無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

大晦日

071231kagamimochi_2 和室、床の間のない我が家。
リビングの出窓で、季節の変化をと試みております。

一日飾りはよくない
ということで、30日に慌てて飾ってみました。
とりあえず、手持ちの食器類でお正月気分を。

今日から、夫の実家に2泊してきます。
次の更新は年明けですね。

本年は、拙ブログへのご来訪、どうもありがとうございました。
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。
来年も(来年こそは?)いい年になりますように。

2007年12月29日 (土)

大掃除の進捗状況

本日のターゲットは台所。

まずは冷蔵庫に着手。
はずせる棚ははずし、
棚も内部も、たわしでゴシゴシした後、水拭き、そしてアルコール消毒。
受験生を抱えて、食中毒など出さぬよう…

アクセルがかかってきたところで、
冷蔵庫の外側、壁、食器棚の表面などなど、垂直部分を拭き拭き。
ついでに、家電製品の表面も拭き拭き。

次は水平部分。
調理台、レンジ台など、歯ブラシを動員してシコシコと。

仕上げは床。
キャスター付きのものは動かして。
掃除機登場のあと、雑巾がけ、仕上げにワックスがけ。

とりあえず、今日はここまで。

本当は、書斎の「書類の山」をなんとかしなくてはいけないのですが……
捨てるか否かの「分別(ぶんべつ)」、ファイリングが面倒で、逃げています。

台所は、悩む必要なく作業が進んで、気分よし。
有線放送が入って、音楽聴きながら作業できるのもポイント高いです。

引っ越して1年。
いままでに比べて、台所掃除は格段にラクでありました。
理由を考えて、はたと気づいたのが
「食器洗い機の功績!」

食器を全部手で洗っていたときは、
食器の山を片付けることだけで手一杯。それだけで「一丁上がり」の気分でした。
が、食洗機に食器を任せられるとなると、
調理台とか、床とか、壁とか、他の部分に目をやる余裕が出来たような。
今までよりは、こまめにチョコチョコと掃除していたと思うのです。

さて、明日から2日間、
おせち料理づくりの手伝いに、姑の家に通います。

書斎の片付けは、年を越してしまうかもしれません。。。

2007年12月26日 (水)

授業納め

クリスマス返上での補講が終わりました。
年内、まだ研究会などの用事が残ってはいますが、
授業に限れば、今年の仕事はこれでおしまい。

バタバタとクリスマスツリーを片付けて、
このブログのテンプレートも、クリスマスモードから一新して
これから年末モードに突入です。

2007年12月25日 (火)

外国人トップの仕事術

フランソワ・デュポア著
『日本人には教えなかった外国人トップの「すごい仕事術」』

慶応大学で「キャリアデザイン」を担当する著者は、
フランス出身の作曲家であり、マリンバ演奏家でもあります。
その彼と、カルロス・ゴーンをはじめとする外国人トップとの対談集。
印象深かったコメントを抜き書きします。

<日本の若者の強み>
★日本の若い人たちは、精神的にとてもオープン。
開放的だし、好奇心もあるし、世界に対してマインドが開いている
日本人というアイデンティティを持ったまま、オープンな状態でいられる。
通常、アイデンティティが強くなると、異質なものを排除するようなことが起きがちだが、日本ではそれがない。
規律、忠誠心、献身的な取り組みといった特徴的なものを上の世代から引き継ぎ、アイデンティティも独自文化もあるのに、欧米やアジア、中国で起こっていることにも関心がある。このオープンなマインドは、日本の若者の持つ大いなる強み、大切な強みだ。
(by ゴーン氏)

★若者に限らず、日本人一般について、基本原則として、とにかく何でも反対意見をまずは出してみる、という性質を持っていない。
フランス人は、とりあえず上司の言うことには反対をしてみる、それが原則だから、という理由で口を開くことがあるが、
日本では、上司に反対意見を言う時は、ほかにやり方があるから口を開く。
これは生産的だ。こうした日本式コンセンサスは好きだ。
また、正確さ、ディテールや見た目への配慮がある。
日本人は基本的に目に見える美を賛美する国民だが、これは仕事にも現れている。
日本人自身が思っているよりも、日本人ははるかにクリエイティブな国民だと思う。
(byコラス氏 シャネル日本社長)

「日本の若者は……」という文脈で語られるとき、
とかく自虐的、否定的な論調が多いように感じますが、上記のようなコメントもあながち的外れではないな、と思います。
そうだ、美点をもっと自覚しようよ!と思うわたくし。

書名のとおり、外国人トップの方々5名が登場するのですが、
印象的だったのは、どの方も
「若いうちから今の道を目指していたわけではなく」
「偶然が重なって」今のポジションに着くことになった、と口を揃えている点。
筆者自身が、音楽家への志半ばにして転身を図っていることとも連動するのでしょうが、
若いうちから「一つの道を思い定めよ」と強いる必要はないですよね。

若い人に向かって、
「夢は何?」
「何がしたいの?」
と問うてばかりいるのも考えものだな、と思います。
それよりは、
その場、その場で、モチベーションを高めていける能力、
チャンスを逸せずに行動できるだけの自信を鍛えたほうがいいぞ!と。

仕事術、というタイトルですが、それよりは
「しなやかに生きようよ!」メッセージ集、といった趣の本でした。

2007年12月24日 (月)

X'mas前々夜の晩餐

071223table昨日は、
私の仕事、夫の仕事、息子の塾、
三拍子そろってお休みという、最近では稀なる日でした。

クリスマスも近いし、せっかくだから…
ということで、妹にも来て貰って、
クリスマス前々夜の晩餐会と相成りました。

といっても、例のごとく手抜きの食卓。。。
頂きもののカニ2はいを解凍して切れ目を入れ、
これまた頂きもののローストビーフを切り、
妹が買ってきてくれたチーズ&生ハムを並べ、
あとは
付け合せにサニーレタスをちぎって、ポテトをふかし、071223cake
パンを切って、簡単なサラダを作ったぐらい。
あ、冬至に作った「かぼちゃのいとこ煮」を箸休めに。
ロゼのシャンパンも開けて乾杯です。

最後の締めは、
息子のリクエストによる「切り株のケーキ」。
チョコレート専門店のものだけあって、大層美味。
これは手作り出来ない味ですねえ。。。

デコレーションの小人、斧、ベルなども、まあ可愛らしい。
来年はこの飾りを使いまわして、クリスマスケーキ自作を!……なんてね。

2007年12月21日 (金)

バナナケーキ

071220banana2_3 071220bananacake

バナナを使ったケーキ、半年前にも作ってみましたが(→
今回はメレンゲを泡立てる時間も気力もなく、思いつき簡易版で焼いてみました。
結果が上の写真。
思ったよりうまくいきましたので、アバウトなレシピ紹介。

・バナナ(大)2本…フォークでつぶしてレモン汁とオリーブオイルで和えておく【A】
・バター100g…柔らかくしておく(ラップにくるみ、レンジ弱で30秒チンでもOK)
・ブラウンシュガー80g
・卵2個…冷蔵庫から出して室温程度にしておく
・小麦粉130g…ベーキングパウダー少々を加えておく【B】

1)バターを泡立て器でまぜ、シュガーを3回ぐらいに分けて加えていく。卵も1個ずつ加えてさらに泡立てる
2)【A】のバナナを加えて混ぜる
3)泡だて器をゴムべらに持ち替え、【B】をザルで漉しながら、3回ぐらいに分けて加え、さっくり混ぜる。
4)170度のオーブンで45分ぐらい焼く

2時過ぎに帰宅して、一息ついてから台所に立ち、
息子が帰宅した4時にはホカホカ状態で焼きあがっていました。
これならボウルも1個でOK。
ラクにお安く仕上がります。
皮がほぼ真っ茶色になったバナナ、無駄にならなくてよかった♪

2007年12月16日 (日)

ビル一新、気分一新

8月からマンション大規模修繕に入り、
ビル全体がすっぽりと幕に覆われていたのですが
我が家の区画に関しては、すべて覆いがとれました!

というわけで、午前中は、網戸の取り付け作業ですったもんだ。
これを機に、網戸本体はもとより窓枠なども拭き掃除。
年末大掃除のノルマを果たしたような気分です。 071216window_wide_2 071216window1
いい気分ついでに、リビングの出窓を撮ってみました。
ステンドグラス3つは、母の作品です。
日光がもっと入る時間帯は、さらに綺麗なのですが、
それを写真に撮ろうとすると逆光になってしまって、難しいですね…

071216cake 昨日のケーキを切ってみたのが左です。
かぼちゃのケーキと言うと
ちょっとパサパサしたイメージがありましたが、
これは、挟んだクリームの効果でしっとり。
見た目では、”どこにクリームが?”
…と思いますが、食べてみるとわかります。

幸い、息子も旦那も喜んでくれたよう。
よかった♪

2007年12月15日 (土)

パンプキン・ケーキ

今日は久々に、一日中家に居られる日でした。
このところ、仕事関係、息子関係の用事が目白押しで、
週末返上で飛び回らざるを得なかったのです。

そんな今日、久々にケーキを焼いてみようかと思い立ちました。
なぜかというと……
野菜かごににデンと居座るかぼちゃが目に入ったから。
週一回配達される、野菜セットinダンボール箱に入っていたものです。

3人家族のうち私以外の男二人は、かぼちゃに対して大変に邪険。
どんな料理を作ってみても、結局は私が一人で黙々と食べる羽目になります。
それなら、ケーキでいってみようかと。
ストレスのたまった私自身が甘いものを欲したというのもあるかもしれません。

参考にしたのが、
ネットで知り合った、かぷりさんのホームページで見つけたレシピ。
かぼちゃ'n パウンド
詳しいレシピは、かぷりさんのHPからどうぞ。
→(の上部バー "Kitchen"→"おやつ・デザート"→かぼちゃ'n パウンド)

超アバウトな私は、手持ちのものでちょっとアレンジ。

薄力粉100g&強力粉50g→薄力粉150gに
重曹→ベーキングパウダーに
サワークリーム→ヨーグルトに
卵黄3個、卵白3個→Sサイズ卵3個(卵黄3個、卵白3個)に
パウンド型→ラウンドケーキ型に

071215pumpkin1かぼちゃは、電子レンジでチンすると、
重量が6割ぐらいに減ることを発見。
水分が飛ぶということでしょうね。

左画像の奥、
スピードカッターの中身がチンしたかぼちゃ。
左のボウルがバター&砂糖&卵&かぼちゃの生地。071215merenge
ホーローボウルが、メレンゲ。
右画像はメレンゲの拡大。 
ちゃちな泡だて器でも、
結構マトモに泡立ちました。

このボウル二つの中身と粉をあわせて
ベースの生地が出来上がり。その生地に
クリームチーズ&かぼちゃ&メープルシロップのクリームをはさんで焼き上げます。

071215pumpkin2 右端のボウルが、そのクリーム。
真ん中がケーキ型に入れた生地。
こんなにたくさんのボウルを動員しての作業なんて、
ずぼらな私としては快挙です。071215pumpkin3

出来上がりはこちら。→
実はまだ味見をしていません。
かぷりさんによると
「2,3日置いてから食べると、さらに美味しい♪」
とのことですので、楽しみにしたいと思います。

2007年12月 8日 (土)

楽譜持ち寄り会

12月に入って1週間が過ぎてしまいました。
師走とはまさに言いえて妙。
文字どおり慌しく走り回る日々で、ブログの更新が滞っております……

そんななか、今日は命の洗濯をしてきました。
早朝から「部活の朝練」のノリ(?)での、ピアノサークルの集まりへ。
朝7時に自宅を出たという遠方からの仲間もいて、頭が下がりました…

9月の演奏会が終わって以来の集合です。
参加者6人、入れ替わり立ち替わり、ピアノを弾いての3時間。

1)演奏会で弾かなかった新曲の発表(ソロ4曲、連弾1曲)
2)来年度に向けての連弾試し弾き(3ペア、5曲)
3)初見の楽譜を使っての、お楽しみ&お遊び連弾
(モーツァルトのリレー連弾&クリスマスソング)

いやあ、楽しかった!
その後は近くのイタリアン・レストランで美味しいランチに舌鼓。
次回のコンサートに向けての話し合いのあとは
ほとんど漫才のかけあい状態に至っての雑談三昧。

さらに、数名で楽譜店まで足を伸ばし、
いろいろと新譜を物色して楽しみました。
実に濃密な半日でありました!

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »