無料ブログはココログ

PIOの新ブログ

« ついに発熱 | トップページ | アプリコのAスタジオ »

2006年2月15日 (水)

Jazzアレンジで弾くディズニー連弾

gakufu 体調不良に苦しんだここ数週間でしたが、なんとか息子ともども回復いたしました。どうもご心配をおかけしました。

で、ここのところのストレス発散!とばかりに衝動買いしてしまったのが…連弾譜!
「JAZZアレンジで弾くディズニー連弾 (CD付) 1」

WHOLE NEW WORLD 、CIRCLE OF LIFE、狼なんかこわくない、SUPERCALIFRAGILISTICEXPIALIDOCIOUS、CHIM CHIM CHER-EE、
東京ディズニーランドメドレー

2005年11月発行。
添付の参考CDを聴くと、後のほうの曲ほどジャズっぽいような。レベルは中上級。
曲(演奏者)によって「ノリ」に差があり、「私だったら、ここはもっとこうする」と思わせるような演奏もあって、弾いてみたい気にさせられます。

他に 「ピアノ連弾名曲選集 (2) 全音ピアノライブラリー」というのも買ってしまいました。これは1991年発行。

サン・サーンス「Caprice」、ドニゼッティ「ソナタ」、W.F.E.バッハ「アンダンテ」、
ドボルザーク「Legende(伝説曲)Op.59」、リスト「Rapsodie No.16」、
モシュコフスキー「スペイン舞曲 Op.21」、
グリーグ「二つの悲しい旋律」「胸のいたで」「過ぎた春」、
ブゾーニ「フィンランド民謡 Op.27」


ここのところ、続々と連弾譜が出版されていますね。
このJazzアレンジのディズニーシリーズも第3巻まであります。
衝動買いの頻度が高まりそうで怖い。。。

« ついに発熱 | トップページ | アプリコのAスタジオ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

へぇ。。
最近でも連弾譜って、どんどん増えていっているんですね。
ぜひやってみたいなぁ、と思いました。
(難しくなければ、ですが)
JAZZアレンジは難しそう。

何年か前の『月刊Piano』(ヤマハ)の増刊号『ピアノでディズニー』に入っている曲を何曲かやったことがありますが、ソロの「プリンセスメドレー」、JAZZYな「ホール・ニューワールド」が良かったです。子どもの頃から、耳やリズム感が”こてこてクラシック”なので、弾きこなすには時間掛かりましたが・・・JAZZYなアレンジのって、弾けるようになると気持ち良いですよね。また、「ホール・ニューワールド」連弾バージョンは娘と連弾しました。
ディズニーの曲は、みんなに耳慣れているし、子どもたちも良く知っているので、ホームコンサートや、イージーリスニングには最適ですょね。
確か、小林桂くんも、ディズニーの曲アレンジして唄っていたような。。。。

>JAZZアレンジは難しそう
>耳やリズム感が”こてこてクラシック”なので、弾きこなすには時間掛かり

ほーんとにそのとおり!
JAZZYなものに耳が惹かれるようになったのは、つい最近なんですが、自分で演奏するとなると、とってもチャレンジングですよね。
華音さん、ホールニューワールド連弾の感想も是非、教えてくださいませ。この連弾もジャズバージョンだったのですよね?お嬢さんと連弾だなんて素敵!
長い人生、これから新たにジャズ系の曲にも取り組んでみたら面白そう、なんて思っていますが、どうなりますやら。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102918/8673717

この記事へのトラックバック一覧です: Jazzアレンジで弾くディズニー連弾:

« ついに発熱 | トップページ | アプリコのAスタジオ »