無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« やっと蔵出し | トップページ | パソコン5年目 »

2008年12月 5日 (金)

『名もなき毒』

081205namonaki 久々に読みました。宮部みゆき。
最近ちょっと敬遠気味でした
…超能力めいた話題が多くなってきたような気がして。

『名もなき毒』…新刊ではありません。2006年刊。
図書館「貸し出しベスト」1位に興味を持って、借りた次第。

よくできたストーリーでした。
社会的に下位の人々(客観的に見ても悲惨な場合も、
主観的にそう思い込んでいる場合も)の抱く、
階層的に恵まれた人々に対する、悪意、毒。

今話題の、○○省幹部に対する憎悪が引き起こした事件をも彷彿とさせます。

「逆玉」で高階層になった主人公の、ほんわかした「いい人」ぶり、
一般庶民の生活も、財閥の生活も知った立場からの観察ぶり、
なかなか面白く読めます。

冒頭から発生する事件、どれが、どう結びついていくのか、なかなか見えず
サスペンス度高し。
脇を固める人物(定年間近の実直サラリーマン、独身女性編集長、
マスコミで話題になっている新進ジャーナリスト、警察を退職した探偵…etc.)
の描き方も確かです。

この主人公を描く前作もあるようなので(『誰か』)、こちらも借りてみようと思います。

« やっと蔵出し | トップページ | パソコン5年目 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっと蔵出し | トップページ | パソコン5年目 »