無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 秋の陽射し~都心のお庭~ | トップページ | ショパンの音楽日記:No.3 »

2008年11月25日 (火)

『北京大学てなもんや留学記』

081125tenamonya 中国、おそるべし、その実態!
……ということを、たいへん明るく、わかりやすく実感させてくれる、生々しい具体例満載、パワー満点の本です。

「なぜ意見を持たない、なぜ分析できない!」
と、中国からの留学生を歯がゆく思うことが多いのですが、なるほど、こういう社会で生まれ、育ってきていたのならば……と、「腑に落ちる」こと多々。

「悪事」の概念が違う(何より「恩を売る」のが肝要、組織上の不正は当然)、
学者が生き残るために必要なのは、研究そのものよりもまず、「政府の顔色を見るという別の処世術」である、……

中国に興味のある方には、一読をお薦めします。

« 秋の陽射し~都心のお庭~ | トップページ | ショパンの音楽日記:No.3 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の陽射し~都心のお庭~ | トップページ | ショパンの音楽日記:No.3 »