無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« シン・ヒョンス ヴァイオリン・リサイタル | トップページ | 譜めくりの勘所 »

2010年7月19日 (月)

『使命と魂のリミット』

『使命と魂のリミット』東野圭吾著

久しぶりに、ずっしりと胸に響きました。
医学サスペンスの謎解き、だけでなく、
人間相互の関係、生きる意味、――まさに「使命」、そして「魂」について
深いメッセージを持った作品だといえます。

でも、上記の感想は、全編を読み終えてこそ。
読んでいる最中は、”娯楽”小説を読んでいる感覚で楽しめました。

読後感も重くなく、未来に希望を抱かせる爽やかさです。

« シン・ヒョンス ヴァイオリン・リサイタル | トップページ | 譜めくりの勘所 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シン・ヒョンス ヴァイオリン・リサイタル | トップページ | 譜めくりの勘所 »