無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月25日 (日)

久々に…

先月、体調不良につき予約キャンセル&日時変更したスタジオで、
金曜午後、ほんとに久々にピアノに触れてまいりました。

「弾かねばならぬ」曲(ソロ2曲、アンサンブル2曲)、
ざっとさらっただけで終わってしまいましたが、「集中!」の2時間弱でした。

さすがに、指が、動かなく、なってきて、おりました……

2010年4月14日 (水)

しこしまんご

来日したての留学生が、
ホワイトボードに黒々と書いた文字……どこからどう見ても

し  こ  し  ま  ん  ご

???????…… 

実は

「に ほ ん ご」 (日本語)


と書いたつもりだったのでした。

2010年4月11日 (日)

2010年度始動

4月8日が、私の今年度のお仕事開始日でした。
その日、職場で撮った写真です。

二か月前の様子(→)と比べてみると、季節の移り変わり、実感!です。

0408_2

2010年4月 5日 (月)

新たな「友達の輪!」

ピアノを通して、新たな仲間に出会いました。

ネットのおかげで、十数年ぶりに交流を再開した大学時代の友人、
仮装ピアニストさんのご縁により、
彼女の友人お二人が新たに立ち上げたというサークルに、
初めて参加させていただいたのです。

仮装さんとお会いするのは、たぶん、20年ぶりぐらい??
でも、一目会うなり「全然、変わりませんね!」とお互い異口同音に。

そのほかの方々8名とは、本当に初対面だったのですが、
スタジオ借り切り時間のあいだに、次から次へと曲を披露し、
(2巡しました!)、
あっという間に2時間経過。

その後、ファーストフード店にて音楽談義。
練習上の苦労とか、
テレビ、ネット音声、ネット画像でのピアニストがらみのネタとか、
大いに盛り上がりました。

趣味を通して、あっというまに「語りあえる」仲間ができてしまうって
いいですねえ。
ほんわかと幸せな気分になりました。
また、皆様の音楽に対する真摯な姿勢に接して、大変反省させらました。

このご縁、続けていけるといいな、と思います。

歌&クラリネット&トロンボーン&ピアノ

2010年4月2日(金)19時開演 @すみだトリフォニー小ホール
Ribotta 
ソプラノ、クラリネット、トロンボーン、ピアノによる
室内楽の楽しみ

G.F.ヘンデル  涙の流れるままに
G.マルティーニ 愛の喜びは
L.v.ベートーヴェン 「大ソナタ悲愴」より 第2楽章
G. Ch. ワーゲンザイル  トロンボーン協奏曲
F.シューベルト 岩上の羊飼い

L.d. パブロ Pardon
E.グリーグ 「ペール・ギュント」より
  朝  ソルヴェイグの歌  アニトラの踊り
  ソルヴェイグの子守唄 アラビアの踊り 山の魔王の宮殿で

ヘンデル ラルゴ(オンブラ・マイ・フ)

*******************************

忙しさに紛れ、アップが遅れました。
音楽大学時代の仲間が集って結成したという室内楽カルテット、
Ribotta の第一回公演です。

大変めずらしい編成の室内楽ですが、
「仲間」なればこそ!と思わせるような一体感でした。

音色が異なるゆえに、ちょっとした乱れも目立つという側面もあり、
室内楽の難しさも改めて感じました。
個人的には、悲愴の第2楽章(クラリネット、トロンボーン、ピアノ)、
グリーグ(曲により編成さまざま)がよかったです。

高齢化社会の中で、老後に向けてのカルテット結成なり……
といった、演奏者からのメッセージも飛び出し、
アットホームな雰囲気のコンサートでした。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »