無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月31日 (水)

運動会とともに5月去り行く

124_2480 無事、実施できました。愚息の運動会。
とはいえ平日とあって、午前中の仕事にはどうしても出なくてはいけない…
「ごめん!見に行くことは行くけど、午後からになっちゃうよ。」
という私に
「いいよ、いいよ、午後だけで。午後は鼓笛隊と組み体操と騎馬戦があるから。」
…なるほど。徒競走は見てほしくないってことね。

息せき切って、駆けつけました。間に合いました。しっかり見ました。
すごい陽射しでした。日焼けしました。疲れました。…終わってほっとしました。

2006年5月28日 (日)

ああ順延の運動会

ここのところ、週末になると雨、ですねえ。
今週末は息子の運動会の予定でしたが…雨のため順延となりました。
昨日の土曜日は朝7時の時点で「延期」と決定したのですが、今日は二転三転。

7:00am:「運動会実施」の掲示(校門に貼り出される)
7:30am:「児童は9時に登校」との電話連絡(当初は7:45am登校の予定)
7:40am:運動会参観の席確保に赴いた保護者が「実施かどうか未だ検討中」と知らされる
8:30am:「校庭整備が間に合わず、運動会中止」との電話連絡

朝の6時過ぎから校庭整備をしていらした先生方、本当にご苦労様です…
これで運動会は水曜日となるのですが、保護者の参観は少なくなるでしょうし、参観に行っても昼食は給食ですし、盛り上がりに欠けるでしょうねえ。。。
「なんとかして日曜日に実施したい!」という先生方の熱意が感じられた、二転三転でした。
そして、保護者間の携帯連絡が飛び交った朝でありました。

【息子のひとこと】
「昨日も今日も午前授業だけで、あしたから二日間休み!ラッキー♪」…嗚呼

2006年5月23日 (火)

千住真理子さん

かなり前になりますが…
15日(月)、たまたま千住真理子&みのもんたの対談をTVで見ました。
千住真理子氏は私と全くの同世代。小学生の頃から、憧れ&親近感&ジェラシー…のような感覚をもって見てきたのですが、しばらく見ないうちに、一皮剥けてた、って感じでした。最近は、バッハに傾倒しているそうですね。
20年ぐらい前にナマで聴いたときには「あれ?期待はずれかも?」と思ったのですが、そのときとは別人のように、自信とオーラにあふれてました。
思いおこせば、一時期は完全にバイオリンと決別していたんですものねえ。

たしか、今では演奏するだけではなく、音響学かなんかの論文も書いていると聞きました。「我が道に迷い無し!」という自信と輝き、そして美貌。でありながら、気取らない自然さ。
うーむ。さすがであります。

ああ、かえりみるにわたくしは、いまだに迷って迷って迷ってばかりで…

2006年5月15日 (月)

やっと接続できましたが…

このブログの更新、すっかり滞っておりまして、まことに面目ない…
連休明けより、担当授業コマが週に3つも増えたほか、いろいろ仕事がたてこんでいるうえ、ココログにもなかなか接続できず(特に夜間)、更新諦めムードでした。

今日は、グループ活動を課した授業で疲労困憊。
6グループのうち1つが「コミュニケーション不能」状態に陥り、私を責めたてる学生、むっとして口もきかなくなる学生、オロオロする学生、の3名の中に私も入って奮闘…が、うまくいかず時間切れに。
本日帰宅間際の時間帯だったこともあって、ズルズルと引きずり、かなり落ち込んでおります。。。

ちょっとこれ以上説明する気力もないので、今日はこのへんで。
せっかく久々に接続できたので「何か書かなきゃ」と思ったのですが、、、GIVE UPです。

2006年5月 7日 (日)

Everything is illuminated

久々に映画を見ました。
邦題「僕の大事なコレクション」、原題"Everything is illuminated"

ユダヤ系アメリカ人の青年が祖父の恩人を探してウクライナを旅する、というストーリー。
コメディタッチの映画だろう、と見始めたらば、映画後半は思わぬ展開へ。
「封印された歴史」が明らかになり、登場人物の性格付けも"INSIDE OUT"に…

やっぱり、原題がふさわしい映画です。
「すべてが明るく照らされている」→「誰もが過去の積み重ねの上に生きている」とでもいいましょうか。
どこもかしこもアメリカナイズされていく現代、でもでも、根っこを見つめてごらんよ。
そして、戦争(第二次世界大戦)の傷跡は、まだまだ、ここそこに…。

060507himawari 左の画像は、捜し求めていた場所が明らかになるクライマックスにつながる場面。
見事なひまわり畑です。
ウクライナの国旗(青と黄)は、青い空と小麦(豊穣な土地)を表すと聞きましたが、主人公とウクライナ人の案内人がドライブする土地土地の風景を見て、心底納得いたしました。http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD8797/gallery/p011.html(画像のダウンロード元)

「軽いロードムービーでも見ようか」との目論見だったのに、いろいろ考えさせられちゃいました。

2006年5月 6日 (土)

花の庭

ゴールデンウイーク…back musicは息子の「咳き込み」と相成りまして、遠出は断念。
電車で1時間半の義父母の家へ行く程度にとどめました。
その義母、丹精こめたお庭のお花・お花・です。

060505warabi_gate 060505warabi_pink                   060505warabi_rose 060505warabi_tutuji_pangi 

060505warabi_zenkei124_2474_1 124_2468  

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »