無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

エリザベート結果発表

エリザベート王妃国際コンクール 審査結果

1位 Denis Kozhukhin  Russia

2位 Evgeni Bozhanov Bulgaria

3位 Hannes Minnaar The Netherlands

4位 Yury Favorin  Russia

5位 Tae-Hyung Kim Korea

6位 Da Sol Kim Korea

佐藤くんは、残念ながら入賞なりませんでした。
私が驚嘆したキムテヒョンくんが5位、キムダソル君が6位です。

1位から4位がヨーロッパ勢ですね。
1位、3位、4位の方の演奏、私は聴いていません。

2位のエフゲニ―・ボザノフ君については、ファイナルの一部を聴きました。
わが妹が、セミファイナルの時点で、ボザノフが上位に行くだろう、と言っていたので。

ベートーヴェンのソナタ18番、ラフマニノフの協奏曲2番でしたが、
ラフマニノフ演奏後の会場の盛り上がりが尋常ではなく、standing ovationの嵐でした。
私としては、仕事のBGMとして聞き流していただけだったため、
演奏についてコメントできません。。。
(ダソルくん、テヒョンくんについては、最初のソナタで驚嘆してBGMとはしておけず、聴き入ってしまいました…)

さて、

2位のボザノフ君(ブルガリア)、
4位のファヴォリン君(ロシア)、
6位のキム・ダソル君(韓国)

の3名は、この秋のショパンコンクールにもエントリーしています。
注目ですね。


ショパコン・エントリー者のなかに
Mr Denis Evstuhin (Russia)とあるのですが、今回1位の
Mr Denis Kozhukhin Russia) とは別人なのでしょうね?

2010年5月29日 (土)

エリザベート(PTNAの記事)

エリザベートコンクールについて、
ピティナでもレポートされていました。(→

この件、知り合いの方から情報をいただいていたのを、すっかり失念。
今、はっと思いだして読んできました。

こちらの記事によると、
佐藤くんは、今後、指揮にも取り組んでいくとのこと。なるほど、納得です。

彼のファイナルの演奏は、高く評価されています。
シューベルトソナタでのミスタッチには触れられていません。
私のほうが、「ミスタッチのない佐藤君」という先入観を持ちすぎていたのかも。。。
私には「苦渋の表情」に見えたものも、
実は、次の新曲演奏に向けての「精神統一」の現れだったのかもしれません。

新曲の演奏で「ブラボー」が出たのは、初めてだったとか。
この演奏は、彼の「白眉」と表現されています。

この「新曲」とは、このコンクールで「初演」されるもの。
演奏の8日前に初めて楽譜が渡され、各自が準備するのだそうです。
楽譜を手にしたファイナリストたちは、携帯やらパソコンも取り上げられたうえで
一軒の家に集まって、ファイナルその日まで、ともに過ごすのだとか。
これからの音楽界を担っていく若手たちが、ともに生活する、それ自体も得がたい経験になるでしょうね。

この新曲に選ばれたTargetを作曲したのも、韓国の若手。
韓国、すごすぎます。

2010年5月28日 (金)

エリザベート・ファイナル(2)

エリザベート王妃国際コンクール、ファイナル。
とてもとても、全員の演奏は聴けませんが、
ここまで、ちょこちょこ聴いてみた中で、
惹きこまれて全曲を聴いてしまい、感動したのは、

KIM TAE-HYUNG  くんの演奏です。

彼のファイナル・プログラムは次の通り。

Ludwig van BEETHOVEN Sonate n. 6 in F op. 10/2 | Sonate n. 6 en fa majeur op. 10/2 | Sonata n. 6 in F major op. 10/2
JEON Minje Target
Johannes BRAHMS Concerto n. 1 in d op. 15 | Concerto n. 1 en ré mineur op. 15 | Concerto n. 1 in D minor op. 15

ベートーヴェンのソナタ、学習者には馴染み深い曲ですが、
これほど美しい曲だったとは、今の今まで、気付きませんでした。

ブラームスの協奏曲も圧巻でした。
ピアノの音色の美しさには、舌を巻きます。
盛り上げ方も自然で見事。

本人も、納得の演奏だったのでしょう。
弾いているうちに、表情がどんどん良くなっていっていました。
オーケストラ団員の表情まで、やわらかくなっていったよう。

演奏後は、TAE-HYUNGくん、感極まって涙があふれ、
会場はブラボーの嵐。
ネットで聴いているだけでも感動ものでした。

対照的だったのが、注目の佐藤君。
大得意のはずのシューベルトのソナタ、
もちろん、全体を通しての曲づくり、音色は秀逸なのですが、
ところどころ、音が濁ったり、つぶれたりした箇所が。

今まで、何度も彼の演奏を聴いていますが、こんなことは、初めて。
この曲演奏後の佐藤くんの表情が、苦渋に満ちていたのが、
すべてを物語っているような。。。

セミファイナルでは、本当に楽しげで、のびやかで、
さすがの演奏だったのですけれど。
「ここ一番」でベストに持っていく、というのは大変なことですね。

ただ、さすが知性派の佐藤くん(PIOの勝手な印象です)、、
協奏曲では、みごとに持ち直し、最後にはいい表情になっていました(安堵!)。
ブラボーの声もかかっていました。
このあたり、さて、審査では、どう評価されるのでしょうか。。。

佐藤くんのファイナル・プログラム

Franz SCHUBERT Sonate in A D 959 | Sonate en la majeur D 959 | Sonata in A major D 959
JEON Minje Target
Sergey PROKOFIEV Concerto n. 1 in Des op. 10 | Concerto n. 1 en ré bémol majeur op. 10 | Concerto n. 1 in D flat major op. 10

2010年5月26日 (水)

エリザベート・ファイナル(1)

今週から、ついにファイナルが始まっています。
Liveの配信は、日本時間の真夜中、ということで、
録画で、ちょっと聴いてみました。→ VIDEO

ショパンコンクールの本選にもエントリーしていた、韓国の
KIM Da Sol  君の演奏に驚嘆しました!

こんなハイドン、初めてです。
実にのびやかに、鍵盤と戯れつつ、鍵盤を慈しみつつ、
やわらかな音楽を奏でています。

コンクールにありがちな、
「技術ひけらかし、いけいけ、どんどん!」
とは全く異なる、別の世界の演奏です。

一聴の価値あり!です。

2010年5月23日 (日)

ショパンコンクール予選通過者

ショパン生誕200年の今年は、5年に1度のコンクールの年でもあります。
10月の選考会に向け、予選通過者のリストを見つけました。
書類と録音により、160人の応募者を81人に絞ったようです。→ 

81人の国籍をみると、
日本17名、韓国4名、中国6名(うち1名香港)、台湾5名。
上記東アジア勢は、総勢32名です。
(多少、数え間違いがあるかもしれませんけれど……)

現在開催中のエリザベート王妃国際コンクールでは
韓国勢の活躍が目をひいていますが →  、
ショパンコンクールでは、それほどでもないような。。。
でも、この中からさらに選抜されていくうちに、また目立ってくるのでしょうか?

そういえば、エリザベートでもファイナルに残っている
Mr Da Sol Kim
の名前も発見。続けざまの
コンクール参加、精神力もただものではないような。

日本勢では、
以前リサイタルを聴いた(→
萬谷衣里さんがエントリーされています。

前回はドンヒョクくんにハマったわたくしですが、
今年はどんなピアニストにめぐりあえるでしょうか。
大変楽しみです♪

愛好家のパワー実感

ピアノ愛好家の練習会に参加してまいりました。
3時間で、お互いに弾き、聴きあうというものでしたが、

「♪曲に対する愛♪」

に満ち満ちた時間でした。
大変刺激を受けました。

仕事に追われていようとも、はたまた、子育て世代の母であろうとも、
休日にこのような場に足を運んでくる方々というのは、さすがなものです。

「定期的に職場の仲間を集めて、プチ・リサイタルのようなものをしている」
「ネットを駆使し、スタインウエイのグランドピアノを個人輸入で購入した」
「人前で弾く機会を求めて、”ステップ”に参加している」

……”ステップ”というのは、ピティナ(PTNA・全日本ピアノ指導者協会)主催の
★「アドバイスつき公開ステージ」(ピアノステップ)というものです。

当然のことのようにこれに参加(それもすでに複数回)されている方々が、

「このまえのステップ、いかがでしたか?」

と、あいさつのように言葉を交わされていることにも驚嘆いたしました。
世の中、パワフルな方々が大勢いらっしゃるものです。
練習後のお茶の席では、この会の今後に向けてさまざまな企画案なども出され、
わたくし、ただもう、刺激を受けてまいりました。

ここのところ、ピアノから遠ざかっていたのですが、
ちょっと気を入れなおして、がんばってみようかという気になりました。
そうそう、ちょうど、調律も終えたことですし。

2010年5月21日 (金)

1年ぶりの調律

1年経つのって、早いです…
本日、我が家の40年選手、アップライトピアノを調律していただきました。

まず第一の課題は……
ペダルの「きこきこ」音。

どうやら、私のペダルの踏み方に、妙なクセがあるようで、
それを長年やられたピアノくんのほうがネを上げたらしいです。。。
調律師さん、また、ほかの人が踏んでも、それほど「きこきこ」言わないのに
私が踏むと、みごとに「きこきこ」!

原因は、ペダル根元に巻いてある「皮」が擦れ合う音と、
ハンマーに貼ってあるフェルトが固くなって擦れ合う音との、ダブル攻撃
と判明。

フェルトを柔らかくする薬剤を注入し、ペダルも調整してもらうことで、
やっと解消しました。「きこきこ」音。
でも、日が経つとともに薬剤効果が薄れ、「きこきこ」復活!という可能性も高いそうな。。
いずれ、ハンマーを全取り換えしたほうがいいそうです。

はあ。。。。

あとはいつもの調律をお願いしたあとで、試し弾きしてみたのですが、
それを聴いて、調律師さんいわく

「うーん。弱い音と強い音の差が、出にくくなってますねえ。
やっぱり、フェルトが固くなったからでしょうねえ。」

でも、わたくしは、ひそかに思ったのでした。

……ここしばらくの練習サボりの結果に相違ない!ピアノくんよ、許せ!!

2010年5月16日 (日)

ファイナリスト発表

エリザベート王妃国際コンクール、
ファイナリストが発表されました。→ 

佐藤卓史くん、ファイナリストに残っています。
いかにも玄人受けしそうな、理知的に組まれたリサイタルプログラム、
実に楽しげに弾き切った、モーツァルト協奏曲、見事でした。

軽やかな協奏曲、
重厚なリサイタル、
このあたりの選曲の妙も、選考にカウントされるのでしょうね。

セミファイナルのリサイタルプログラム(佐藤卓史)
    Ludwig van BEETHOVEN
    Sonate n. 32 in c op. 111 | Sonate n. 32 en ut mineur op. 111
    Jean-Luc FAFCHAMPS
    Back to the Sound
    
Robert SCHUMANN
    Widmung
    
Bela BARTOK
    Sonate BB 88

それにしても、韓国勢の活躍ぶりが目をひきます。
ファイナリスト12名中、5名が韓国国籍。

ファイナルは5月24日(月)~29日(土)です。

2010年5月14日 (金)

レクチャーの難しさ

とある「レクチャーコンサート」に足を運びました。
テーマは「モーツァルト、ベートーヴェン、そしてシューマンへ」

「レクチャーコンサート」とは難しいものだ。。。という感想を持ちました。

何を意図した「レクチャー」なのか、意図がつかめませんでした。
とりあえず、作曲家の生涯を、手持ちの写真を交えて雑談風に紹介してみました
といった趣。……ゆるい「概論」つなぎあわせ?

演奏曲の選曲は、レクチャー担当の指揮者ではなく、演奏者によるもの。
なぜ、そのレクチャー(?)にその曲なのか、という必然性?
「おお、それは指揮者の視点ならでは!」という情報?……うーん。。。

レクチャーされた指揮者は、
昨日までは雪の山形、
明日からはギリシャ、というスケジュールをこなされるそうで、
そんな強行スケジュールの中、今日の催しを準備する余裕もなかったのでは?

何を伝えたいのか、コアの部分をしっかり企画することが大事ですね。
あらゆる意味で、自戒も込めて。

演奏曲目は以下のとおり。
演奏がよかっただけに、
これならば、じっくり「演奏だけ」を、もっと聴きたかった、と思いました。

**********************************

モーツァルト  ヴァイオリン協奏曲 第5番 イ長調 『トルコ風』K.219より
        第3楽章

ベートーヴェン  ヴァイオリン・ソナタ 第4番 イ短調 op.23より
        第3楽章

シューマン  ヴァイオリン・ソナタ 第1番 イ短調 op.105 全3楽章

        3つのロマンス より第2曲 (クライスラー編曲版)

2010年5月12日 (水)

エリザベート王妃国際コンクール

ベルギーで行われるエリザベート王妃国際コンクール、
今年は、4年に1度の「ピアノ部門」です。

セミファイナリストに、
日本人の佐藤卓史さん、前山仁美さんが残っています。

ライブで、また録画で、演奏が視聴できますのでご紹介。
……とあるサークル仲間からの情報に、感謝です♪

 ライブ
    録画
      コンテスタント情報

これまでに何度かリサイタルを聴いている、佐藤卓史さんを応援している私です。

因みに、これまた、ここで何度か取り上げている韓国のドンヒョクくんは、
2003年に「3位」を不服として受賞を辞退しています。

ああ、目が、耳が離せなくなりそう……
寝不足に拍車がかかりそう……

2010年5月 7日 (金)

オーケストラ!

このところ、かなりオーバーワーク気味のわたくし。
このブログの更新頻度にもそれが表れてしまってますが、
連休中も、LFJには足を運んだとはいえ、それ以外は自宅でずーっとパソコンに向かっていたような具合です。

そのせいか、「気分落ち込みモード」に入っていることを最近自覚するように。
ここらで気分転換!ということで、
本日の仕事帰り、ネットで衝動買いした映画に行ってきました。

オーケストラ!

1980年代、当時のソ連の権力者によってオーケストラを潰され、職を追われ、
現在は掃除人として生計をたてている元・有名指揮者が、
掃除中に偶然手に入れた情報から、一大プロジェクトを企画。
それは、当時の仲間を集めて「にせのボリショイ・オーケストラ」を結成し、
パリの劇場で公演を実現させてしまおう!というもの。

その実現までを描いた映画です。

最後の公演の場面、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲が、圧巻でした。
「30年ぶりに集まった楽団員が、リハーサルもナシで」
公演を成功させてしまうなんて、もう、絶対、あり得ない話なのですが、

このソリストで、この指揮者で、この団員たちだったら、、、あり得るかも?

と思わせるように細部が描かれます
冒頭部の「失笑をかう」演奏が、見事な演奏に変わっていく様子、
団員の表情の変化、も見ものでした。

人間関係にも、ほろりとさせられます。
チェリスト(救急車の運転手)サーシャの魅力が光っていたと思います。
「言葉は、どんなに言葉を尽くして語っても、通じないものだけれど、
音楽は、それだけで通じる」
といった言葉にも、じーんときました。

映画を終わって、
自分の中に沈澱してきた「澱」を取り除けたような気分になりました。
おすすめです。

2010年5月 3日 (月)

熱狂の日 No.262 アダム・ラルーム

熱狂の日No.262
2010年5月3日(月)11:30-12:20@ホールG402

アダム・ラルーム(ピアノ)

モーツァルト:ピアノ・ソナタ第12番 ヘ長調 K.332
ショパン:即興曲 第3番 変ト長調 op.51
ショパン:2つのノクターン op.27
ショパン:スケルツォ第1番 ロ短調 op.20

********************************************************

さわやかな、すがすがしい演奏でした。
ペダルを多用せず、クリアな音で、若々しく。

ピアニストは、昨年のクララ・ハスキル・コンクールで優勝した注目の若手。
フランス人とのことで、
「あの軽やかさ。やはりフランスの演奏であったか!」…納得です。

冒頭のモーツァルトは、ピアノを習う人は必ず弾く、初中級者向けの定番曲。
さすがの演奏でした。
この曲、プロの演奏家による生演奏を聞いたのは、初めてかも。
モーツァルトって、改めてすごい作曲家だと思いました。

ショパンの3曲は、連続しての演奏。
ラストのスケルツォ、最後のほうでは、集中力が少し途切れた?
と思わせるような箇所もありましたが、うまくまとめていたと思います。
まだまだ、発展途上、これからの成長が楽しみ、と思わせる演奏でした。

小さいホールで、私の席は、ピアニストの「真後ろ」。
さすがに、音が響いてはこず、音響の面では今一つでしたが、
ピアニストの動き(細い彼、背骨が浮いてました…)、息遣いなどがわかって
それもまた、おもしろく感じました。

…実は、一番印象に残ったのは、演奏後のこと。

会場を後にして、エレベーターを降り、数歩、歩いたところで、ビックリ!
つい数分前まで演奏していた、アダムくんその人が目の前に!
アダムくん、リュックを肩にひっかけた姿で、すっかり「一般人」と化し、
チケットカウンターで、何やら質問中。。。

一瞬で一般人、というか、素朴な学生に戻ってしまう、
とっても性格の良さそうな、素直そうな、彼なのでありました。

2010年5月 2日 (日)

熱狂の日No.157 ドンヒョク

熱狂の日No.157
2010年5月2日(日)20:30-21:20@ホールD7

イム・ドンヒョク(ピアノ)

ショパン:マズルカ イ短調 op.17-4
ショパン:マズルカ ハ長調 op.56-2
ショパン:マズルカ 嬰ハ短調 op.63-3
ショパン:ポロネーズ 変イ長調 op.61「幻想ポロネーズ」
ショパン:ピアノ・ソナタ第3番 ロ短調 op.58

********************************************************

充実の、実に密度の濃い、50分間でありました。
ドンヒョク、見事な進化を見せて、いや、聴かせてくれました。

今までは”若々しいキラキラ輝く音色”、という印象だったのですが、
今日の演奏では、
苦渋の想い、耐え忍ぶ辛さ、といったものまでも音楽に滲ませ、
それでも、音色の稀有な透明感は失わず、
見事に、彼独自の世界を作り上げていました。

音の重なりがなく、時には無音になってしまう、
旋律の中のそんな瞬間にも、濃密に音楽性を込めてしまう……

彼は、本当に、生来の「詩人」だなあ……と思いました。

昨年、ちょっと苦言を呈した「貼りつき笑顔」(→)も今年はなく、
演奏中はもちろん、その前後の振る舞いも、実に自然体でした。
(たぶん、自宅でもあんなふうに弾いているんだと思います!)

ちょっと笑顔をみせただけで、すいっと引っこんでしまい、
アンコールもナシでしたが、
演奏の集中力、濃密感は、ものすごいものだったので、
まあ、納得です。

今後も目が(耳が?)離せない、と思いました。はい。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »