無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« ある一日(附ケーキレシピ) | トップページ | 教員研修生の修了式 »

2007年3月 3日 (土)

真紅のドレス

真紅のドレス?070303dress_2
なんと派手派手しい!まがまがしい!私はシックに行きますわっ。
と、今日まで生きてきたのですが…

  今日、なんと、買ってしまいました!
バーゲン会場で、めぐりあってしまいまして。
一世一代の派手な買い物であります。

寄る年波には勝てないということか、
ずっと好んできた、黒、グレー、茶、といったものを着ていると、
ミョーに疲れたおばさん(実際そうなのだが!)丸出しの雰囲気に。
で、これに出会ってしまったわけです。
あまりにも、あまりにもサイズがピッタリで。

ドレス丈は短いのですが、これだけの鮮やかさですから、まずは舞台衣装ってことで。
次回の演奏会を楽しみに♪
ジャケットはおれば、日常でもOKかな??無理?

これ以上派手化傾向が加速しないよう、気をつけねば。
周囲のみなさま、私がミョウチクリンなオバサン路線に行きそうになっていたら、どうぞ遠慮なく指摘してくださいませ。

« ある一日(附ケーキレシピ) | トップページ | 教員研修生の修了式 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

良いですね!真紅のドレス♪
箪笥の肥しになるなら????ですが、PIOさんにはちゃんとこのドレスの活躍の場があるのですもの。。。

ヨーロッパの老婦人は、歳をとるほどに明るい色を着なくちゃ!と言います(それでも、都市部の人に多いのですけれどね。田舎の人は昔ながらの地味で朴訥なおばあさんです。それはそれで味があって好きなんですが・・・・)
日本人も、変なケバさに進まなければ、TPOに合わせて、軽やかにおしゃれを楽しみ、人生を愉しめたら素敵ですよね♪

>華音さん
”TPOに合わせて、軽やかにおしゃれを楽しみ、人生を愉しむ”って、理想ですね。

実は私、つい最近になってノースリーブを着るようになりました。
若い頃は「恥ずかしい」「みっともない」と、ひたすら二の腕を隠していたのですが、最近になって「隠したほうが婆くさく見える」ことに気づきまして。
それ以来、どうも派手化路線をとっている気がします。
なんか、ひとつ突き抜けてしまった感あり。

”TPOに合わせて”を忘れぬようにしなければ…

最近、半袖のニットとかありますよね
色の綺麗さに惹かれて、買ったんですょ
長袖のカーディガン付きのもあったのですが、半袖セーターだけの方が1000円安かったので、そっちの方を・・・・
で、ブルゾンの下にそれ着て、職場でブルゾン脱いだら
「あらー、センセイ、若いわね~」という賛辞とも揶揄ともつかぬ言葉の次に、年配の男性から
「愚の骨頂やな。なんで冬に半袖着るねん」
いやぁ~~~、厳しいお言葉!
実はダンナの反応もまったく同じでした

半袖ニットで嫣然と微笑むのは、マダム雑誌上に登場する、クリーンヒーティングの効いたゴージャスなリビングで、ブランド物の陶器でお茶を飲むセレブの奥様、の定番のようです(-_-;)
完全にTPOをハズしました(>_<)

上品な大人の付き抜け感、、、、って結構難しいですね(>_<)

冬に半袖ニット。
ポリシーとして実践している同世代の友人がいます。
超冷え性の私には真似できませんが。

他に
・ジーンズをはかない
・スニーカーをはかない
というのもあって、
小柄な人なのですが、所帯じみない可愛らしい雰囲気を常にまとっています。

TPOっていうのもあるけど、
「私はこうなの」「こう着たいの」「こう生きたいの」
という主張も重要だなあ、と思う次第。
他人に迷惑かけることさえなければね。

華音さんの半袖ニットだって、可愛らしいに違いないと思うけどなあ。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102918/14115915

この記事へのトラックバック一覧です: 真紅のドレス:

« ある一日(附ケーキレシピ) | トップページ | 教員研修生の修了式 »