無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 熱狂の日1:小菅優ソロ | トップページ | 熱狂の日3:樫本大進_協奏曲 »

2008年5月 4日 (日)

熱狂の日2: 5/4午前

080504lobby美しい新緑が目に鮮やかな、ガラス館ロビー。
今日は朝9時過ぎから、ここの4Fへ足を運びました。
会議室に反響板を設置しての、今年の新会場です。
No.361 
5月4日(日)9:45-10:30@ホールG409
児玉麻里(ピアノ)

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第19番 ト短調 作品49-1
シューベルト:ピアノ・ソナタ第13番 イ長調 作品120 D664
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第25番 ト長調 作品79
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第24番 嬰ヘ長調 作品78

厳格なピアノ教師による、生徒のための模範演奏。
毅然たる表情・風格の、美貌教師による、
ミスのない、かたい演奏。…そんな趣でした。
(開場の音響のせいもあるのかもしれませんが…)

080504freeそのまま半券を握り締め、無料コンサートが催される地下ホールへ。「未完成」第一楽章を聴きました。
指揮者に正対する、オーケストラ背後の席。
管楽器(席から距離が近い)の音がビンビン届きました。
演奏自体にも、今後の演奏や定期公演に聴衆を誘うスピーチにも、アマチュアの気概があふれていて、共感!

そして今。
銀座での買い物を楽しんでから帰宅して、午後9時過ぎ。
実はこれから、また演奏を聴きに出かけるのです。
なんだか不良気分で、わくわく…

« 熱狂の日1:小菅優ソロ | トップページ | 熱狂の日3:樫本大進_協奏曲 »

音楽(レビュー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 熱狂の日1:小菅優ソロ | トップページ | 熱狂の日3:樫本大進_協奏曲 »