたる場所で』という前作があり、あとから読んだのですが、
こちらも良かったです。
読む順序にはこだわらなくても楽しめます。

また、『ボクの町』『駆け込み交番』の主人公、高木聖大が登場したのにはびっくり!
やはり、なかなかいい味出してます、彼。
この手法、小説業界でも、ドラマ業界でも今はやりのようですね。
「スピンオフ」っていうんでしたっけ?


« 暗譜放棄 | トップページ | Wカップ、オランダに肩入れ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 暗譜放棄 | トップページ | Wカップ、オランダに肩入れ »