無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« さくら・さくら(2) | トップページ | 篠田節子とクラシック音楽 »

2006年4月 1日 (土)

篠田節子の短編小説

4月1日。新年度の始まりです。
ふうう。本来なら、新年度の準備にいそしむべきところなのですが、どうにもこうにも気が向きません。そして現実逃避に走るわたくし…

現実逃避の最たるものが、「小説に読みふける」です、はい。
060401tenmado  060401akinohanabi昨日図書館で借りてきた、短編集2冊。
篠田節子さん、ミステリータッチで人間の深層心理に潜む醜さ、危うさを暴く、といった手法でも書く人だったのですね。
所収作品の初出には「角川ホラー文庫」とか『最新「珠玉推理」大全』などがあってビックリしました。
さっぱりと淡白、理知的な香りの中に毒気を含んだ…といったところでしょうか。星新一のショート・ショートのノリにも通じるものがあるかもしれません。背景に現代社会のゆがみがデンと控えている、というのも特徴といえましょう。

さてさて、個人的にはまず、『天窓のある家』冒頭作の題名に惹きつけられました。
「友と豆腐とベーゼンドルファー」
おおっ!ベーゼンドルファー!言わずと知れたグランドピアノの超ブランド品!それがなぜ「豆腐」とペアを組むのか?
これぞ「読んでのお楽しみ」ですが、この組み合わせが象徴する、主人公・有子の「生活感覚に裏打ちされた開き直り」に思い切り共感しちゃいました。
他の作品はもっと過激です。
真面目で一生懸命で疲れている女性が、日常生活に揉まれる中で少しずつ壊れていく…その壊れ方では、「手帳」「天窓のある家」が、いかにもありそうでコワかったですね。

『秋の花火』…実はこれ、まだ読みかけです。
ただ、作品末尾に著者の「記」として
”これらの作品を書き上げるにあたり、楽曲の構成、演奏方法等について、実技を含めた指導をいただきました”
と、お二人の方への感謝が述べられています。
先のベーゼンドルファーだけでなく、音楽を作品のモチーフに使うことが多いのですね。
そういえば、朝日新聞連載の小説もそうだったような…(真面目に読んでなかったけど)
この件についてのご報告は、また後ほどということで。

« さくら・さくら(2) | トップページ | 篠田節子とクラシック音楽 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

PIOさん、ごぶさたです。
篠田節子の短編集ですか…
まだ読んだことないものばかりです。
負けずにがんばらないと!(頑張る必要もないんですが=苦笑)

篠田節子さん
アタシも「女たちのジハード」から入りました。
しかも、それが直木賞受賞作品だと言うことを知らずに・・・・

そのあと『ゴサインタン―神の座―』を読んで・・・
あ~~、女性の生き方をさらりと書く人だと思っていたけど、こんな深く重いのも書くンダァ~~って、ちょっとガツーンと来た覚えがあります。
それから例の如く『三日やったらやめられない』『寄り道ビアホール』っていうエッセイ読んで・・・・
なんとなくすごく庶民的で、親近感持てる女性作家だなぁ・・って思っています
多岐川恭氏に師事されていたそうですね
やっぱり、小説だって、きちんと「学習」するもんなんだなぁ。。。。
なぁんて、公務員からの鮮やかな転身を、その「天性」のなせる業だとなんとなく考えていたアタシ・・・・(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102918/9375537

この記事へのトラックバック一覧です: 篠田節子の短編小説:

« さくら・さくら(2) | トップページ | 篠田節子とクラシック音楽 »