無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月27日 (火)

「千の風になって」と子ども期

メディアでの露出度、すごいですね。「千の風になって」。
昨日は、NHKのクローズアップ現代でも取り上げられていました。
ちょっと前に有線を流しっぱなしにしていたら、数時間の間にこの曲が3回流れました。
先日、めずらしく昼間にTVをつけてみたところ、トーク番組のゲストが「千の風になって」歌い手の秋川雅史。都内某所オープンスペースでのコンサートで、人々がまさに”鈴なり”になっている様子が紹介されていました。
ブームといっていいでしょうね、この現象。

たしかに、詩もメロディーも心に残ります。
ネットでもこの曲を巡るエピソード募集をしているようですし、昨日のTVでもいろいろ紹介されていました。
エピソードを寄せるのは、年配の方々が多いようですね。

たまたま今
『父親力~母子密着型子育てからの脱出~』(正高信男著 中公新書)
という本を読んでいるのですが、そこで子どもの発達が「はじめての記憶」から考察されています。
それによると、人類は、霊長類の一メンバーとして「嫌なことを初期の記憶としてとどめる」ようプログラムされており、
現代の高齢者が「親しい者の死」「天災」を「はじめての記憶」としてとどめているのに対し、20代の学生は「ケガ」「迷子」「乗り物酔い」「お漏らし」「笑われた」と、内容を全く異にするとのこと。

我が身を振り返ってみました。
初めての記憶は、やはり4歳ごろの「笑われた」経験かなあ。
でも、祖父が亡くなった経験は、やはり大きいですね。6歳でしたが。
祖父が亡くなってから1年間ぐらい、
”自分が悪い子だからおじいちゃんは成仏できないんじゃないか”
”こんな悪い子だと、おじいちゃんに連れて行かれて、朝目が覚めないんじゃないか”
”おじいちゃんが死んじゃったのは、私が悪い子だったからじゃないのか”
etc.
といった考えにとらわれて、夜が怖かったのを覚えています。

おそらく、この6歳~7歳の時期に「千の風になって」に接していたとしたら、子どもなりに救われたかもしれないなあ、と思ったりして。
いや、逆に、もっと怖くなったかなあ。風が吹くたびにビクっとしたりしてね。

現代の子どもは、どうなんでしょう。
うちの息子は、11歳になるまで「親しい人の死」は全く経験していませんね。
そういえば、幼稚園のころ、縁日でゲットしたサワガニの「さわちゃん」が半年生き延びて脱皮したあと息絶えたときには大泣きしていましたが。

ふと、「千の風になって」が子ども期の心にはどう響くのか、気になった次第です。

2007年2月25日 (日)

彩音会、2007年本格始動

朝8時55分集合
というのは、おそらく彩音会はじまって以来の早朝集合だったのでは?
暖冬の今年だというのに、本日は「真冬並み」との予報どおり、風の冷たさが骨身にしみる朝となりました。
朝7時ごろには家を出る必要があり、前日から緊張していたという会員も…。
それでも時間どおりに全員集合できた我々に拍手。ぱちぱち。

ホールの下見を兼ねての曲目選定、中間発表会。
本番半年前のこの時期に曲目が決まり、まがりなりにも中間発表ができるまでになっているというのは、まさに快挙といえましょう。

初めての会場。

GOOD POINTS
★駅至近&ビルの雰囲気お洒落
★ホール明るく、広さちょうどよし
★スクリーンでDVD等の映写可

BAD POINTS
★ピアノの響きに少々難あり(低音ぼやけ気味&高音キンキン)
★ピアノと客席が同一平面(ピアノを一段高くできない)
★抽選倍率高し

朝早い時間の集合も、週末は今日のこの時間帯しか空いていなかったがゆえ。
しかし、9時ー12時の3時間をフルに使って、実に有意義でありました。

次なるステップとしては、まずは会場押さえ。
3月1日には、「会場抽選会組」「電話申し込み組」の二手に分かれて、会場確保に挑みます。
その結果次第では、次、そしてまた次、と抽選への挑戦が続くかもしれず…

うまくいけば、
★6月に、連弾のみの50分ミニ・コンサート
★9月上旬に、ソロも盛り込んでの2時間強のフル・コンサート
となるはずです。

乞うご期待。

2007年2月22日 (木)

朝焼けを見て、お茶をして…

070222asahi 引っ越してきて、朝起きるのがちょっと楽しみになりました。
なぜって…
朝日がバッチリ見えるのです。リビングから。
おっきな、まっかっかな、おひさまが。

本日、やっと「デジカメ!」と思いついて撮影してみました。
朝6時40分ごろの撮影です。
ちょっと遅すぎましたね。
もう少し前の時間だと、太陽全体が「まっかっか」だったんですが。。。

070222cake お昼には、ご近所の友人二人と、久々に我が家でおしゃべり。
なまくら主婦の私を察して、
「お昼、買っていくから!」
との申し出をいただき、ありがたく「お寿司ランチ」とさせていただきました。

でも、まあ、せっかく来ていただくのだから、と焼いたのが写真の
ヨーグルトとブラックベリーのケーキ。
写真を撮るのを忘れて、半分食べちゃいました。

缶詰ブラックベリーの実を一缶まるまる使ってます。
バター75g、砂糖75g、卵2個、一晩水切りしたヨーグルト250g、小麦粉100g、ベーキングパウダーちょっと。
材料をグルグルと混ぜていって、型に入れて、180度で35分。

ボール一つで、簡単にできます。(そんなのしか作りません)

夕方には、学校からの帰宅が遅れた息子を習い事まで車で送っていったのですが、
上のケーキを食べて車に乗り込んだ息子、
「ママ、ちょっとヒマになったんだね。」
と、ひとこと。

たしかに、きょうは、ちょっと優雅な主婦気分を満喫したかもしれませぬ。。。

2007年2月20日 (火)

なまおとで弾きたい

ちょっと時間ができたところで、久々にピアノに向かったりしているのですが、
防音室も何もなく、リビングルームにアップライトピアノが置いてあるだけ
という環境で、
あまりにもたどたどしい音を出してご近所迷惑になってはいけないと、
ひたすら「消音ピアノ」で、ヘッドフォンから音を聴きつつ、弾いております。

通常は夜中に弾くしかないため、当然、消音&ヘッドフォン。
考えてみたら、引っ越してから3か月弱、「なまおと」を出したのは、合計30分間程度?

ま、私としては、これでたいして不便も感じずに来たのですが、
2月11日の記事で書いたように、
久々のレッスンで、我が音をナマで聴いてみて、焦りまくったわけです。

よく
★グランド・ピアノと、アップライト・ピアノは、全くの別物!
とか、言われますよね。

未熟者のPIOとしては、
「へえ~。そ~なんだ~。」
という程度の感想しか持てないのですが(恥っ)、ずーっと次元を下げて

★消音装置(デジタル音)と生音(なまおと)では、音の体感のしかたが違う!

ということは断言できます。はい。
どうやら私は、体感で弾いている面が多々あるようで、(理論に無知だし)
以前、電子ピアノを弾いていたときには、まーったく暗譜ができなかったのに、
実家からアップライトを運び入れたらば、暗譜のカンが突然もどった
という経験をしております。

これ、なぜだか、自分でも説明不能です。
たしか、ベートーベンのソナタ「テレーゼ」を弾いているときで、
それまでは全く暗譜を諦めていたのに、アップライト到着後、ピアノに向かううち
「できるかも」
という予感を得て、その予感どおり、本番2週間前に全曲(といっても2楽章)の暗譜に成功したのでした。

その後、暗譜は、「若かりし頃」のようにはいかない
ということをヒシヒシと感じ、(昔は何の苦労もなく、レッスン曲はすべて暗譜していた)
いろいろ方策を練って、未だに苦労しているのですが、
「おお!音楽の体感度が違うっ!!」
と実感した”アップライトで暗譜力が戻った事件”は、衝撃的でありました。

考えたら、これ、デジタル音からアナログ音へ戻ったところで、音の体感度が上がり、カンが復活したという話ですよね。
そういう人間が、消音装置でヘッドフォンから聴くデジタル音ばかりに接しているなんて、いけないことなのかも…

すこーし長く弾く時間がとれるようになって、今頃こんなことに気づいた次第。
ご近所迷惑にならない程度に、早く上達しなければ…
近所の公共スタジオ、連弾のみならず個人使用でも使ってみようかな。。。

2007年2月16日 (金)

キャリア官僚?

文部科学省、”キャリア官僚”を教壇に(TVニュースキャプション NHK2月15日朝)
文科省、若手に「先生」修行(新聞の社会面見出し 朝日朝刊2月16日)

同じニュースの見出し(キャプション)ですが、随分とイメージが違いますね。
実は昨日の授業で、視聴覚副教材として ”キャリア官僚”を教壇に のVTRを使ったのですが、
その後、
”キャリア官僚”に対して抱くイメージとは、という議論に発展しました。
欧米では、career bureaucrats というと、「顔のない役人」「面白くない仕事をしている人」というイメージで、決していいイメージではないとか。
一方、アジアでは「試験を勝ち抜いたエリート」のイメージ。
もしかして日本は今、アジア的イメージから欧米的イメージへ移ろうとしているのかも。

で、今朝になって朝刊の見出しを見て、ちょっと違和感を覚えた私。。。
昨日のTVでは、
「政策立案に役立てるため」若手の「幹部候補生」を中学校へ派遣するという伝え方だったのですが、
今朝の新聞では、
「学校現場の現状を知ってもらおうと」若手の「職員」を中学校へ派遣する、という書き方になっています。

もし、今日の新聞記事を教材にしたなら、昨日の教室での議論は出てこなかったでしょうねえ。
朝日新聞では、意識的に「キャリア官僚」という言葉を避けたのでしょうか?
同記事では、
”「若手職員」を対象に人選を進めている”と書いたあと、
今までは「入省8~9年目の職員」「入省2年目の職員はキャリア採用者を中心に」教育委員会への出向研修があった、と続きます。
これをみると、「職員」と「キャリア採用者」を意識的に使い分けているようなのですが。
「中学校への派遣」対象者は「キャリア官僚」と断定して報道していた昨日のTVはどうなるのでしょうか?


こんな違いに気づかせることが、メディア・リテラシー教育につながる、といったところでしょうね。ううむ。考えさせられます。

2007年2月15日 (木)

2006年度授業最終日

本日、今年度の担当授業、最後のコマを終えました。
まだ追試、再試が残ってはいますが、これでやっと一息つけます…

成績もつけ終わったこの時期は、単位にならない補講扱いとなり、
徐々に学生の出席率も落ちてくるのですが、
逆に、それでも出席する学生は”意欲にあふれて”いるわけで、
たいへん気持ちよく授業に臨むことができました。

今回のコースでは、
1年前不安げに肩をすぼめていた少年が、堂々たる青年の風格で現れたり、
常に疲れた印象だった学生が見違えたように生き生きとしていたり、
若者の変化には年々、驚かされるばかり…

今日の授業後、早速「来年度の担当授業」のことを尋ねられたのですが
(さすが意欲的な学生よ!)、
すぐには返答できなかった自分に唖然…来年のことにまで頭が回っていなかった…

すこし休息をとってから、またゼンマイ巻きなおして頑張りたいと思います。
まずは、ずるずる引きずっている風邪をなんとかしなくては!

2007年2月11日 (日)

久々のレッスン

スケジュール帳を確認してみたところが、ピアノのレッスンに伺うというのは、なんと7ヶ月ぶりのことでした。
振り返ってみれば、昨年9月の彩音会コンサート後、どたばたとウチ探しを始め、バタバタと引越し、片付けに追われ、仕事にも追われ、レッスンどころではなかったのでした。

で、レッスンです。
まずは連弾。。。1月のプラザリハーサル室では、ある程度うまく合ったと思ったのですが、今日改めてあわせてみると、おやまあ、オタオタ、フラフラ、バラバラ…。
一方的にワタクシのミスでありまして、面目ない限り。
とにかく指が回らなくて、動かなくて、参りました。

ソロ。うちの消音ピアノ、ヘッドフォンで聴いていると何とか弾けている気がしたのですが、いや、グランドピアノの生音になってみると、これまた赤面ものでございました。

でも、とにかく「練習せねば!」という動機付けになったことは確かです。
練習しないと、ほんと退化してしまいます。ほとんど老化現象です。
非常にマズイです。

2007年2月10日 (土)

チーズケーキ作り

070210cake 昨日、ケーキを焼いてみました。
体調崩して弱気になっている息子くんの要望で。

ベイクド・チーズケーキです。
むちゃくちゃ簡単なヤツです。
クリーム・チーズの箱にレシピが載ってます。

ここに手抜きポイントをご紹介。

1)ビスケット生地:
レシピの「バターを柔らかく」「ビスケットを袋に入れて麺棒で叩いて」の必要なし。
冷蔵庫から出したバターとビスケットをそのままスピードカッターへ。10秒で終了!

2)クリームチーズの生地:
レシピの「泡だて器」必要なし。
クリームチーズさえ柔らかくすれば、あとはゴムべらだけでOK。
料理で何かを「茹でる」折、ついでにクリームチーズ入りボールを湯煎すれば万全。
あとは、砂糖、卵、レモン汁、生クリーム、小麦粉、と混ぜ合わせるだけ。

ってことで、朝食を作りながら、オーブン投入まで終わりました。
焼きあがったら、荒熱とって、冷蔵庫で冷やして、出来上がり。

せっかくだからと「焼きたて」を食べたこともありますが、
ビスケット生地はボロボロくずれる、あったかいレモン味というのにちょっと違和感、
ふわふわしてるけどスフレではなく、なんだか味がよくわからない…
という感想で、我が家では
「やはり冷やしたほうがいい」
という結論に達しました。

2007年2月 9日 (金)

ピアニストが見たピアニスト

070209izumiko ピアニストが見たピアニスト―名演奏家の秘密とは
青柳いづみこ

ウイルスにやられてうんうん唸っている息子を抱え、
仕事を急遽キャンセルし、ぽっかりと時間ができた昨日。

ほんとならヘッドホンかけて消音ピアノを弾きまくりたいところだったのですが、
それではベッドから訴える息子の声も聴こえない、ということで上記の本を読みふけることにしました。

この本を手に取ったのは、「アルゲリッチはどうしてソロを弾かないのか?」というコピーに吸いつけられてしまったからなのですが、
実際にはそれよりも、彼女がガン闘病で転移も経て奇跡的に復活を果たしたのだとか、手術に付き添って看護をしたのは日本人ピアニストだったとか、何度も結婚していて子供も何人もいるとか、若い頃全くピアノを弾かない3年間があり、音楽を捨てて秘書になろうと考えていたのだとか、私にとっては初めて知る事実が満載でした。

それから、リヒテルについては20年来の疑問が解けてすっきり。
大学時代、アルバイトでためたお金をはたいてリヒテルの演奏会に行き、彼が楽譜を見て弾く(ステージを暗くし、スタンドを立てて楽譜のところだけ照明を当て、譜めくりをつけて弾く)姿に仰天したのですが、このスタイル、1980年代半ばから、ずっと貫いていたのですね。
決して「暗譜力」「記憶力」が衰えたから、というわけではなく、「音程が高く聴こえてしまう」状態に陥っていて、無意識に音程を上げて(調を変えて)弾こうとしてしまい、指で覚えている音楽が崩壊する恐れがあったから、とのこと。

その他、「へぇ~、そうなんだ」と思う情報がいっぱい。
なんだか一度読んだだけでは消化しきれない感じです。

「ステージが怖い」演奏家、「怖くない」演奏家、の分類ができて、
ステージが怖くない人は、CD(レコード)公式録音をしようという意志があまりない、
だから演奏会でのオハコの曲で「これぞ」という曲の録音が残っていなかったりする
という指摘にも、なるほど、と思ったことでした。

2007年2月 7日 (水)

城山三郎『うまい話あり』

070207umaihanashi 前回書いた、池井戸潤にたどりつく前に読んだビジネス小説。
引越し直後のお正月休み、本を買いにも借りにも行けなかったので、夫の書棚より拝借して。

城山三郎というと、ちょっと硬いイメージがあったのですが、なんの、なんの。
実に楽しく読めました。

昭和40年代、外資系石油会社が始めたフランチャイズ方式のガソリンスタンド。その支店長の一人に採用された若夫婦(妻は途中で失踪したりして、それがまた話の展開を呼ぶのですが)の奮闘物語です。

経営サイドは、どんな具合に、フランチャイズ店長から搾取するのか
搾取される側はどう自己防衛するのか
店長という立場の者は、雇い人からどう信頼されるのか
仕事と家庭のバランスはどうとるのか

1977年初版のようですが、今読んでも、決して古びてはいないのがさすがです。

そして、驚いたことに、本日発熱して学校を休んでいた小5の息子が、
「この本、読んじゃった。けっこーおもしろかった」
と言ってきました。
そういえば、最近は
「だんごーっていうのと、わいろっていうのは、どう違う」
「だつぜいって何」
などと、うるさかったのでした、彼。

どうも最近、私の読む本と、息子の読む本がクロスオーバーしてきたようです…

2007年2月 5日 (月)

池井戸潤の銀行小説

よくあるパターンなのですが、仕事がたてこんでくると読書に逃避してしまいます…
現在、試験期間中につき、採点、成績付け、書類作成に追われる中、また逃げ込んでしまいました。

初めて読みました。池井戸潤。
今回該当者なしだった直木賞の候補で、最後まで推されていたという評判を聞いて、図書館で借りてみた次第。(受賞候補作ではなく、ちょっと前の作品ですが)

070205bubble 『オレたちバブル入行組』(2004)は、バブル全盛時代の就職戦線~協定破りや拘束~を描いた後、バブルがはじけて当初の目論見がはずれた彼等バブル同期入社組の、転んでもただでは起きないしたたかさ、七転び八起きっぷり、友情、そして痛快なる勧善懲悪的活躍を描きます。あの時代を共有した同世代人には、ヒットしますね。悪者をどう追い詰めるか、スリルにわくわくしながら読み、読後感爽快。

070205sheilock『シャイロックの子供たち』(2006)は、東京住宅街の小さな銀行支店が舞台。これまた私にとっては身近な場所。支店長、副支店長、バリバリのやり手行員、運動会系行員、女性行員、パートタイマー、検査部員…さまざまな人たちを主人公とした1章ずつが独立した形式で始まります。そして、それが100万円紛失事件、銀行員失踪事件を軸としたミステリーに。

池井戸潤が岐阜県出身と知り、かの県に接点を持つ私は、ますます応援したくなってきました。

2007年2月 2日 (金)

ベートーヴェンの不滅の恋人

070201beetoven 久々のブック・レビューです。

青木やよひ『ベートーヴェン<不滅の恋人>の探求』

ベートーヴェンの死後、彼の秘密の引き出しから見つかった手紙の相手、そこで<わが不滅の恋人>と呼びかけられている女性は誰か、を巡る論考です。

内容の詳細は省きますが、びっくりしたのは、当時の資料がさまざまに残っているという事実です。

・警察記録:どこの誰がいつ警察管区内に到着したか、どのホテルに宿泊したか等
・新聞記事:貴族階級の人や有名人の動向
・手紙
・日記:ベートーヴェン自身のもの、つきあいのあった人々のもの
・ホテルの湯治客名簿
・ベートーヴェンの筆談メモ
等等。

で、これらの資料に逐一あたり、推理を展開していくわけですが、

・私信やメモ類は、差し障りありと判断されたものに限り、処分されている
・関係者が生存する時代に行われた聞き取り調査では、差し障りがありそうなところはぼかして発表されている

という立場をとり、資料が「抜け落ちている」部分を特定し、その背景を探り、推理は盛り上がります。
さらに2001年に至って、新資料が発見されるのですから、ほんと歴史って面白い。
旧東側に所蔵され、顧みられていなかったものが今になって出てきた、というのです。

ということで、この論考で着目されている二つの年代

★恋愛が盛り上がり、恋文が書かれ、事態が急展開して悲恋に終わった1812年
★二人の間が再び近づいたものの、やはり結ばれなかった1817年

に注目してみると、この間にベートーヴェンの曲想も大きく変わっているとか。
ロマン・ロランはこの時期のベートーヴェンについて「彼はこの4年間に人間が変わってしまった」と書いているそうです。
これからベートーヴェンの作品を弾く機会があったら、今まで以上に作曲年代にも注意を払ってみようと思います。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »