無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月26日 (金)

トップランナー・小菅優

昨日、いや今朝?の夜中、テレビに釘付けになってしまいました。
若手ピアニスト、小菅優に。
お名前は聞いたことがあったのですが、そのプロフィールなど初めて知りました。

10歳でドイツ、ハノーバー音楽院へ留学。
「周りでは塾通いなんかを始める時期で、私は音楽がやりたいって決めてたから、その邪魔をされるのが嫌だったから。」
「9歳でドイツで弾いたときの感触がよかったから。」
ということで、
ドイツに行くのが一番、という結論に達したそうな。。。

父君を日本に残して、母君がドイツ語を猛勉強なさって、母子で渡欧。
ドイツ語も全くわからないまま、現地の学校に通って、随分苦労もされたとか。
でも、
同級生たちの前でピアノを弾く機会を得て、それで周囲も納得。

今では、
「考えるのはドイツ語。日本語に翻訳しながら話すのは本当に大変」で、
「18歳で帰国したときには、本気で通訳をつけようかと思ったぐらい」
「ドイツ語は理屈っぽいから、日本語にすると変な感じになってしまう」
と感じているとか。
23歳の今、テレビ画面で見ると、決して日本語に不自由しているようには見受けられませんでしたが、
丁寧体を使わず、普通体で話す、どちらかというとぶっきらぼうな話し口は、
その不自由さ、というか不慣れの表れだったのかもしれません。

ピアノ演奏は…
見事でした。

TVをつけたのは、モーツァルトのソナタの演奏中。
美しい、自在に変化する音色に、思わず引き込まれてしまいました。。。
音色の幅がハンパじゃなかった…
この曲が、9歳のときドイツで演奏した曲だったとか。感服!

今年は日本での演奏会が多い、との話だったので、早速ネット検索してみましたが、
5月、紀尾井ホールでのリサイタルは、申し込み受付終了、との表示が…
先行予約のこと?一般発売には間に合う??

注目していたいと思います。

2007年1月24日 (水)

クラシック・ブーム実感

ブログの更新も滞りがちの慌しい日々を過ごしておりますが、
さすがに髪も伸びてきて、本日、ほぼ2か月ぶりに美容院へ行って参りました。

で、担当美容師のお兄ちゃんが、私の顔を見るなり言うことには、
「行って来ましたよ!」

…「はっ?」と言いかけた私でしたが、次の瞬間に思い出しました。
2ヶ月前、「姉に誘われて、お正月に生まれて初めてクラシック・コンサートへ行く予定だ」という話を聞いていたことを。

「おお、行ってらしたんですか!サントリーホールでしたよね。で、どうでした?ご感想は??」
「いやあ、もう、僕、感動しちゃって、涙出そうでした!」

それからが質問の嵐でございました。
「最後に出てきて、立ち上がって皆のほうを向いて音を出す人は何という役職か?」
「その人はルックスも関係するのか?すっごいハンサムだったが。。。」
「拍手がすごくて聴衆が帰らないので、最後は指揮者がその人の手をとって引っ込んだが、そういう習慣なのか?」
「歌を歌う人が、もう、はちきれそうな、燕尾服のボタンが吹っ飛びそうな体型だったが、なぜあんな体型なのか?」
…etc.etc.

「コンサート初体験で感動のあまり涙するなんて、すごいですね。私は年末の第九コンサートで、聴衆のマナーの悪さにカッカきたくらいなのに。」
「いやあ、初めてだったから緊張しちゃって、全部がものめずらしくて、寝るどころじゃなかったってことですよ。」
「どういうところに感動したんですか?」
「なんかこう、あんなにいっぱい人がいて、楽器があって、それでみんなで協力して音がババーンで響いてきて、っていう状況に感動したのかなあ。。。」
「また行きたいって気分ですか?」
「ええ。実はもう3月にまた行くことにしたんですよ。お客さんにチケットをいただけることになって。えっと、コバケンのコンサートっていうんですけど、コバケンって何でしたっけ?」

彼、いつもは無口な人なんですが、今日はなんか人が違ったようでした。

気になって帰宅後、調べてみたところ、彼が行ってきたというコンサートは、
サントリーホール ニューイヤー・コンサート2007 
ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団
ハプスブルク家の栄華~美しく青きドナウ

というものでした。
なるほど。
「どこからアンコールだったのか判別できなかった」
「聞いたことがある曲も少しあった」
そして、超ハンサムなコンサートマスター
という説明に納得です。

「のだめ」効果で世はクラシック・ブーム!
と聞いてはいましたが、それを実感してしまった、美容院でのひとときでありました。

2007年1月 8日 (月)

お弾き初め

070108_1114 本日、pipiさんと一緒に”2007年お弾き初め”をいたしました。
プラザのリハーサル室、という”初の会場”だったのですが、なかなか良い部屋、良いピアノで楽しめました。

なんといっても、お得感が!
午前中3時間たっぷり、ヤマハのセミコンC5を弾きまくって、総額4200円。
写真でわかるように、とっても広い空間。
パイプ椅子もたーくさんあって、”内輪のコンサート会場にピッタリ!”と膝を叩いたことでした。

連弾あわせのほうは、どうにか譜読みは終わって、合わせにくい箇所、助言が必要な箇所が明確になった、といったところ。
これからが連弾の醍醐味!楽しくなるハズ、であります。

2007年1月 5日 (金)

新年のごあいさつ…

…が、すっかり遅れてしまいました。

あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

振り返ってみれば、去年は「忙!」「挑戦限界!」と表現できそうな年でありました。
仕事はフルタイム状態となり、春には入院・手術を経験し、秋には予定外の不動産購入へと突っ走り、12月に引越し敢行。ついでに棚ボタの海外旅行も敢行。

引越しダンボール、未だに廊下と書斎には残っていますが、
本日、なんとかリビングからは完全撤去いたしました!祝!

あとは、夫君の奮闘を祈るばかり…ダンボールに残っているのはすべて彼のもの…

今年は、少しは穏やかな年にしたいものです。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »