無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 真紅のドレス | トップページ | リサイタル@東京文化小ホール »

2007年3月 7日 (水)

教員研修生の修了式

070307_1139 卒業式シーズンですが、今日は本年度最後のお仕事として、修了式に参列してきました。

世界各国で初等・中等教育の現場に立っている現役教師たちが、専門教官の指導のもと論文をまとめあげ、日本での研修期間1年半を終えて、コース修了となったのです。

選抜され、向学心に燃えて来日した彼ら、彼女ら(写真後列で立っている10名)。
冗談を飛ばしてはクラスのムードを盛り上げる人、落ちこぼれそうなクラスメートを密かに手助けする人、堂々とした態度でクラスを引き締める人、着実な努力こそ力ということを身をもって示す人…
同じ教師として、こちらこそ学ばせていただきました、めぐり合えて光栄でした、といった心境です。

韓国、フィリピン、ミャンマー、ガーナ、モロッコ、エジプト。
修了式後、皆、口々に日本での経験を母国での教育に役立てたいという意気込みを語ってくれました。

翻って、日本の初等・中等教育の現場に立つ先生方を考えると…
ただただ、ストレスばかりが増大し、締め付けばかりが強くなり、「子どもたちに夢を語る」余裕がなくなっているように感じます。

「日本の教育、教育制度に学ぶ」というスタンスで始まった教員研修プログラム(1980~)なんでしょうが、近い将来、日本の現状を”反面教師”として学んでもらう、なんてことにならぬよう、願うばかりです…

« 真紅のドレス | トップページ | リサイタル@東京文化小ホール »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102918/14176381

この記事へのトラックバック一覧です: 教員研修生の修了式:

« 真紅のドレス | トップページ | リサイタル@東京文化小ホール »