無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 熱狂の日5:シャオメイ・シュ_ソロ | トップページ | 慌しい… »

2008年5月 6日 (火)

熱狂の日6:こどもの日

No.412
5月5日(月)12:15-13:00@ホールA
東京都交響楽団・小泉和裕(指揮)

・ベートーヴェン:歌劇「フィデリオ」序曲
・シューベルト:交響曲第3番 ニ長調 D200

No.424
5月5日(月)15:30-16:15@ホールB7
高木綾子(フルート)
オーヴェルニュ室内管弦楽団/フランス
アリ・ヴァン・ベーク(指揮)/オランダ

・ロッシーニ:弦楽のためのソナタ 第1番
・サリエリ:フルートと管弦楽のための室内小協奏曲 ト長調
・シューベルト:5つのドイツ舞曲 D50

いずれも、視覚的にも(小泉氏の指揮ぶり、高木さんの美しさ、etc.)
音楽的にも、大変楽しいものでした。

サリエリ、軽快で美しい音楽を書く方ではありませんか!
モーツァルトの仇役としてのみ名前が知られてしまって、気の毒。
パンフによると「モーツァルトとの不仲説は後世の創作」とのことです。
シューベルトにイタリア歌曲の作曲を教えた教育者でもあるのですよ。

このほかに、屋外の東屋のようなスペースでの無料コンサートも楽しみ、
シューベルト広場でCD物色も。
有料コンサート4種をはじめ(前の記事、2つのレビュー参照)、
音楽三昧の「こどもの日」でした。

« 熱狂の日5:シャオメイ・シュ_ソロ | トップページ | 慌しい… »

音楽(レビュー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 熱狂の日5:シャオメイ・シュ_ソロ | トップページ | 慌しい… »