無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

『七夕しぐれ』

070731tanabata 熊谷達也『七夕しぐれ』

「史上初の直木賞&山本周五郎賞ダブル受賞作家が差別問題に正面から取り組んだ、魂に響く成長譚」
という説明を読み
「これは息子にいいかも……」
と、借りてきた本です。
けれども、あまり息子の気を惹かなかったようで
1週間以上放っておかれていました。
(その間に、私のほうが、この本の隣にあって借り出した
『虹色にランドスケープ』を読んでしまった訳です…)

しかし、先週末、息子は一気に読んでしまったとのこと。
そういえば、妙な質問を連発していました…
曰く、
「エタ、ヒニンって、いつの時代からいつの時代までいたの?」
ママの時代、切手集めの趣味って、はやってた?」
「うりかけちょうって何?」

売掛帳、と判明。
確かにこの響き、「勧進帳」とかに似てますねえ。江戸時代の響きかも。
それにしても、「ママの時代」という言葉を「江戸時代」と同列に使っていないか?
売掛帳で本が「好きなだけ買える」ということに羨ましさ、好奇心全開の息子。
彼には、昭和と江戸が「同じ程度に昔」と感じられるのか……

……話が脱線しました。
この『七夕しぐれ』は、昭和40年代に小学校5年生だった男の子の成長譚。
引越し先で、差別問題をごくごく身近に感じることとなり、
差別される側の友人二人と組んで、いやがらせをしかける同級生、「ことなかれ主義」で誤魔化す大人たちに対抗する
というお話。

この本の主人公、
迷ったとき、悩んだときには、次の言葉を拠り所として行動します。
「なにが正義なのか、カズ坊が自分の頭で考えるしかないんじゃないの」

なるほど。ドンピシャリのアドバイス。
夜の繁華街で働く「安子ねえ」の、粋でカッコいい発言&行動が光ります。

最後の「3人で組んで、行動に出る」までの下りは、なかなかわくわくさせる展開
(新聞委員の主人公が新聞発行差し止めを受ける→仲間3人で隠れての謄写版印刷→放送委員の仲間が放送室占拠&アジを流す→屋上からのビラ撒き……)です。
息子が
「おおーっ!そういうでっかい話になるか!そうくるか!」
と叫んでいたのは、これだったかと納得。

さて、彼らが計画どおりに行動後
「結局、私たちの正義が勝ったのか負けたのか、どっちなのかはわからない。というより、そもそも正義には勝ち負けなどなく、貫けるかというかの問題だけなのかもしれないし、正義を信じることができるか否か、がすべてなのだ、とも思う。」
とあります。

息子が妙に「正義」という言葉を使いだしたのはこれだったか、とも納得。
あ、それから
「小説と随筆って、どこが違うのか、わからなくなった」
という発言にも。
この小説が、自分の実体験を思い出してつづっている随筆なのか、
プロットを立てて書いた小説なのか、わからない
ということだったのですね。

ま、いろいろ考えるきっかけになったのなら、よかったでしょう。
私も結構楽しめました。

2007年7月29日 (日)

選挙でした

「午後から雷を伴った雨」という天気予報を聞き、
午前中の早い時間に投票へ行って参りました。
びっくり!投票所の前に長蛇の列。
投票率、高かったのでしょうか?

さっさと投票を済ませた後で知ったのですが、
「毎日ボートマッチ(えらぼーと)」
というサイトで、
主要政党と自分の考えがどれだけ近いかを「一致度」という数値で見られるのですね。
投票後ではありましたが、早速トライ。
投票は、あながち間違いでなかったことを確認いたしました。

さて、天気予報は大幅に時間がずれ、
夕刻7時を過ぎてからの雷となりました。
雷光を見ながらの夕食、なかなかオツなものでありました(?)

2007年7月26日 (木)

怒りの噴火

昔から短気でした。
生きている年月が長くなるにつれ、なんとか人並みにおさまってきたかのように思っていたのですが、それは錯覚だったようです。

このところ、怒りの炎を自分で処理できなくなることが多々。
紙をびりびりと破く、ドアを音高く閉める、大音声で怒鳴る、わめく……

被害を受けているのは家族、中でも息子なのですが、
その彼、そんな私を、おもしろがっているような目で、
「また始まったよ。どれどれ見てみよう!」
といった表情で見るものですから、怒りの炎がますます燃え盛ってしまうのです。

これは更年期かもしれません。

2007年7月25日 (水)

携帯電話との仲

携帯電話、使用するのはEメールと電話のみ。
常にマナーモード設定になっているので、電話には気づかず、かかってきても出ないことがほとんど。
WEB機能に至っては、どこをどうやって使うのかすら、知りません。
なにせ携帯電話の会社名が変わってしまった時点で、
電話機に初期設定で登録されているサイトが使えなくなってしまい、
アクセスしようという意欲すら失ってしまいました。
一番安い料金プランなので、WEBにつなげばその度に通信料がかかりますし。

今の電話機は使い始めて1年ちょっと。
その前に持っていたのが私にとっての「1号機」で、折り畳めない旧式でした。
液晶画面が黒くなり、字が読めなくなったところで、仕方なく買い換え。
”新機能を使いこなすべく新機種に買い替え”なんて、考えたことすら……

携帯電話に、なーんの思い入れもないってことですね。
外出するにも、いえ通勤するにも、家に置き忘れてしまうことが度々あって、
息子にも愚痴を言われています。

が!
今日、”携帯電話音痴”の私にとっては、一大進歩がありました。
「スケジュール機能」を使いこなせるようになったのです!

いったい、どんなきっかけが?
実は今朝、通勤用の本を忘れて出てしまい、車中ヒマだったわけです。
いつになく混雑度が低い車内(初等、中等教育期間はこぞって夏休み!)で
「おお、ヒマじゃ~!」
この時間を利用して、頭の中でスケジュール確認をしているうちに
ふと手に触れたのが、そう、携帯電話。

興に任せて「スケジュール/メモ」というボタンを押してみまして……

しかし、試行錯誤の連続でした。相変わらず。
「切り替え」というボタンを押したら、なんだかいろいろな画面になってしまって、
もとに戻れなかったり。
「アクションアイテム」の設定画面になってしまったので、
「使い回したい予定をアイテム登録すれば、コピー&ペースト活用できるってこと?」
な~んて勝手に解釈して登録してみたらば、
画面に貼りついたまま消えなくなってしまい、慌てて「消去」方法を探しまくる
といった具合。
「アクションアイテム」って、とりあえず「やらなくてはいけないこと」をメモっておく機能だったんですね。

でも、なんとか、スケジュールを登録する方法はマスターしました。
時間単位であちこちで仕事をしている私としては、スケジュール管理はとっても大事。
数ヶ月先までの予定を登録した携帯くん、
なんだか前より近しい間柄になれたような気がします。

ほんと、いまさら、お恥ずかしい限りですが…

2007年7月23日 (月)

『虹色にランドスケープ』

070723landscape 通勤時間用に、軽く読めた本。

バイク関連の、短編集かな…と読み始めたのですが、
なかなか凝ったプロット。
各短編の登場人物が、少しずつ重なっていくのです。
それも、当然のごとく、ではなく。
「あれ?この人の発言に出てきたのは、前の短編のあの人だったっけ?」
というぐらいの、淡い、重なり方。
それが積み重なっていくことにより、重層的な人間関係、その人の歴史がやっと見えてくる。。。

また、同じ人物ではあっても、その人物を捕らえる角度、描き方が、短編によって微妙に違うのです。
「ああ、光のあてかたによって、こうも違って見えるのか…」
といった感慨も生まれます。

ただ、全体をまとめあげる「結束力」はいまひとつ。
下手をすると、
「ええっ、前の短編で、あんなにいい雰囲気だったあの人が、実はこんな人になっちゃうの~!」
という幻滅感も。
この幻滅感、実は、最終話において一番大きかったりして、
読後感さわやか、とはちょっと言いがたい…
「それは唐突でしょう~!」と、無理感ただよう筋書きも、そこここにありますし。

短編を丹念につなぎあわせて、最後にさわやか&見事な大団円…
といえば、やはり重松清の『きみの友だち』がピカイチかな。

2007年7月20日 (金)

小澤音楽塾オペラ「カルメン」

070720ozawa 小沢征爾音楽塾オペラ・プロジェクトⅧ
ビゼー:歌劇「カルメン」

2007年7月19日(木)6:30pm開演 10:15pm終演
神奈川県民ホール

いやあ、実に濃密な空間、時間を堪能いたしました!

開演時間、終演時間を見ておわかりのように、
それはそれは、長丁場のオペラだったのですが、
睡魔に襲われることもなく
(お恥ずかしながら、オペラ鑑賞では画期的)
極上のエンタテイメントを楽しませていただいた、といったところです。

オペラとしての「カルメン」は、初めてでした。
実は、昨晩までの私の認識としては、
「奔放なジプシー女に翻弄される、愚直な田舎男の話でしょ。男女の仲がどーのこーのって、どうぞご勝手にって感じ。」
といったものでした。
メリメの小説を読んでも、舞台演劇で見ても(たしか20年前ぐらいにセゾン劇場で…)、ストーリー的には引き込まれるということがなかった私。

ところが、今回のオペラを見て、なんか納得してしまいました。
そりゃ、ホセは魅せられちゃうよねえ。人生、狂わせちゃうよねえ…と。
音楽の力、偉大なり!
カルメン、ホセ、エスカミーリョ役の歌手陣の演技力に拍手喝采!

中でもカルメン役のジョシー・ペレスには脱帽です。
カスタネット打ち鳴らしながら、テーブルの上でなまめかしく踊り、
かつ朗々たる声で歌いあげるなんて、まさに神業(かみわざ)的。

耳に馴染んでいる旋律が本来どういった歌詞で歌われている曲なのかを知った
という意味でも、とっても有意義でした。
ここ2年ほど、スペイン舞曲やら、アルベニスのピアノ曲、
最近はサラサーテの「カルメン幻想曲」の連弾版やらを弾いている私としては、
実に意義深い一夜を過ごしたといえましょう。

若手オーケストラの演奏も秀逸でした。はい。

2007年7月19日 (木)

川渡り

070719kawawatari 息子の小学校で
「総合の時間」活動のお手伝いをしてきました。
一級河川を、ライフジャケット装着で中州まで歩いて渡り、
各自で決めたテーマに基づき、観察を行う
というもの。
写真手前左の川岸から川に入り、
左奥の「中洲」に向けて行進している図です。

去年は、ライフジャケットを着て仰向けで流れに身を任せる
「川流れ」
を体験したのですが、今年は観察主体の「川渡り」。070719katudou_1

水もけっこう冷たく、先週末の台風の影響か、
「引き潮」の時間帯とはいえ水量もあり(ひざ上まで来る箇所も多々)、
まだ潮も引いている途中だったようで、流れも急でした。
児童たち、歩くだけでも、なかなかのスリルが味わえたようです。

保護者はどんな手伝いをしたかといううと
「ここから出ちゃダメ。この内側で活動しなさい」070719water
という範囲を、水の中に立っていることで示していたのでした。
悪さをする子に注意したりね。
水が結構冷たくて……オバサンは、冷えてしまいました!

携帯でとった画像で見にくいですが、
右は、私が立っていた場所・足元の水を撮ってみたもの。
透明できれいな水でした。
少し先では、魚がはねてみたりもして。

京菓子

070719okashi 昨晩、夫が出張先の京都から持ち帰った和菓子。
あまりにも可愛らしくて、思わずパチリ。

それにしても…
わが家の男二人には、どういう食べ方をさせればよいのだろうか…

2007年7月18日 (水)

初の書道作品群

070718syodou_1

生まれて初めて筆を持って書いた、という学生がほとんど。
この4月に大学に入学してきた留学生たちの作品群です。

きれいな和紙の葉書に書いてあります。
書道家の先生をお招きし、2週にわたって計180分の指導を受けた成果。

学生一人一人が「好きな漢字」を選びました。
こうして並んでいる漢字の意味といい、形といい、勢いといい…

ああ、すがすがしい!

2007年7月15日 (日)

色分け楽譜

070715liszt_gakufu_3  左は何かと申しますと、
シューベルト歌曲を
ピアノ独奏用に編曲した楽譜の一部です。
編曲者は、フランツ・リスト。
わたくし、生まれて初めて♪を色分けするに至りました。

「この小節は左右両手が交錯し、非常に困難なので、指示通り適宜左右の手で取り合って奏する方がよい」

と欄外の注にあるのですが、その交錯加減、半端じゃあございません。
試行錯誤の末、
● 右手は赤左手は黄色
と決めまして、クレヨンでぐるぐる塗りまして、やっとのことで納得。
写真では、初めの小節が光の加減でよく見えず残念。

上段が16分音符、下段が6連符です。
これを左で、右で、と取り合って弾くわけです。
でも、購入した楽譜の中では「なんとか弾けそう…」な部類に入ります。

現実逃避といいますか、ストレス発散といいますか、
CDを聴いて気に入った曲について
「譜読みに挑戦」したい気分になってしまった、久々の休日でありました。
譜読みが終わるのは、いつになるでしょうか? 
別段、人前で弾く予定もないので、気ままにチャレンジしてみようと思います。

2007年7月14日 (土)

4年前のお告げ

「PIOさんは、ハイドン!ハイドン弾いて!!」

というご宣託が下されたのは、4年前のこと。
いえいえ、占いでも、新興宗教でも、ございません。
サークルの15周年コンサート打ち上げ会場で、会の重鎮たる先輩が下された”お告げ”(?)でございました。。。

とは言うものの…
なぜ?なぜにハイドン??
あんな、素(す)がまともに表れる、ごまかしのきかない、古典派なんて…
と、しりごみするばかりで年月は経過。

で、今に至って、訪れました。心境の変化!
引越しして、ピアノの調律もして、気持ちも新たになったところで…
「弾いてみようじゃないの、ハイドン!」

ここのところ、中学生時代に弾いた懐かしの
『ソナタアルバム1』全音出版
を引っ張り出してきまして、弾いております。ハイドンのソナタ。
今ハマっているのは、
ソナタ・ト長調(Hob.ⅩⅥ/27,『ソナタアルバム1』の2番)

それにしても……侮れません、ソナタアルバム第一巻!
デリカシーのない音質はバレバレ、
テクニックの無さも容赦なく露呈、
リズムは転ぶ、音量はデコボコ、曲想は一本調子…

「この、未熟者!」
と、ピアノ本体に、ハイドン様に、どやしつけられている感じです。

2007年7月11日 (水)

『夏休みのサンタさん』

070711santasan 通勤電車の中で読みやすい、薄い文庫本…
という安易な選択で手にした本です。

定年まであと5年となった、銀行員の夏休み。
「北海道のホームに入る」
と言い出した同居の母を、キャンピングカーで送っていきます。
同僚から借りたキャンピングカーが、
クリスマス・パーティーのままの装飾となっているのがミソ。

ロード・ムービーさながらに話が展開していきます。
競馬での一攫千金を夢見た若いカップル。
彼らが早合点で捨てた馬券(実は3000万円の当たり券)を拾った9歳の少年。
その3人が、銀行員&老母の旅の道連れとなり…

少年が、幼稚園の先生の話を根拠に、銀行員を「夏休み中のサンタさん」と信じ込んだのが題名の意味するところです。
よくある、あまったるい、夢物語かな、と思いきや、どうしてなかなか、読ませます。

早くして父を亡くし、母の手一つで育てられた銀行員が、定年を前にして「人生を振り返る」折に覚える苦々しさ、
揺れ動く母の心情と、彼女の老いを自覚させるさまざまな出来事、
東京の自宅に残った家族(ワインの営業職に励む妻、結婚間近の長女、そして次女)の描き方
それぞれが、巧みです。中でも、母に見捨てられたかのような9歳の少年と「夏休みのサンタさん」の交流には、ジーンとなります。
ラストシーンは、圧巻。

作者の井沢満は、「青春家族」や「外科医有森・・・」シリーズで有名な脚本家です。
ロード・ムービーさながらの展開も、むべなるかな…。

2007年7月10日 (火)

『夜は短し歩けよ乙女』

070710arukeyootome ずいぶん前から話題になっている本ですね。
直木賞候補作にもなっています。
図書館で予約して、2ヶ月待ちで手にしました。

のっけから
懐古趣味的な語調、歯切れのよい文体で畳みかけられ
読み初めは「???」と、あっけにとられます。
が、あっという間に、独特の世界へと、連れ出されてしまいました。

大学の後輩たる黒髪の乙女に恋した「わたし」。
その彼が語る、彼女を追い求めるがゆえの可笑しくも真剣な行動。
そして、その可憐で生真面目な乙女の側からの語り。

この二者が交互に「わたし」として登場し、物語が進行していきます。
パッパッと、場面が、コマが、切り替わるように。
とても視覚的、映像的な話の流れです。

また、印象的なのが、不可思議な雰囲気を醸し出す、愉快な小道具たち…
偽電気ブランのお酒、三階建電飾の電車、竜巻に巻き上げられる緋鯉、古本市の神様、神出鬼没の丸くて小さな達磨(だるま)、韋駄天コタツ、…

縁日の、古典的な「赤い」電飾カラーに彩られた、ファンタジック・ストーリー。
今、私と息子の間では、
万能のお祈りの言葉「なむなむ!」がブームとなっています♪

2007年7月 7日 (土)

ホームページとの格闘(PDF編)

久々に、またもやホームページ問題で格闘いたしました。
今回のトピックは「PDFファイルをリンクする」であります。

9月の演奏会のチラシが出来上がったのですが、
今回は曲目も多く、ホームページにそのままコピー&ペーストするのはちょっと…
とはばかられ、ホームページビルダーの前でしばし考え込んでいたところ、
ふと目に留まったのが
「ファイルの挿入」ボタン。

おお!とひざを打ち、さて、チラシをそのまま挿入せんとしたところが…
ワードファイルじゃ、ダメなんでした。
PDFファイルに変換するんでした。
ま、これは難なくできました。

で、ここからの道のりが長かった!
ホームページビルダー上では、PDF挿入OK、プレビューOKなのに、
インターネット上では
「ページが見つかりません」
というエラーメッセージしか現れない。。。

あれや、これや、試行錯誤を重ねるうちに、
どういうわけか、ホームページビルダー上にも「リンクエラー」が出て、
赤いバッテン×がついてしまったのでした!

この赤いバッテン×って、精神衛生上、すごく悪いですね。
どうにもこうにも気持ち悪くて、
なんとかしなくては気がすまなくなり、
ネット上で、トラブルシューティングを検索。

★PDFファイル名を半角英数字にして、リンクを貼る
★FTPツールを起動し、PDFファイルをインターネット上に確実に転送する

という修正をかけたにもかかわらず、トラブル解決せず。。。

さきほど、2日がかり、やっとのことでPDFファイルの反映に成功しました♪
つぎのような手続きによって。

☆リンクエラーを修正すべく、ネット上のページをパソコン上に転送
☆そのページ上で、、★の修正を再度かける
  (パソコン上のファイル保存先と、ネット上の保存先が同じになるよう注意!)

ああ、長き道のりであった!
その努力の成果は、こちらです→彩音会ホームページ"coming next"

2007年7月 4日 (水)

校歌の旋律から見えること

夕刻のニュースで、

早稲田大学の100周年記念事業として、校歌について調べていたら
イギリスのエール大学の校歌に酷似していることがわかった

という内容の報道をしていました。
一緒に見ていた息子は、一言、

「パクリじゃん!」

ほんとに。
今だったら、著作権に触れて、大騒動ですよねえ。
けれども、かつては
既存の曲を参考にそれに似せるのは、日本に限らず、ごくごく普通に行われていたとのこと。
特に校歌にはその傾向が顕著とか。
そもそも、エール大学校歌の楽譜には、「○○の旋律で」と、古い歌の名前が書かれていて、オリジナルの旋律ではないそうな。
明治期の作曲法に詳しいという方が、ハーバード大学の校歌というのをハミングしていましたが、それもまた聞き覚えのあるメロディーでした。
もちろん、校歌としてではなく、ね。
欧米でも、少なくとも校歌においては「剽窃」の意識はなかったってことなんでしょうね?

なんか、牧歌的。
「いいじゃん、みんなで楽しく歌えればあ!」という感じで、ほのぼのしません?

そういえば、我が母校の高校の応援歌も
旧制中学から脈々と受け継がれてきたという触れ込みでありながら、どこぞの大学の応援歌と瓜二つでありました。

あ、早稲田の校歌は、曲全体がエールのに似ているわけではなく、
曲の冒頭とラスト(一番有名な箇所ですね)だけがそっくりで、
中間部(私には旋律が思い浮かばない…)はオリジナルなんだそうです。

大学の校歌調査委員会(?)の先生が、
「国際化を、外国との交流を目指す、という大隈先生の理想が見えて、感動した…」
というようなことをおっしゃってましたが、
それは、ちょっと、おおげさ、なんじゃ、ないかい?

ちょっと憧れちゃう学校の真似もしてみて、
でも、ちょっとオリジナルな部分も入れてみて、
みんなで楽しく歌おうよ~
という、その時代の、明るく前向きな雰囲気をすくいとっているエピソード、
ぐらいで、いいんじゃないかな?

2007年7月 3日 (火)

チャイコンのピアノ結果

チャイコフスキー・コンクール、バイオリン部門で神尾真由子さんが1位になったのが話題になっていますが…

ピアノ部門は、1位なし。
2位:Miroslav Kultishev (Russia)
3位:Alexander Lubjantsev (Russia)
4位:Lim Dong Hyek (Republic of Korea)&Sergey Sobolev (Russia)

講評、とっても辛口で、いろいろこきおろしてますが、
唯一のアジア人、ドンヒョクの名前は全く出てきません。
一方、4位Sobolev、5位Moser は、最優秀演奏賞をとっています。

ショパン・コンクールで3位だったドンヒョク、きっと、ものすごく不本意でしょうね。。。

今、またYouTubeで、本選の演奏を聴いてみました。
ラフマニノフP協奏曲第2番 第3楽章
確かに、ぐっとくる演奏、とは言いがたい…
オケとも、ちょっとズレる箇所があったりして。

彼自身も、結果には納得しているのでしょうか。
これでクサったりしないでほしいと願うばかりです。

それにしても、YouTubeには、
二位のMiroslav Kultishev の映像は何も登録されていませんでした。
バイオリンの神尾さんは、バッチリいくつもありましたよ。
日本人、アジア人の投稿率が高いのでしょうか?

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »