無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月31日 (金)

さくら・さくら(2)

昨日撮り損ねた「近所の桜」、本日撮影いたしました。
ほかにも「名所」はあるのですが、有名なところは午後には車の大渋滞、人ごみ大混雑となっていたりして、「おお、花の金曜日じゃ~」って感じ。
お弁当ケータリングやデリバリーサービスの軽トラックを頻繁に見かけましたが、屋外のお花見宛にに配達しているのかしら?それともどこかのお宅でのパーティーなのかしら?
今晩、明日あたり、宴会かまびすしくなりそうですね。




 

2006年3月30日 (木)

さくら・さくら

昨日から無事お仕事に復帰。仕事場に向かう坂道での「桜のアーチ」に感動して、
今日はデジカメ持参で出勤しました。
            
124_2423_1 うーむ。撮影技術がいま一歩であります…。
帰りには、自宅近所の桜を撮ろうと意気込んでいたのですが、残念なことに帰宅は夜7時を過ぎてしまい、撮影どころではありませんでした。
でも、職場を出た午後6時には、辺りはまだ明るくて、
「風の寒さや~」と言いたくなる気温であっても、日の長さを考えれば、やっぱり「春なんだな~」と思ったことでありました。

2006年3月29日 (水)

女たちのジハード

060329shinodasetuko 言わずと知れた、1997年の直木賞受賞作。篠田節子は、新聞の随筆欄で文章を読んで「力のある人だなあ」なんて思いつつ、今まで小説を読んだことがありませんでした。ぶるさんのご推薦(当ブログ3月22日コメント)を受けて、読み逃していたことを思い出し、手にとってみた次第です。

一気に読みました。
ジハード=聖戦。
登場する女性たち(20代半ば~30代)、保険会社の同僚OL5名が「自らの内面からわきあがる欲求、悩み、怒り、意欲」をかけて、世の中に挑戦する「聖戦」といえましょう。

すがすがしい読後感でした。
初めの「甘ちゃん」状態から、どんな機会をどう捉えて、それぞれが一歩を踏み出していくのか、それがどんな経過、結末につながるのか…ぐいぐい引っ張って読ませてくれます。
5人のキャラクターはそれぞれ。
本の画像にある帯の「結婚、仕事、それとも…」なんて言葉では尽くせません!
”パーソナリティ、考え方、人生、さまざまでいいんだ!よし、私もがんばろー!”
なんて、元気をもらえます。

2006年3月28日 (火)

会場の予約

3月2日の記事「会場抽選~手順報告~」でご報告した当選会場でしたが、諸般の事情により、これを見直すことになり、新たな日程で新たな会場を予約しました。(詳細は彩音会HPに譲ります)
これにて「年1回の大ギャンブル(?)」無事終了としたいものです。
なにせ小心者のわたくし、会場の空きを見つけるや、「今すぐ押さえに行かないと、誰かほかの人に先を越されてしまうかもしれない」という強迫観念に取り付かれてしまうので。。。せっかちを極める気はないのですがねえ。ど~したものやら。

2006年3月26日 (日)

アガワサワコのワハハのハ

060326agawa 退院後、順調な回復を遂げているのですが(昨日の外来診察で医者のお墨付きゲット)、傷口がチクチクするのが気になるし(おなかにファスナーがついたような…)、未だにすぐ眠くなるし、ってなことで、漫然と日々を送っておりまして、ブログに書き込むネタがない。

で、またまた入院中のベッドで読んだ本のご紹介。
週刊文春での阿川佐和子さんの対談をまとめたもの第4弾。第1弾が「あの人に会いたい」、第2弾が「アハハのハ」、第4弾が「ワハハのハ」。→さて、ここでクイズです。第3弾の題名は何でしょう?

おわかりでしょうか?「ハハ」「ハハ」「ハハ」とくれば→の中は「」ですね。はい。「アガワサワコのガハハのハ」が正解でした。

こうしたタイトルのつけ方からも類推できるように、とっても軽妙で楽しい対談です。
宮沢りえの過去ふりかえり本音対談(モスクワ映画祭受賞当日)、美輪明宏の豪奢な自宅客間(本人曰く「大道具置き場」)での大苦言対談、国谷裕子のヒストリー丸分かり対談、野村萬斎の芸術論お披露目対談、なんかが面白かったです。

それにしても、阿川さんの雰囲気をもってすると、どんなに過激なせりふでも上品&軽妙洒脱に響くのですよねえ。人徳だなあ。

2006年3月22日 (水)

ベター・ハーフ

060322betterhalf 入院中のベッドの上で、一気に読みきった小説です。
シドニィ・シェルダン張りのアップダウン満載。バブリーな20代を過ごした世代、我がご同輩の方々、楽しめますよ!
ちょうど平成時代の幕開け頃から2000年ミレニアム騒動の頃までのお話。初版から5年を経た昨年、文庫になって再登場。

「クリスマス・イヴは都内の高層ホテルのスイートルームで」「結婚式にはお洒落な教会を押さえて」といったマニュアルに踊らされた世代。
マニュアルどおりの見事な結婚のはずだったのに、結婚式当日からトラブル勃発、離婚覚悟で新婚旅行から帰宅するも双方の実家の事情が…仕方なく結婚生活を開始するもダンナは仕事三昧で家を顧みず、株で火遊びしてみたらばバブル崩壊、商社のエリートサラリーマンだったはずの夫は…
といった具合。すごい勢いで話が進みます。不妊症、お受験などの話題も…

20代、ディスコ(もう死語?)にもブランド品にも縁無く、地味~に生きていたPIOは「わが身につまされる」こともなく、「波乱万丈の同世代小説」として単純に楽しめました。「バブルの時代って、どんなんだったんですか」と聞いてくるような若者には、この小説を薦めちゃおうかな。

2006年3月18日 (土)

退院しました

予定どおり、入院11日目に無事退院いたしました。
病室に持ち込んだノートパソコンはネット接続がうまくいかず…
家人の要望もあって、2日目にして主を病室に残し、パソコンだけ帰宅、と相成ったのでありました。

入院一日目
「10時までに来てください」との指示どおりにしたのに、延々待たされて(書類チェックのために数箇所たらい回し)、病室に案内されたのは11時過ぎ。ロビーや受付はとっても瀟洒な病院だけど、病室はたいしたことなくて、ちょっとガックリ。患者ゲットのコスト・パフォーマンス、考えてるんですねって感じかな。
★今日の処置は次のとおり。
・点滴用の注入箇所確保 ・体温測定 ・血圧測定(3回) ・手術箇所と麻酔箇所の悌毛 ・点滴剤のアレルギー反応確認 ・造影剤を点滴してのレントゲン撮影(所要時間1時間半) ・グリセリン浣腸
「造影剤で気分が悪くなる方が多いので」と、車椅子に乗せられてしまいました。案の定、私はなんともなかったのですが。
明日、私の手術の順番、外科の大手術の後だそうで、開始は夕方とか。朝から絶食で夕方まで待つなんて、大食漢の私に耐えられるだろうか??

上記(斜体部)だけは、入院当日に書き込んだものです。なんか今読むと、隔世の感…確かに自分で書いたのに、書いた自分が他人のような…
さて、気を取り直して、その後のことを報告しますと、

・点滴の威力はスゴイです。手術前後60時間ぐらい完全絶食(水も飲めない)でしたが、空腹感ゼロでした。
・部屋は、入院中に「いい部屋だ!」という感想に変わりました。大きい窓で日当たりがよく空がよく見えること、毎日清潔に掃除してもらえること、それだけで十分でした。しょぼいと思った古びた木製家具も、あたたかみあるものに見えてきました。…元気いっぱいのときと動けないときとでは、ものの感じ方も違ってくるのでしょうか。。。
・やっぱり「切った」あとの痛みは大したものでしたが、3日で随分よくなり、人間の回復力ってスゴイな、と実感しました。
・入院患者の平均年齢は80歳を越えたぐらい、とのことで(看護士さんの談)、「若い」「若い」と言われたのがちょっと嬉しかったりして…

以上。
ここ1週間は自宅静養ってことなので、ゆっくり休もうと思います。
(と言いつつ、帰宅早々、たまったメール80数通に目を通し、返事を書き、ブログも書いている私…)

2006年3月 7日 (火)

明日から入院

生まれて初めての手術を経験すべく、明日から10日間ほど入院する予定です。
ネット環境のある部屋をリクエストしたのですが、希望が通るかどうか不明。
一応、ノートパソコンひっさげて行きますが、しばらくこのブログの更新も滞るかも。
悪いところはさっさと切って、早く復活を遂げたいと思っております。

病室からの経過リポート、できるかな?

2006年3月 5日 (日)

コバケン&中丸三千繪

060305kobaken 《コバケン・ガラ・コンサート》第4 弾@サントリーホール。
本日、行ってまいりました。
昨年8月29日の記事にも書いたように、冠となっている「コバケン」のしゃべりorスタンドプレイをどう生かすか、苦慮しているようなこれまででしたが…。

今回は圧巻でした。
オペラ歌手の中丸三千繪さんをゲストに、プログラム本編を終えるや、
オーケストラ退場、そしてグランドピアノが舞台中央に登場。
コバケンのピアノ伴奏にて、プログラムにはない曲目独唱が始まったのです。
それも40分間にわたって!
おお、ラッキー!

その曲目は、コバケンが小学校5年生、6年生、そして中学生のときに作詞&作曲したという曲(野口雨情&中山晋平に似た、叙情的な曲でした)。
中学生でお母様を亡くしたときの歌には、ジンときました…。
そして、その後、会場からリクエストを受け付けての独唱。
コバケン、楽譜なしのアドリブで見事に伴奏していました。やっぱりプロは違います…。

これで終わり、最後のカーテンコールと思いきや、
なんとコバケン、おもむろにピアノに向かい、さらなる伴奏開始。
三千繪さん、初めはうろたえた様子ながら、伴奏が止まないと知るや、しゃっきりと立ち位置を改めて見事に歌いきり、会場には「ブラボー」の声が。
ラストの2曲は、プッチーニのオペラ《ジャンニ・スキッキ》より「私のお父さん」、そして「アメージング・グレイス」。

最後の40分間、こちらの度肝を抜くような演出で、二人の語りも満載で、
「才能ある人なればこそだなあ」と感服したのでありました。

2006年3月 4日 (土)

モーツァルトクーゲルン

mozart_kugeln   Mirabellの「モーツァルトクーゲルン」。kugel_a_kl
momonさんからのお土産の可愛いチョコレート、美味しくいただいてます。
チョコとプラリネは味がわかるのですが、「中心部は何だ?」と思って調べてみたらば、マジパンだそうです。ああ、オーストリアの香り!

2006年3月 2日 (木)

会場抽選~手順報告~

plaza_entrance 昨日3月1日、とある公共ホールの「6ヶ月前抽選」に参加してまいりました。(写真は抽選会場の建物入り口)

一種独特の雰囲気の中、粛々とすすめられる抽選…3回目にして、やっと会場を1区画(4時間分)押さえることができたのですが、これで確定とはいえない事情が…でも、とりあえず「無駄足」にならずにすんだ、初の抽選会でした。

で、記憶が新しいうちに、「抽選手順」をここに公開しちゃいます。

・9:20抽選会場のドアopen
・入り口にて、入場順に黄色い番号札と、申込用紙をもらう
・申込用紙に必要事項を記入して、番号札を見せつつ、係員に提出する
(同一の催しものを複数名で申し込んでいないかどうかなど、詳細なチェックが入ります。怪しげな記載が見つかると、「○○番の札をお持ちの方、前のほうへお越しください」とマイクで呼び出され、尋問を受けることに…)
・9:50ごろになると、区の”お偉さん”ぽい方がマイクを握り、手順説明
・9:58ごろから、ラジオの時報が室内にマイクで流され、「10時です」のコールが流れるとともに会場入り口のドアclose!

・「小ホール」と「展示室」、それぞれに福引用の「ガラガラ」が用意される。
・「1番、2番の方、前のほうにお越しください」「3番から10番の方」のように黄色い番号札順にコールされる。番号札を渡して「ガラガラ」を回し、出てきた玉に書いてあった番号のピンクの番号札をもらう。
ピンクの番号札の順に再度呼び出され、壁に貼り出してある「9月分スケジュール」の空いているところを見据えつつ、希望の会場と日時を告げる。
・係員が「○日、午前(午後or夜間)、会場名」を大声でコールし、壁のスケジュールに記入していく。

いかが?昨日の小ホール希望団体は、合計62団体!彩音会は、10時半に入場してゲットした黄色い番号札が29番、ガラガラを回して獲得したピンクの番号札も29番。
で、ぎりぎりのところで「そこしか空いていなかった」週末の区画を押さえたってわけです。

29番目にガラガラを回した時点で、「ヒトケタ」の玉がまだ随分残っていたようでした。(出た玉を番号順に箱に並べていくので、箱を見れば、既に出た玉、まだ出ていない玉がわかるのです)
気の毒なことに、
黄色い番号札1番、2番の方は随分大きな数字をひきあてたようでした。
しゃかりきになって、会場がopenする前に並んだりする必要はないってことですね。
10時前に会場入りしさえすればOKってことです。

払い込みも済ませて会場を出たのが11時10分。用紙に記入してガラガラを回すくらいのことなのに、「う~一仕事終えた」って感覚でした。

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »