無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 出張演奏会 | トップページ | 歌曲のリスト編曲版 »

2007年8月20日 (月)

『夏の庭 The Friends』

070820nastunoniwa 「夏休みにお薦め」というコピーをみて、
息子にいいかも、と借りてきた本。
息子いわく、
「まあまあ、かな。」

読んでみて……なるほど。確かに。
3人組の少年(この3人の造型、ちょっとステレオタイプ)が
「死」というものに関心を持ち、
ある老人が一人でひっそりと暮らす家を見張るようになる

というところから物語はスタート。
「見られている」意識から、しゃっきり変身(?)するお爺さん、
少年たちはといえば、お爺さんの指示でシャキシャキ働いちゃったりして、
いろいろな話を聞いたり、新しい体験をしたりするなかで
お爺さんの「一人暮らし」の経緯を知り、「ご対面」演出に動き出したり…。

こういった交流は、とっても自然にほのぼの描いているのですが、
ストーリーが動くとき、展開があるときの「必然性」がちょっと弱いかな。
おおっ、なぜそうなる?唐突に!
といった印象が否めない。。。

でも、夏休みのいま、骨休み気分で読むにはちょうどよい本でした。

湯本香樹実って、初めて読んだのですが、音楽大学出身なのですね。
オペラの台本を書いたのがきっかけで、作家の道に入ったとか。
この本で、児童文学の賞をいろいろとっていて、映画にもなったとか。

児童文学を読んで、ちょうどいい気分の私……老化現象の始まりか?

« 出張演奏会 | トップページ | 歌曲のリスト編曲版 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この作品は何年か前の「課題図書」にもなってたかも?
映画化もだし、舞台もいろいろあって、アタシは子ども達と一緒に入っている”親子劇場”というサークルで観たのですが、確かに原作読んでるより、舞台の方がダイナミックで面白かったかも(小さな必然性なんて気にならなくなるし??笑)

オペラの台本から・・・っていうのが納得!ですね
この本と対になって採り上げられるのが梨木香歩の『西の魔女が死んだ』ですが、これは男の子向き、ではないかな
アタシはこの『夏の庭』より好きで、娘たちにも奨めてますが。。。

そうですか、課題図書。
梨木香歩の『西の魔女が死んだ』も、まさにセットで借りてきて
私は楽しく読みました。
確かに、「死」をめぐってという意味では『夏の庭』と対になりますね。

息子が読んだかどうか、確認していません。
途中で投げ出した可能性が高いかなあ。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 出張演奏会 | トップページ | 歌曲のリスト編曲版 »